ガルマックスの猶木(ナオキ)です。【楽しく面白く的確に】をコンセプトにデジタル製品の様々な話題を書いて生きています。スマホやPCガジェットが大好きでスペック表とにらめっこするのが趣味です。製品発表会のお誘いや執筆依頼などお問い合わせ下さい。

「SoundPEATS D6」実機レビュー!Bluetooth片耳イヤホンを使ってみた!

SoundPEATS D6

今回はSoundPEATS製のBluetooth片耳イヤホンの「SoundPEATS D6」を実機レビュー。安価ですがAACの高音質コーデックへの対応、2つのチャージャー付属などコストパフォーマンスの高いモデルでした。

運転中、ランニングやエクササイズなどの運動時などで便利に利用できるので、是非、SoundPEATS D6の実機レビューをチェックしてみて下さい!

▼SoundPEATS D6の価格は執筆時点で2,080円です。↓

SoundPEATS D6のメリット・デメリット

[良かった]

  • 小型軽量で長時間の装着でも疲れにくい
  • 一度の充電で最長5時間の長時間通話が出来る
  • 充電時間も早い
  • 想像以上に低音が鳴る
  • チャージャーが2個付属している
  • チャージャーへの接続が磁石式で脱着が簡単
  • 2台の端末へ同時接続できる
  • AACの高音質コーデックに対応しているので低遅延
  • 通話相手は非常にクリアに音声が聞こえる
  • フィット感が高い

[イマイチ]

  • 低音が強いので通話時に相手の声が篭ったように聞こえる
  • イヤーピースが独自の形状なので汎用品が利用できない

SoundPEATS D6のスペック

項目  仕様
Bluetooth  4.1+EDR
プロファイル  HSP、HFP、A2DP、AVRCP
コーデック  SBC、AAC
最大通信距離  10M
待機時間  120時間
連続再生時間  通話:5時間、音楽:4.5時間
充電時間  最短約40分
バッテリー   350mAh
重量   4g

高音質&低遅延のAACに対応しているのはGoodですよね!連続再生時間も申し分なし。連続待機時間も120時間なので、コレくらいのスペックなら運輸業の方も丸一日付けてお仕事出来る位です。

SoundPEATS D6の付属品と外観をチェック!

▼外箱は専用デザインのパッケージ。全て英語表記でした。↓

SoundPEATS D6の外箱は英語表記です。

持ち運び用のハードケースのクオリティーが高い!

▼付属のハードケースは革の様な模様。もちろん本革ではありませんが見た目と質感は非常に高いです。

SoundPEATS D6のハードケースは本革の様なデザインです。

▼ファスナーの取っ手部分はSoundPEATSのロゴが入っています。こういうケースって汎用品が多いのですが、SoundPEATSさんは付属品もしっかり作っているようです。

SoundPEATS D6のハードケースファスナーの取っ手はSoundPEATSのロゴマークが刻印されています。

▼パカリと開くと全ての付属品が入ってました。↓

SoundPEATS D6のハードケースの中にはすべての付属品が入っていました。

レビューキャンペーンとかプレゼントとかやってるみたいです。

▼付属品の中にレビューキャンペーンの案内が入ってました。会員登録は必要ですが、複数の製品から選んでレビューを書く事が出来るようです。↓

SoundPEATS D6にはレビューキャンペーンのお知らせが入っています。

USB接続のチャージャーが付属

▼チャージャーはちょっと変わった形状。USB充電器にチャージャーを差し込む事でSoundPEATS D6を充電するようです。

SoundPEATS D6には充電用のチャージャーが付属しています。

イヤーピースは2個付属

▼イヤーピースは2つ付いていましたが、どちらも同じサイズでした。

SoundPEATS D6のイヤーピースは2個付属しています。どちらも同じ形です。

SoundPEATS D6はコンパクト&軽量

▼最後に本体。重量わずか4gで非常に軽量&コンパクト。

SoundPEATS D6の重量はわずか4gです。

▼SoundPEATSのロゴが表示されている部分は操作に利用するボタン。ボタンは1つしか無く、全ての操作はこのボタンで行います。

SoundPEATS D6の本体にはボタンが1つしか付いていません。

▼小さいですが状態を視覚的に把握出来るインジケータも備わっています。↓

SoundPEATS D6は視覚的に端末の状態が把握できるLEDインジケータが備わっています。

SoundPEATS D6を実際に使ってみた!

