ガルマックスの猶木(ナオキ)です。【楽しく面白く的確に】をコンセプトにデジタル製品の様々な話題を書いて生きています。スマホやPCガジェットが大好きでスペック表とにらめっこするのが趣味です。製品発表会のお誘いや執筆依頼などお問い合わせ下さい。

UMIDIGI Uwatch3のレビュー!使って気になった・気にいったポイントまとめ!

▼期間限定タイアップキャンペーン▼

高品質なソフトバンク回線を利用できるギガトラWiFiのSIMが激安。話題の「超大容量なデータ通信が出来るスマートフォン」も構築可能!期間限定につきご検討はお早めに!

ギガトラWiFiを追い詰めたらヤバイクーポン貰えた。100GB使えるSIMが長期契約不要、事務手数料割引で月額2,990円

Uwatch3

UMIDIGIからリリースされた最新のスマートウォッチ【Uwatch3】。Apple Watchに似た角形のスタイリッシュなデザインが気にいってポチった!しばらく使いメリットやデメリットも見えてきたのでレビューでお届けします!

Uwatch3のレビュー動画も公開したよ!

▼質感など写真では伝わりにくい部分もあるのでUwatch3のレビュー動画も是非ご確認下さい!↓

Uwatch3の総合評価

⭐⭐⭐気にいった⭐⭐⭐

  • 4,000円を切るやすさ
  • 無名ではなくUMIDIGIのメーカー品
  • スタイリッシュなデザイン
  • バッテリー持ち

⭐⭐⭐気になった⭐⭐⭐

  • 着信は通知されるが履歴はのこらない
  • LINEは問題ないがGmailは環境次第で通知が飛ばない場合があった

Uwatch3を購入したきっかけ

実はガルマックスでUMIDIGIとUwatch3のコラボプレゼント企画をやってたんだけど、僕自身が使ったことなかったんで「使ったこと無いからモノの良し悪しは分からんよ」ってことを前提にプレゼント企画してたんですね。

で、普段からApple Watch 5を愛用しているんだけど、Uwatch3のプチレビューとかで実機触ってたらApple Watch似のデザインやサイズ感が気にいって欲しくなり自分で発行したクーポン使ってお小遣いでポチたってわけです(笑)

Uwatch3の価格

Uwatch3の価格は通常価格で3,969円。執筆時点ではAmazonの20%クーポン(製品ページでレ点チェック入れて適用するやつ)が出てたんでもっと安く手に入るっす。Apple Watch 5が4〜5万円ほどの価格なんで1/10以下で手に入っちゃう。

▼価格が変動するのとAmazonクーポンはいつ出てるか分からんのでリアルタイム価格や割引クーポンの有無はAmazonでご確認下さい!カラーはブラック、ブルー、レッドから選べるっす!↓

Uwatch3を実際に使ってみた!気になった・気にいったポイントをチェック!

それではUwatch3を早速使っていこう!

Uwatch3の付属品をチェック!日本語説明書付きで扱いやすい!

▼Uwatch3はいつものUMIDIGIボックスに入ってました。↓

Uwatch3

▼付属品はこんな感じ。Uwatch3本体以外に充電ケーブル、取扱説明書、買ってくれてありがとうカードが入ってたっす。シンプル。

Uwatch3

▼取扱説明書はマルチランゲージタイプ。日本語を含め6言語が収録されているので外国のお友達にプレゼントするにも良いかも。日本語翻訳もしっかりしているので使い方で困ることは無さそう。↓

Uwatch3 Uwatch3

充電は専用のマグネットケーブルで。結構扱いに気を使う

▼充電は付属のマグネット型ケーブルで行うみたい。↓

Uwatch3

▼磁石でパチっと固定するタイプ。磁力も十分なので扱いやすい。↓

Uwatch3 Uwatch3

但し、専用の充電ケーブルなんで断線などはこわいところ。Amazonとかで充電ケーブルだけを探していたんだけど見当たらないんですよ。別途購入することが出来ないおそれがあるんですが、そこは本体価格が安いんで割り切ったほうが良いかもね。海外から取り寄せるなら新品買ったほうが安上がりな可能性大だもん。

デザインは中々よろしいんじゃない?

