1100-150 Xiaomi 14

OUKITEL C35のスペック・対応バンドまとめ!UNISOC T616搭載、6.56型ミドルスマホ!

タフネススマホを手掛けるOUKITELから安価なミドルレンジスマホ「OUKITEL C35」が登場!スペックは凡庸なミドルスマホのそれですが結構なヴィジュアル系ルックスで価格も199ドルと安価。サブスマホにいいかもネ。

▼執筆時点では20%オフクーポンあり!適用すると159.20ドルでした!クーポンが切れてるかもなのでリアルタイム価格は以下から確認して下さい!↓

■OUKITEL C35■

初出時価格→199ドル

OUKITEL C35の特徴

OUKITEL C35の特徴は以下の通り!

OUKITEL C35のハイライト

  • ミドルレンジクラスのスペック
  • ディスプレイはHD+解像度、6.56インチ
  • イヤホンジャック搭載
  • カメラは5,000万画素のシングルタイプ
  • 大容量5,150mAhバッテリー。ただし充電は10W
  • トリプルSIMスロット

▼OUKITEL C35の外観はグラデーション入りなホワイト、マット調のサラサラなボディが特徴で安価ながら結構クオリティ良さそう。カラーはホワイト、グリーンそしてブラックの3つです。↓

SoCは安価なスマホによく見かけられるUNISOCのT616ってやつで、ガルマックスのAnTuTu参考値では24~27万点ほどと中々にいい水準を記録しとります。ゲームは厳しいんだけど普段使いなら難なく動かせるんで価格を考えれば中々良いと思う。

▼Unisoc T616がどの程度動くSoCなのか以下の記事で解説してるのでどうぞ!↓

Unisoc T616のCPU/GPUのスペックとゲーム性能、実機動作まとめ

あと、どういうわけかメモリ(RAM)は12GB、保存容量(ROM)は256GB(MicroSDも対応)とかなりの大容量だったりします。動作の安定性は期待できますね(`・ω・´)。

▼ディスプレイは6.56インチの水滴ノッチ形状。解像度はHD+クラスの1,600×720なんでドットの粗は感じそうですが安価なスマホなので仕方ないところ。高リフレッシュレートも記載なし(たぶん非対応で60Hz)です。↓

▼スピーカーもデュアルとは書かれていないし性能帯を考えればシングルタイプと思われます。イヤホンジャックはあるので有線イヤホンで遅延なしで楽しむという手段があるのはGood!本体下部にあるのも個人的にポイント高いです。↓

▼カメラはデュアルカメラ‥に見えるんだけどサブカメラの記載がないのでシングルカメラと考えて良さそう。あるいは深度測定カメラかモノクロカメラみたいな補助用途のカメラかどっちかです。メインカメラは5,000万画素と結構高め。↓

あと、この手の安価なスマホとしてはセンサー情報も出てるのは珍しい!センサーはSamsung S5KJN1でサイズが1/2.76インチと安価なスマホらしいスペックです。AIは対応しているんで明るいところだったらキレイには撮れるかも。

▼バッテリー容量は一般的なスマホにしては結構デカくて、5,150mAhとなっています。ただSoCの電力効率は凡庸ゆえに動画再生の電池持ちも6時間と平均的なので、使い方次第で結構電池持ちは変わってきそうです。↓

充電スペックは最大10Wで急速充電は非対応なのでその点は注意。寝る前とかフロの前とかそういうときに充電を忘れないようにしたいところ。

▼あとOUKITEL C35なりの長所としてSIMスロットがトリプルスロットになっているのはGood!SIMカードが2枚突っ込めて、同時にMicroSDカードも使えるのが嬉しい(`・ω・´)。↓

今のスマホはイヤホンジャックとかMicroSDとかトリプルスロットに対応していないモノも増えているので、そういう意味でもこういう部分は明確な長所に思えます。こういう部分重要視しているのは筆者だけかもしれんけど‥。

ただ海外モデルなんで仕方ないんですが対応バンドはソフバンしか主要バンド拾えません。通話SIM+データSIMがどっちもソフバンでもなければフル活用を見出すのはちと厳しい印象ですね。

OUKITEL C35の記事執筆時点の価格は以下の通り。

  • メモリ12GB+容量256GB:199ドル(約2.9万円)

ギリ3万円にはなるものの、結構安価な部類。こだわらない人だったら普段使い向けの1台として、あとMicroSDやソフバンのサブSIMを活かしたい、なんて方に良いかもしれませんね(`・ω・´)。