イヤーピースは専用設計

▼イヤーピースの形状はSoundPEATS D6の形状にピッタリハマる専用設計品。汎用のイヤーピースは残念ながら取り付けられませんでした。↓

SoundPEATS D6のイヤーピースは専用設計品です。

SoundPEATS D6のイヤーピースは専用設計品なので汎用のイヤーピースは利用できない。

チャージャーへの脱着が簡単

▼チャージャーと本体には充電用の端子が備わっています。↓

SoundPEATS D6の本体とチャージャーには充電用の端子が備わっています。

近づけると、パチっと磁石でくっつきます。脱着がとても簡単。↓

SoundPEATS D6の本体とチャージャーは磁石でくっつきます。

チャージャーはL型に曲がる

▼チャージャーは、こんな感じにL型に曲がります。↓

SoundPEATS D6のチャージャーはL型に折れ曲がります。

▼これならPCのUSBポートに差し込んでも脱着しやすいですね!Good!↓

SoundPEATS D6のチャージャーはL字に折れ曲がるのでPCのUSBポートにも差し込んで利用できます。

チャージャーは2個付属している

▼この便利なチャージャー、なんと2個付属しています。

SoundPEATS D6のチャージャーは2個付属しています。

例えば自宅と会社や、会社と社用車など、頻繁に利用する場所のそれぞれにチャージャーを設置出来るので、わざわざチャージャーを持ち運ぶ必要がありません。

2つの端末に同時接続出来る

▼Bluetooth接続は超簡単。アッという間に繋がりました。↓

SoundPEATS D6は簡単にスマホと接続が出来ます。

Bluetooth接続ですが、SoundPEATS D6は2つの端末に同時接続出来ます。

僕はスマートフォンとタブレットに接続して使ってみましたが、スマートフォンで音楽を聴く→停止→タブレットで音楽を聴く→再生という感じにBluetooth接続の切り替え無しで使えます。

装着感は上々

片耳イヤホンは装着感が大事。特に運転中にポロッと外れてしまうようなホールド感の製品はアウト。

▼SoundPEATS D6は本体の上部が耳の内側上部に引っかかり、しっかりハマっている装着感でした。首を振っても落ちる気配はありません。個人的な所感ですが、ランニングなどの運動時でも落下の心配が無い程にホールド感が高かったです。↓

SoundPEATS D6の装着感は上々です。首を振っても落ちる気配はありません。

音質・通話品質・遅延・接続安定性のチェック

音質は低音寄り

音質は低音がやや強いチューニングです。楽曲や動画視聴でも十分な音量と音質で楽しめるでしょう。

通話相手の声は”やや籠もる”、相手は自分の声が”クリアに聞こえる”

通話の音質ですが、元々のチューニングが低音寄りなので少々音声が篭っている印象です。特に片耳イヤホンは音の聞こえ方がスマートフォンで通話している感覚と非常に良く似ている為、スマートフォンを利用した際の音質とSoundPEATS D6を利用した際の音質の違いが良く分かります。

ただ、通話する分には全く問題なく通話が出来ます。集音性能も良く、SoundPEATS D6を通して集音された音声はクリアに聞こえるので快適でした。

AACコーデックに対応のスマートフォンなら遅延は気にならない

SoundPEATS D6には高音質&低遅延のAACに対応しているので、AACが利用できるスマートフォンだと動画の場合でも音声と映像のズレが非常に少ない快適な視聴が可能でした。

▼今回はAACに対応しているスマートフォンで確認してみましたが、バッチリAACで接続されていました。↓

SoundPEATS D6はAACの高音質コーデックに対応しています。

Bluetoothの接続強度が高い

仕様では10Mの通信範囲となっていたので、2階にスマートフォンを置いて1階で通話してみましたが電波が途切れる事も無く安定的に通話が出来ました。

SoundPEATS D6総評・まとめ!

軽量でありながら長時間通話が可能で通話・(AAC接続の場合は)音楽・動画視聴も快適です。

片耳イヤホンは運転中の通話用と考えがちですが、例えばランニングなどの運動時では音楽を楽しみながらも周囲の音が聞こえ安全性が高いという利点があります。

音質はSoundPEATSらしいと言えばらしいのですが、やや低音が強いのでナチュラルな音質が好みの方は音質について把握してから購入検討しましょう。

これだけの仕様と充実した付属品が付いて価格は2,080円。是非ご検討下さい!

▼本製品以外にもガルマックスでは沢山のBluetoothイヤホンをレビューしているので是非チェックしてみて下さいね!↓   ▼本記事のジャンル以外の製品も数多く実機レビューを書いています。宜しければどうぞ!↓
ページトップへ