デザインは個人的に気にいってるポイントっす。筐体サイズはApple Watch 5のデカイほうよりも一回り小柄だけど腕にまいても特に違和感なし。ボタンは1つだけ搭載されているほか、多くの操作はタッチパネルで行えるっす。↓

Uwatch3 Uwatch3

▼今回は僕が好きな赤色を選んだんだけど、利用シーンを選ばないブラックカラーや個性的なブルーカラーも有るんでお好みのカラーをどうぞ。↓

Uwatch3

▼ベルトはナイロン製で運動時に汗が染み込まないのはGood。バックルは金属製でUMIDIGIのロゴ付き。ちなみにベルトは取り外し可能で幅は19mmでした。Amazonの質問コーナーでも18mmだと緩かったって声が挙がってるんでベルト購入する方は注意。↓

Uwatch3 Uwatch3

ペアリングは簡単。連携アプリも完全日本語化されていて扱いやすい

▼Uwatch3はペアリングから通知設定、各種データ累計保存まで専用アプリで行います。勿論アプリはAndroidとiOSに対応。アプリのインストール先は取扱説明書にQRコードが記載されているんで購入された方は確認してくださいね!↓

Uwatch3

基本的なスマートウォッチ機能は網羅してる

Uwatch3の主要機能は以下の通り

  • ライフデータ取得:歩数と歩数から計算された距離、カロリー情報。心拍数の取得、睡眠データの取得
  • 通知:着信通知、メッセージ通知、長時間座っていたら教えてくれる通知など
  • スポーツモード:ジョギングやウォーキング時に任意のタイミングで別途データを取得出来るモードも搭載
  • 累計データ保存:専用アプリで日々のデータを取得してグラフ化
  • スマホ探す機能:Uwatch3から接続中のスマホを探す機能。スマホのアラームをUwatch3から鳴らせる

こんな感じ。GPSは搭載されていないんで移動距離などは歩数からの計算結果になるんだけど、スマートウォッチの基本機能は網羅している感じっす。あと防水仕様なんで汗や雨でも壊れない仕様も良いところ。

一方で、Uwatch3を使って接続しているスマホを探すアラーム機能は搭載しているんですが、Uwatch3とスマホが一定距離離れた時に通知する分離アラームは非対応っす。なので機能的にはある程度割り切って使う必要がありそうです。

心拍数の誤差は許容範囲。歩数は結構誤差があった

スマートウォッチといえばライフデータの取得なんですが、心拍数はオムロンの機材やApple Watch 5と比較して大きな差はなし。一方で歩数は結構誤差が出た。

▼歩数の誤差はマイナス方向への誤差で、約500歩の歩行で-20から-30歩ほどのマイナス誤差が出た。10,000歩だと最大マイナス600歩くらいの誤差が出る計算。

Uwatch3

スマートウォッチは手首に取り付けているので手の動き次第でタイミングが悪いと歩数カウントされない場合があるんですね。なので、カウントされないぶんマイナス方向への誤差が出やすいんです。Apple Watch 5だと10,000歩ベースで誤差がUwatch3の半分以下なんで、流石Apple Watchといったところ。

逆にホッとしたのはプラス方向に誤差が無かったこと。なんどか検証したんだけど結果は全てマイナス方向の誤差だったんでセンサーがピーキー過ぎて実際の歩行数よりも多くカウントされなかったのが救い。プラス方向に誤差が出るって歩いていないシーン(例えば手首の小さな動きとか)でカウントされているってことですからね。プラス誤差でたら個人的にアウト。

って事で、Uwatch3で歩数を確認する時はマイナス誤差が出るんで【実はもう少し歩いていてカロリーももっと消費されている】ってプラス思考で考えましょう(笑)

着信【履歴】の表示が出来ないのはめちゃくちゃ気になった

まず誤解しないように先に伝えておくと【着信通知】はできます。電話がかかってきたらUwatch3がブルッと震え電話帳に登録した名前を表示してくれます。着信拒否は出来るんですがApple WatchみたいにとりあえずApple Watchで応答して通話を開始するってことは出来んっす。↓

