ガルマックスの猶木(ナオキ)です。【楽しく面白く的確に】をコンセプトにデジタル製品の様々な話題を書いて生きています。スマホやPCガジェットが大好きでスペック表とにらめっこするのが趣味です。製品発表会のお誘いや執筆依頼などお問い合わせ下さい。

[更新]マジか!399ドルの10型「Surface Go」日本でも発売するって!

Surface Go

嬉しい更新情報!日本での予約開始は2018年7月12日!発売日は2018年8月28日です!ローンチモデルはWi-Fiモデルですが、LTEモデルは2018年内に登場予定とのことです!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

悲しい更新情報(´・ω・`)先程、日本での価格が発表されました。。。一般向けは64,800円。オフィスとか付属していますが、先日の399ドルのインパクトは吹っ飛んでしまいました。。。

これ、海外向けモデルが購入できるのか気になりますね。技適の問題はありますが、日本でも利用できる仕様なら、海外モデルの最小構成手に入れた方が圧倒的にお買い得感が高いかも。

ただ、構成がイマイチ分かりません。例えば、ストレージの容量が多いモデルを採用しての価格であればそれほど高いという印象ではありませんが。….と言っても、最小構成399ドルが魅力だった方は残念ながら希望は散ってしまいました。あーあ、残念。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

Microsoftが現地時間9日にお手頃価格で手に入る「Surface Go」を発表!最小構成メモリ4GB/ストレージ64GB版は、なんと、399ドル!これは欲しい!欲しい!欲しい!

Surface Goの日本モデルの発売日と価格

  • 予約開始:2018年7月12日
  • 発売日:Wi-Fiモデル/2018年8月28日、LTEモデル/2018年内
  • 価格:最小構成で399ドル

Surface Goのスペック

  • 画面:10型のPixelSenseディスプレイ(1800 x 1200)
  • CPU:Pentium Gold 4415Y(第7世代)
  • メモリ:4GB / 8GB
  • 保存容量:64GB / 128GB / 256GB
  • サイズ:245mm × 175mm × 8.3mm
  • 重さ:521g
  • 端子とか:Surface Connect、USB-C 3.1、Micro SDスロット

Pentium Gold 4415Yは省電力性能も高く、最大9時間の連続駆動時間を誇ります。CPUの仕様を見る限りめちゃくちゃパワフルなCPUでは無いですが、WEB閲覧や動画視聴などライトな利用方法にはピッタリですね!

ディスプレイはタッチパネルで4096段階の感圧ペン入力に対応!10インチで1800×1200の解像度は中々の密度なのでお絵かき用PCとしても気になりますね!

日本市場では今後数週間以内にプレオーダー開始!

Surface Goは日本でも発売確定!

残念ながら1次発売国ではありませんでしたが、今後、数週間以内にプレオーダーを開始するとのこと!日本でリリースされることに意味があるので、凄く嬉しい!僕も買っちゃおう!

キーボードやカバーは各99ドル!

Surface Goはキーボードなど別売り!

いやー、結構良いお値段しますなぁ(笑)

専用ペンやキーボードは別売りで、それぞれ99ドルとなっていました!写真に写っているマウスもおそらく別売りでしょう(´・ω・`)

Surface Goを動画でチェック!

▼MicrosoftからSurface Goの動画が出ていたので是非チェックしてみて下さい!↓

ページトップへ