1100-150 Xiaomi 14

STAR チャージ Wi-Fi登場。これからモバイルWi-Fiは契約不要のチャージ系が主流になる?

少し前に「契約不要の「ネオチャージWiFi」登場!10GB/1,480円〜で有効期限は365日」を紹介したんですが、STAR チャージ Wi-Fiってのも登場しました。内容はザックリ見た感じほぼ同じっぽいんで、これからは契約不要のチャージ系Wi-Fiサービスが色んなところから乱発されそう。

契約不要のSTAR チャージ Wi-Fi

STAR チャージ Wi-FiもネオチャージWi-Fiと同じく契約は不要。ルーターは買い切りなんですが、予めセットされている初回ギガ数のバリエーションがちょっと違いますね。

▼基本的に同じサービスを各ブランドが卸売している感じっぽいので、端末も一緒。利用する電波はドコモ、au、ソフトバンクのトリプルキャリアとのことです。また海外利用は不可です。↓

▼ネオチャージWiFiでは初回セット販売で扱ってない「30GB」や「1GB」がSTAR チャージ Wi-Fiでは選べるようです。一方でネオチャージWiFiは土日も含めて即日開通できる初期設定済みモデルが用意されてました。↓

初回で端末にセットとなっているギガがなくなると通信できなくなりますが、ギガだけチャージOK。用意されている価格と容量は以下の通り。

  • 100GB/6,480円(1GBあたり59.8円)
  • 60GB/4,980円(1GBあたり83円)
  • 30GB/3,280円(1GBあたり109円)
  • 20GB/2,880円(1GBあたり144円)
  • 10GB/1,480円(1GBあたり148円)
  • 1GB/980円(1GBあたり980円)

チャージ出来る容量もネオチャージWiFiと同じ。容量が多くなるほど1GBあたりの単価が安くなるんですが、年間で100GB(月間平均8.3GB)以上使う方は100GB一択。

有効期限は365日とたっぷりですが、古いギガが残っている状態で新しいギガをチャージした場合、新しいギガはチャージした時点から有効期限がスタートするので注意。

▼出来るだけ古いギガを使い切ってからチャージするのが良さげっすね。↓

開通やチャージの手続きも若干違いがあって、ネオチャージWiFiは申請フォームのほかにLINEを利用できることに対して、STAR チャージ Wi-Fiは開通は申請フォームから、チャージは申請フォームまたは専用アプリから行えるとのこと。

ただ、端末は買い切りなので返却の必要ないんですけど、頂いた資料に「ギガが切れたあと6ヶ月以上未チャージの場合は端末利用ができなくなる」って記載されていて制限あったのは、んんん?って思ったところ。

例えば学生さんが「半年間留学するから今回はチャージやめとこう」ってなったら、また端末買わなくちゃいけないのかな。。。まあ1GBチャージしとけば良い話なんだけど、うーんって思っちゃったところです。

これはSTAR チャージ Wi-Fiではなく卸している大元のサービス仕様が原因なんですかね?そのあたりは良く分からないのですが、ギガ切れて半年経ったら使えなくなるって言ってるんで忘れないように気を付けましょう。

まとめ

先にウチで記事を書いたネオチャージWiFiと、今回書いたSTAR チャージ Wi-Fiはどっちも基本的に同じなんですけど、大きな違いは初回で選べる容量と、チャージの手続き方法が異なる程度なんでお好きな方をどうぞって感じかな〜。

あとサービス内容とか価格とか比較してたんですが、Wi-Fi系SIMの時とは違って今回のチャージ系Wi-Fiはブランド毎の差別化が結構難しそうですね。

ただ、チャージ系WiFi自体のサービスは契約不要で気軽に使えることや、有効期限が長いのでギガが無駄になりずらい部分は良いなと思ってるんで、そのあたりが魅力に感じるなら検討してみて下さい!

■STAR チャージ Wi-Fi■

▼オープン記念で500円オフクーポン発行中!※端末プランのみ。チャージでは利用不可↓

オープン記念で100GBのチャージが6,480円→5,980円!

ページトップへ