ガルマックスの猶木(ナオキ)です。【楽しく面白く的確に】をコンセプトにデジタル製品の様々な話題を書いて生きています。スマホやPCガジェットが大好きでスペック表とにらめっこするのが趣味です。製品発表会のお誘いや執筆依頼などお問い合わせ下さい。

SoundPEATS「Q16」レビュー。完全ワイヤレスBluetoothイヤホン、凄く良いです

SoundPEATS Q16のレビュー!完全ワイヤレスイヤホン!

どうも、ガルマックスの猶木(なおき)です。

SoundPEATSさんから最新の左右独立完全ワイヤレスのBluetoothイヤホン「Q16」を試す機会を頂きました!感謝御礼!

僕はこれまで数多くのBluetoothイヤホンをレビューしているのですが、左右独立完全ワイヤレスタイプは初めて。早速使ってみましたが、もう、開放感抜群!

完全ワイヤレスBluetoothイヤホンの魅力をガッツリお届けするのでチェックしてみて下さいね!

SoundPEATS「Q16」の総合評価。

[良かった]

  • ケーブルレス
  • イヤーフック付き
  • 片方だけでも利用できる
  • クリアな音質で通話も可能
  • 長時間再生が可能

[イマイチ]

  • BOX型充電器は付属していない

[総合評価]

ケーブルが全く無いので装着時の開放感は抜群。ケーブル擦れによる雑音もゼロなので、運動時にも非常にクリアな音質で楽曲を楽しめます。音質も価格以上の豊かな表現力を体感できてGood。よくこの価格で出せたなと関心しました。

とにかく、完全ワイヤレスのBluetoothイヤホン使っちゃうと、他の製品だとケーブルの擦れるガサガサ音がきになって付けてられません。今、左右のイヤホンがケーブルで繋がっている製品を使っている方は、次は完全ワイヤレスモデルのQ16を使ってみて下さい。驚くほど快適でクリアな音質が体感できますよ。

価格も完全ワイヤレスBluetoothイヤホンの中では安価です。

コンパクトで完全ワイヤレス。イヤーフック付きで落下紛失しにくい。

▼左右完全ワイヤレス。ケーブルなんて一本も無いです。本体にはイヤーフックが備わっているので耳にガッチリ引っ掛ける事が可能です。本体の上部には3つのボタンが並んでおり、小さいながらも操作感は高いです。↓

コンパクトな本体ながらイヤーフックが備わっているので落下の心配もありません。

▼カナル型なので周囲の雑音をシャットアウトしながら高音質で楽曲を楽しめます。イヤーピースは本体に備わっているのも含めて4種セットです。お好みのサイズでどうぞ↓

イヤーピースは4種が付属!

▼イヤーフックの実力を試すべく全力で頭を振ってみたが、全く取れません。あー、頭がフラフラする。↓

取り付けて頭を振ってみましたが全く落ちる気配がありません

持ち運びに便利なハードケース付き!

持ち運びに便利なハードケースが付属。左右のイヤホンが独立型なのでカバンの中に本体のみ放り込むと片方のイヤホンが行方不明になりそうなので活用しましょう!↓

ハードケースが備わっています!

本体の充電はUSBケーブル経由のみ。付属のUSBケーブルは無くさないように!

完全ワイヤレスモデルのBluetoothイヤホンでは、持ち歩く時の保管ボックスにバッテリーが備わっており、使っていない時間に充電出来る製品もあるのですが、Q16は付属のUSBケーブル経由で充電するタイプ。充電方法は従来のBluetoothイヤホンとなんら変わりません。

▼左右のイヤホンを充電するので付属のUSBケーブルは2つに分かれている特殊なケーブルが付属しています。これ、無くしちゃうとケーブル2本で充電するか、片方ずつ充電しなきゃならないので紛失しないように注意しましょう。↓

充電ケーブルは2つに分かれている特殊な形状のケーブルが付属しています。

一般的な完全ワイヤレスイヤホンはバッテリー容量が少なく、平均連続再生時間は4時間ほどなので持ち歩くBOXに充電機能を備えている製品も多いのですが、Q16は完全ワイヤレスモデルながら6時間の連続再生を実現しており、完全ワイヤレスの中では連続再生性能が長けています。

片方だけで利用できるので車を運転中のイヤホンマイクとしても秀才!

