OPPO Reno7 Aが発売初週でAndroid週間売れ筋トップに

2022年6月23日に発売したばかりのOPPO Reno7 Aが初週でAndroidスマホ週間売れ筋トップに。かなりの人気を誇っているようです。MVNOで大幅割引されている今のうちに手に入れておいたほうが良いかもですね。

OPPO Reno7 AがAndroidスマホ週間売れ筋トップに

OPPO Reno7 AはSnapdragon 695 5Gを搭載するミドルレンジモデルです。このSoCを搭載するモデルは2022年ミドルレンジの頂点とも言える重要な立ち位置の性能帯で、各社が先鋭端末を投入する超激戦区となってます。

▼そんな激戦区に投入されたOPPO Reno7 Aですが、初週でAndroidスマホとしてはトップ、iPhoneを含めるとランキング6位と大健闘。

BCN+R

Snapdragon 695 5G搭載の主力モデルは3万円後半〜4万円台と手を出しやすい価格が魅力。先述どおり各社も力を入れている性能帯なので、Xiaomiは高品質なディスプレイとスピーカー、67Wの超急速充電などリッチな仕様をふんだんに取り入れたRedmi Note 11 Pro 5Gを、モトローラからは初となるFeliCaを搭載したmoto G52j 5Gを投入しています。

OPPO Reno7 Aは扱いやすいサイズと重量、安心して使えるIP68の防水防塵を備えるモデルでガルマックスでは「こんなので良いんだよ系スマホの頂点」と評しているモデルです。

個人的にはRedmi Note 11 Pro 5Gが大健闘すると予想していたんですが、執筆時点でランキングが確認できる50位以内には入らずやや苦戦しているようですね。

OPPO Reno7 Aは通常価格だとそれほどコスパの高いモデルではありませんが、MVNO各社での大幅な割引により圧倒的なコスパも一時的に備えたことから売上トップを獲得できたのかもしれません。IIJmioの価格なんて半額以下の2万円を切りますからね。

スマートフォン本体は割引の影響を受けやすく、その時々の価格でコスパも大きく変わってくるので安い時に買うのが基本。MVNOでの割引がいつまで続くかは分かりませんが、執筆時点ではお得に手に入るタイミングなのでMNPを検討している人はこの機会を見逃さずOPPO Reno7 Aを手に入れておきましょう。

OPPO Reno7 Aは実機レビューも公開しています。購入先は以下から↓

■今安い!セールピックアップ■

▼端末価格19,910円!↓

▼端末価格36,800円!MNP乗り換えなら19,800円!↓

▼端末価格25,200円!プランM/Lなら21,600円!↓

▼端末価格37,120円!MNP乗り換えなら21,720円!↓

▼端末価格45,800円!ポイント還元は23,000P!↓

■通信キャリア■

■ECサイト■
初出時価格→44,800円
過去最安値→40,727円

ページトップへ