▼執筆時点では20%オフクーポンあり!適用すると159.20ドルでした!クーポンが切れてるかもなのでリアルタイム価格は以下から確認して下さい!↓

■OUKITEL C35■

初出時価格→199ドル

OUKITEL C35のスペック・仕様

OUKITEL C35は2023年9月発売のAndroidスマートフォンです。

製品情報
端末名 OUKITEL C35
発売年 2023年9月
発売地域 海外:SIMフリー
メーカー・ブランド OUKITEL
対応バンド・周波数・ネットワーク
3G W-CDMA:1 / 8
4G LTE FDD LTE:1 / 3 / 5 / 7 / 8 / 19 / 20
TD-LTE:38 / 40 / 41
Wi-Fi 2.4Ghz / 5Ghz
Bluetooth バージョン:5.1
コーデック:非公表
SIMサイズ・スロット デュアル(NanoSIM×2)
本体仕様
ディスプレイ サイズ:6.56インチ
材質:液晶
画面占有率:非公表
形状:ノッチ(水滴)
最大リフレッシュレート:非公表
最大タッチサンプリングレート:非公表
解像度 解像度:1,600×720(HD+)
画面比率:20:9
画素密度 267ppi/ドットの粗さが気になるかも
サイズ 高さ:163.75mm
横幅:75.4mm
厚さ:9.18mm
重さ 199g
本体色 ブラック系、ブルー系、グリーン系
システム仕様
OS Android 13
CPU(SoC) UNISOC T616
AnTuTuベンチマーク

総合スコア:約240,000
GPUスコア:約39,000
(AnTuTu v9参考値)

メモリ/保存容量
組み合わせ メモリ12GB+容量256GB
ストレージカード 対応
カメラ
背面カメラ シングルカメラ
①5,000万画素(メイン、f/1.8)
手ぶれ補正:非公表
センサーサイズ:1/2.76(メイン
PXサイズ:非公表
インカメラ 水滴ノッチ式インカメラ
画素数:800万画素(メイン、f/2.0)
センサーサイズ:1/4
PXサイズ:非公表
機能仕様
GPS 非公表
生体認証・ロック解除 指紋認証:非公表
顔認証:非公表
センサー 赤外線センサー:非公表
加速度センサー:対応
近接センサー:対応
ジャイロセンサー:対応
電子コンパス:対応
光センサー:対応
防水/防塵・タフネス等級 防水/防塵:非公表
耐衝撃:非公表
イヤホンジャック あり
NFC NFC:非公表
バッテリー
バッテリー容量 5,150mAh
充電 有線充電:10W
ワイヤレス充電:非公表
逆充電:非公表
ポート USB Type-C
スペック表のソース
参照元

【公式サイト】OUKITEL C35 – oukitel.com

スペック表に関する免責事項

SoCはUnisoc T616。メモリは12GB

OUKITEL C35のSoCはUnisoc T616

SoCはSystem On Chipの略で、電子機器の頭脳であるCPUやGPUの他に通信モデムなど色々なパーツを集めた集積回路です。ここで端末の性能が決まります。

メモリ(RAM)は12GB、保存容量(ROM)は256GBとなっています。

メモリは作業領域なので多いほど動作が安定します。2023年現在、メイン機種として使うなら最低4GBは欲しいです。6GBあると安定しやすい。

保存容量は写真やアプリなど端末本体に保存できるデータ容量です。2023年現在、メイン機種として使うなら最低64GBは欲しいです。最初から1割くらいはシステム領域として使われています。

MicroSDカード等のTFカードによる保存容量の拡張に対応しています。

OUKITEL C35(Unisoc T616)のAnTuTuスコア

AnTuTuスコアは性能の指標です。まだOUKITEL C35の実機のAnTuTuスコアを収集出来ていないのでUnisoc T616の参考ベンチマークをチェックしてみましょう。

  • 総合スコア(CPU):約240,000
  • ゲーム性能(GPU):約39,000
▼以下は2023年現在、AnTuTuベンチマークスコアがどれくらいの動作・操作感を示すかの目安です。本端末の性能がどの性能帯に相当するか確認が出来ます。↓
AnTuTuスコア動作・操作感
総合スコア:約150万点以上
GPUスコア:約60万点以上
ヌルヌル、動作に不満なし
総合スコア:約100万点〜150万点
GPUスコア:約35万点〜60万点
重いゲームもなんとか
総合スコア:約50万点〜100万点
GPUスコア:約15万点〜35万点
軽いゲームくらいなら
総合スコア:約25万点〜50万点
GPUスコア:約5万点〜15万点
必要最低限
総合スコア:約25万点以下
GPUスコア:約5万点以下
サブ端末向き
▼ガルマックスでは色々なスマホのAnTuTuベンチマークがデータベース化されています。ユーザさんからもスクリーンショットを募集しているのでよろしければどうぞ。↓
スマホの実機AnTuTuベンチマークスコアまとめ

OUKITEL C35のカメラ

OUKITEL C35の背面カメラは広角のメインカメラ(5,000万画素)の1眼構成です。

  • メインカメラ(5,000万画素)

インカメラの構成・画素数はメインカメラ(800万画素)のみの1眼構成です。

OUKITEL C35のディスプレイ

OUKITEL C35の画面はサイズが6.56インチ、解像度は1,600×720、ディスプレイは液晶を採用しています。画面形状はノッチ(水滴)となります。

  • サイズ:6.56インチ
  • 解像度:1,600×720
  • ディスプレイ:液晶
  • 画面形状:ノッチ(水滴)
  • リフレッシュレート:非公表
  • タッチサンプリングレート:非公表