Uwatch3

で、着信通知出来るのは良いんですが、着信履歴が残らないのが個人的に痛かったポイント。例えばスマートウォッチを付けていようがリアルタイムで着信を確認できない状況って絶対あります。そんな時に【着信履歴】が確認できればスマートウォッチで誰から着信があったか確認出来るわけですが、Uwatch3は着信履歴が残らないんで結局スマホを出して確認するはめに。これは個人的に痛すぎるポイントで使う気が失せた部分っす。

今のところソフトウェア・アップデートを確認しても最新バージョンだったのでUMIDIGIに伝えて着信履歴が表示出来るように要望出しときます。アップデートに期待。

文字メッセージの通知はソコソコ使える。Gmailの通知は注意も必要

文字メッセージ系の通知はそこそこ使える印象っす。僕はラインとメールくらいしか通知飛ばさないんですが、LINEは文字のみ表示出来て相手が送ってきたテキスト内容は確認可能。スタンプや写真は表示されず「スタンプを受信しました」的なメッセージ表示。僕としては十分っす。↓

Uwatch3

但し、ディスプレイサイズが1.3インチと小さいので文字表示も少し小さめ。僕は問題なかったんだけど小さい文字は読みにくいって方は注意したほうがよろしいかも。

▼文字メッセージ系の通知で気になったのはGmailの通知。もちろん以下の写真のように通知(Mailアイコンの通知がGmail)してくれますが内容は【送信者名のみ】です。↓

Uwatch3

上記の検証は、生配信でミニレビュー後にGmailの通知が飛ぶか確認して欲しいと視聴者さんからコメントがあり検証した結果としてお伝えしたのですが、もう少し掘り下げて検証したら違う結果になったっす。

前回の検証ではAndroid端末にGmailアカウント1つを設定している状態での検証だったんですが、今回は複数のGmailアカウントを登録しているiPhoneに接続したところ、Gmailの通知は1度も飛んでこず。

という訳で、Gmailの通知は出来るか出来ないかで言えば出来るんですが、環境によりGmailの通知が飛んだり飛ばなかったりするので注意が必要っす。

バッテリー持ちはApple Watch 5と比較して相当良い

▼Apple Watch 5は2日に1回充電しないと僕はバッテリーが持たないんだけど、Uwatch3は5日駆動している状態でバッテリー残量が40%台。めっちゃバッテリー持ちが良いっす。(※撮影時にちょっとバッテリー減ってました。)↓

Uwatch3

文字盤は4種類から選べる。数は少ないけど安いんで許容できちゃう

▼文字盤は全部で4種類。Apple Watch 5みたいに沢山ないしダウンロードすることも出来ないんだけど4,000円を切る価格って考えると、ま、いっかって思っちゃう。

Uwatch3 Uwatch3 Uwatch3 Uwatch3

Uwatch3まとめ|デメリットが許容でき割り切れるならあり

Uwatch3

まず、僕個人のライフスタイルから言えば【使わない】です。着信通知の履歴が残るようにアップデートされたら【使って良いかな】って感じっす。

ただ、これは個人的な所感なので僕が気になった部分が皆さんにとって許容範囲かもしれない訳で、メリットやデメリット、出来ること、出来ないことをしっかり把握して【許容できるなら】購入検討してOK。

着信通知が飛べば良い、メッセージの着信通知が飛べば良いといたシンプルな使い方なら特に問題は無いっす。ライフデータの取得を目的としているなら歩数の誤差は頭に入れておく必要はあるんでその点も加味した上でご検討下さいませ。

ある程度割り切って使うのであればデザインも悪くないしバッテリー持ちも良いし、着信通知もLINEなんかの通知もバッチリ飛ぶんで「いきなり数万円レベルのスマートウォッチはちょっと・・・」って方はお試しに使ってみるのもあり。

手元に通知が飛んでくる便利さだったり、何もしなくてもライフデータを蓄積してくれる便利さは十分体験できるっす。

それでは、Uwatch3が気になっていた方の参考になれば幸いです!以上、ガルマックスレビューでした!

▼Uwatch3のレビュー動画も公開しているのでお時間有る方は是非チェックしてみて下さい!↓

▼Uwatch3はAmazonからお買い求め頂けます!価格が変動するのとAmazon割引が不定期で行われているので価格情報は以下からご確認下さい!執筆時の価格は3,969円でAmazon割引が20%でした!(※2020/1/29時点)

ページトップへ