片方だけでも利用可能です

Q16はメイン(L/Rのどちらかを任意でメインに設定可能)となるイヤホンのみ電源を入れる事で片方だけで利用できます。例えば車を運転中の通話用モノラルイヤホンマイクとして利用できるので、活用シーンも広がります。

また、もともと楽曲再生用として設計されているので、安いイヤホンマイクと比較すると音質もかなり良いので相手の通話内容も聞き取りやすく、こちらの音声をキャッチするマイクは周囲の雑音をカットするノイズキャンセリング機能が働くので、通話相手側も非常にクリアな音質で通話内容を聞き取れます。

どちらかと言うとiPhoneでの利用がオススメ。

Q16はコーデックに一般的に利用される事の多いSBCと、iPhoneで利用できる低遅延で高音質なAACに対応。残念ながらAndroid端末で多数対応している低遅延で高音質なapt-Xには未対応です。

僕がAndroid端末とiPhoneで聴き比べる限り、大きな違いは感じませんが、iPhoneとAndroid、どちらで利用するほうが適している?と聞かれるとAACに対応しているのでiPhoneと答えます。

まぁ、僕はAndroidでガツガツ使ってますけど(笑)ベースとなるイヤホン自体の出来が良いので、Androidで使っても個人的には全く不満が無い音質なので!

それよりもケーブル擦れの雑音が無く、以前使っていたイヤホンよりも雑音まで含めた音質がクリアになったので、僕としてはコーデックよりもケーブルレスの利点のほうが大きいかなぁ。

また、Apple純正の完全ワイヤレスイヤホンは高価なので、完全ワイヤレスイヤホンの使い勝手を試してみたい方にもオススメですよ!

左右イヤホンの遅延ってどうなの?

僕が1番気になっていた左右イヤホンの遅延。というのも、ペアリングが特殊なんですよ。

ペアリングは左右どちらかメインで利用したいイヤホンを選択(僕は右利きなのでR側をメインに選択)してスマートフォンと接続、その後、サブとなるもう片方のイヤホンをメインイヤホンとペアリングします。

直接スマートフォンから左右イヤホンをペアリングするわけじゃないので、左右間で少なからず遅延するんじゃないかと思ってましたが、数日間利用してみて今のところ全く遅延している感じは無いので安心して下さい。

音質は低音が良く鳴りますよ!ブロガー仲間にも好評!

音質に関しては価格以上の音質です。低音も良くなりますしBluetoothイヤホンとしては良い線行ってます。SoundPEATSさんの製品はこの音質の良さが1番評価されている部分なので、音質はきっと満足して頂ける出来栄えです。

ブロガー仲間もQ16を使ってもらったのですが、「Bluetoothイヤホンがこんなに高音質だとは思わなかった」と驚いていました。

高音質で有ることに加え、ケーブルレスの恩恵でケーブルの擦れる音も無いので、総合的に音質は一般的なBluetoothイヤホンと比較してグッと向上している印象です。

SoundPEATS「Q16」まとめ。一度完全ワイヤレスを使ったら他の製品を使えなくなるほど快適。

如何でしたでしょうか?

僕も完全ワイヤレスなBluetoothイヤホンを初めて使ったのですが、快適性がこれほどまでに向上するとは思ってませんでした。

とにかくストレスフリーなんですよ。ケーブルの雑音や引っかかる様な不快感も皆無。これまで落下紛失が怖くて完全ワイヤレスに手を出さなかったのですが、Q16はイヤーフックが備わっているので落下紛失の心配も無く利用できています。

Q16は完全ワイヤレスBluetoothイヤホンの1つの完成形では無いのかなと思えるほどです。

皆さんも是非試してみて下さい!

ページトップへ