OUKITEL C35のサイズ・重量・カラー

OUKITEL C35のサイズは高さが163.75mm、横幅が75.4mm、厚さが9.18mm、重量が199gとなっています。

  • 高さ:163.75mm
  • 横幅:75.4mm
  • 厚さ:9.18mm
  • 重量:199g

カラーはブラック系、ブルー系、グリーン系の3色展開です。

  • ブラック系
  • ブルー系
  • グリーン系

OUKITEL C35の対応バンド

OUKITEL C35は海外モデルなので技適に関してはご留意下さい。

以下はカタログスペック上の対応バンドとなります。実際にそのバンドで通信できるかはキャリア・住環境・ソフトウェア等によります。

docomo回線の電波バンド対応状況

OUKITEL C35はドコモ回線の4Gで重要なバンド1・3・19に対応しています。

またOUKITEL C35はドコモで提供されている5G NR(Sub6・ミリ波)に非対応の端末です。

▼ガルマックスがオススメするドコモ回線の格安SIMはこれ!↓

ドコモの電波バンド(周波数帯) バンド対応
Band1(4G FDD LTE/2.1GHz)重要
Band3(4G FDD LTE/1.8GHz)重要
Band19(4G FDD LTE/800MHz)重要
Band21(4G FDD LTE/1.5GHz)
Band28(4G FDD LTE/700MHz)
Band42(4G TD LTE/3.5GHz)
n1(5G NR Sub6/2.0GHz)
n28(転用5G NR/700MHz)
n78(5G NR Sub6/3.6~3.7GHz)重要
n79(5G NR Sub6/4.5~4.6GHz)重要
n257(5G NR ミリ波/27.4~27.8GHz)

Softbank・ワイモバイル回線の電波バンド対応状況

OUKITEL C35はソフトバンク回線の4Gで重要なバンド1・3・8に対応しています。

またOUKITEL C35はソフトバンクで提供されている5G NR(Sub6・ミリ波)に非対応の端末です。

▼ガルマックスがオススメするソフトバンク&ワイモバイル回線の格安SIMはこれ!↓

ソフトバンクの電波バンド(周波数帯) バンド対応
Band1(4G FDD LTE/2.1GHz)重要
Band3(4G FDD LTE/1.8GHz)重要
Band8(4G FDD LTE/900MHz)重要
Band11(4G FDD LTE/1.5GHz)
Band28(4G FDD LTE/700MHz)
Band41(4G TD LTE/2.5GHz)
Band42(4G TD LTE/3.5GHz)
n3(転用5G NR/1.8GHz)重要
n28(転用5G NR/700MHz)
n77(5G NR Sub6/3.9~4.0GHz)重要
n257(5G NR ミリ波/29.1~29.5GHz)

au回線の電波バンド対応状況

OUKITEL C35はau回線の4Gで重要なバンドのうちバンド1・3に対応していますが、全国区をカバーするバンド18(26)に非対応なので多くのエリアで電波の強度が弱くなる場合があります。

またOUKITEL C35はauで提供されている5G NR(Sub6・ミリ波)に非対応の端末です。

▼ガルマックスがオススメするau回線の格安SIMはこれ!↓

auの電波バンド(周波数帯) バンド対応
Band1(4G FDD LTE/2.1GHz)重要
Band3(4G FDD LTE/1.8GHz)重要
Band18(4G FDD LTE/800MHz)重要
Band26(4G FDD LTE/800MHz)Band18を内包 重要
Band11(4G FDD LTE/1.5GHz)
Band28(4G FDD LTE/700MHz)
Band41(4G TD LTE/2.5GHz)
Band42(4G TD LTE/3.5GHz)
n28(転用5G NR/700MHz)
n77(5G NR Sub6/3.7~3.8GHz・4.0~4.1GHz)重要
n78(5G NR Sub6/3.7~3.8GHz)重要
n257(5G NR ミリ波/27.8~28.2GHz)

楽天モバイル回線の電波バンド対応状況

OUKITEL C35は楽天モバイル回線の4Gで重要なバンドのうちバンド3のみ対応していますが、楽天モバイルのパートナー回線(au回線)であるバンド18に対応していないので多くのエリアで電波の強度が弱くなる場合があります。

▼月間20GBで3,278円、通話料は無料!↓

楽天モバイルの電波バンド(周波数帯) バンド対応
Band3(4G FDD LTE/1.8GHz)重要
Band18(4G FDD LTE/800MHz auローミング)重要
Band26(4G FDD LTE/800MHz)Band18を内包 重要
n77(5G NR Sub6/3.8~ 3.9GHz)重要
n257(5G NR ミリ波/27.0~27.4GHz)

OUKITEL C35の価格・購入先

OUKITEL C35の記事執筆時点の価格は以下の通り。

  • メモリ12GB+容量256GB:199ドル(約2.9万円)

■OUKITEL C35■

初出時価格→199ドル

ページトップへ