ワイモバイル バナー ヘッダー

「Unihertz Titan Pocket」クラファン開始!物理キーボード付きの超個性派スマホの小型版

なんとUnihertzが新スマホUnihertz Titan Pocketを発表するとのこと!物理キーボードがそのまんま付いたタフネススマホ「Unihertz Titan」がより小型化して戻ってきました!めっちゃ気になる!

【2021/05/19追記】クラウドファンディングが開始しました!記事下部にスペック詳細記事へのリンクとクラファンサイトのリンクを掲載しています!

公式よりUnihertz Titan Pocketがまもなく発表!

▼Unihertzが公式Twitterにて、突如「Unihertz Titan Pocketが間もなく来るよ」と発表していました。KIckstarterでクラファンを募るようです!↓

▼Twitterに加えてYouTubeにも動画を投稿していました!動画は以下からどうぞ。↓

▼このUnihertz Titanシリーズはひと目で見てわかるように「スマホに物理キーボードがまるまるくっついている」超個性的で変態的なギミックを搭載。さらに衝撃に強いタフネスタイプのスマホとなっております!↓

▼Unihertz Titan Pocketは先代モデルの「Unihertz Titan」の後継モデル。よりコンパクトになっており、サイズの違いも一目瞭然。先代Titanはムチャクチャデカすぎたので、これでようやくポケットにおさまるサイズになったかもと期待!↓

左が先代モデルの「Unihertz Titan」。右が「Unihertz Titan Pocket」。

▼肝心のQWERTYキーボードはパソコンとほぼ同じ配置のキー配置!テンキーやシフトキーも対応しています!ただ、キーの1つ1つが小粒サイズなので、慣れはいりそう。でもポチポチ感を味わえる唯一無二のギミックは憧れるゥ!↓

▼外観デザインは、タフネススマホらしくものすごいブ厚さを感じられるデザイン。側面の電源キーらしき部分は赤いアクセントが光っています。↓

クラファン受付予定とのこと!スペックがどうなるか気になる

現段階でUnihertz Titan Pocketはクラウドファンディングサイト「Kickstarter」でリリース予定となっています!まだ試作段階みたいで、スペックなどの詳しい情報はまだ出ていません!出たら改めて詳細記事を出しますね!

個人的にサイズ感が結構常識的になったなーって思ってるんで、先代モデルのTitanと比べてどこまで変わったかが気になる所ですね!間違いなく一般ウケはなさそうだけど、それゆえに個性の暴力はバキバキ高そう!

そういえば上記のツイート「どんなスペックであって欲しいですか?」って言ってたのでユーザーの声次第でスペックが決まる可能性があるかも?個人的には「おサイフケータイ搭載」「ミドルハイスペック」「MicroSDとイヤホンジャック搭載」であればいいなぁと願っております。

当サイトのガルマックスでは、以前に先代モデルにあたるUnihertz Titanを実機レビューしていました!とんでもなく個性的でカッコよくて、使ってて面白いモデルだったので楽しかった!使い心地が気になるならこちらからどうぞ!↓

Unihertz Titanのレビュー!使って気になった・気にいったポイントまとめ!

▼【2021/05/19追記】スペック詳細記事を公開しました!↓

Unihertz Titan Pocketのスペック・対応バンドまとめ

▼クラファン開始!早期支援だと1719香港ドル(約2.4万円)です!↓

ページトップへ