ガルマックスの猶木(ナオキ)です。【楽しく面白く的確に】をコンセプトにデジタル製品の様々な話題を書いて生きています。スマホやPCガジェットが大好きでスペック表とにらめっこするのが趣味です。製品発表会のお誘いや執筆依頼などお問い合わせ下さい。

自走式からYouTenの電動ルームランナーに買い替えたら100倍くらい良かった

電動ルームランナー 8km/h ランニングマシン

どうも、ガルマックスの猶木(なおき)です。

スポーツジムの電動ルームランナーをお手軽価格で我が家に導入したいということで、調べまくって評判の良かったYouTenの電動ルームランナーに買い替えました。

これまで電動ではない”自走式”のルームランナーを利用していましたが、電動ルームランナー、凄い。これからルームランナーを購入するなら断然、電動ルームランナーをオススメします。

今回購入した電動ルームランナーはYouTenの8kmタイプ。価格はたったの14,800円

自宅用であることに加え初めての電動ルームランナー購入ということで、今回はAmazonで調べまくって評価の良かった「YouTen 電動ルームランナー 8km/h ランニングマシン」を購入。価格は14,800円で手の出しやすい価格でした。

▼僕が購入したモデルはこれ。時速8kmまで対応したランニングも可能なタイプ。↓

以下は僕が電動ルームランナーを購入する際に設定していた要件。YouTen 電動ルームランナー 8km/h ランニングマシンは以下の要件を全て満たしています。

  • 折りたたみ可能
  • 初心者向けのウォーキングだけでなくランニングに対応
  • 傾斜の調整が可能
  • ウォーキング&ランニングのプログラムを搭載している
  • 転倒時などに自動的にセーフティー機能が働き停止するモデル

本格的な電動ルームランナーは数十万しますが、自宅で利用する位なので1.5万円以下で手に入って満足。

届いたので開封~組み立て

という訳で、早速購入しました。サクッと開けて組み立てます。

▼メチャクチャ大きい箱に入って届きました。重いので女性一人だと大変かも。↓

電動ルームランナー 8km/h ランニングマシン

本体は折りたたんでいる状態なので完成済み品

▼なんだかガチャガチャ入っていますが、YouTenの電動ルームランナーは完成済み品で折り畳まれた状態で入っているだけなので、組み立ては5分かかりません。↓

電動ルームランナー 8km/h ランニングマシン

▼サクッと組み立て完了しました。↓

電動ルームランナー 8km/h ランニングマシン

YouTenの電動ルームランナーを使ってみた!

さて、ここからは実際にYouTenの電動ルームランナーを利用して感じたメリットやデメリットをまとめます。

自走式と比較して最大のデメリットは重量と電源確保

まず、自走式のルームランナーを利用してきた僕が電動ルームランナーに買い換えて最もデメリットだと感じた部分は重量と電源の確保です。

電動ルームランナーはモーターやギヤを内蔵しているので、どうしても自走式より重量が重いです。気軽に違う部屋に持っていくには重すぎるので設置場所を予め決めておいたほうが良いです。

あと、僕の購入したYouTenの電動ルームランナーは電源を入れている状態でないと動きません。電源OFF時は自走式として利用する事が出来ないので、使う時は電源必須です。

セーフティーキーが付属しているので安心して利用できる

YouTenの電動ルームランナーはセーフティーキーを接続していないと動かないようになってます。

▼丸い方が磁石タイプのキーで、もう片方はクリップとなっています。↓

電動ルームランナー 8km/h ランニングマシン

▼磁石タイプのキーはコントロールパネルに接続、クリップ側は洋服などに固定して利用します。↓

電動ルームランナー 8km/h ランニングマシン

万が一、転倒してしまった場合はクリップの紐の先に繋がっている磁石キーがポーンと外れることによりセーフティー機能が働き即停止する仕組みとなってます。

電動ルームランナーを購入する時は本記事で紹介している製品以外でも安全対策が施されている製品を選んで下さいね!

折り畳みできるのでコンパクト

自走式は構造がシンプルなので簡単に折り畳めるのですが、YouTenの電動ルームランナーもまた簡単に折り畳みが出来て収納しやすくGoodでした。

▼折り畳むとかなりコンパクトに。40cmほどの隙間があれば収納できます。↓

電動ルームランナー 8km/h ランニングマシン

駆動音は自走式とほぼ変わらない

駆動音に関しては以外に静かな印象でした。僕が持っていた自走式とほとんど変わりません。

▼動画を撮影してみました。ベルトの擦れ音や歩行時の振動音はありますが、それは自走式でも変わりません。という訳で思っているよりも静かです。↓

自走式と比較して良かった部分が多かった

元々、自走式のルームランナーを利用していた僕ですが、YouTenの電動ルームランナーを利用した瞬間に「あぁ、電動式を選んで良かった」と感じた部分が非常に多かったです。

一定の速度で体を動かし続ける事が出来る

自走式のルームランナーでは何をするにしても自分で負荷を決めて動かします。その負荷のかけ方も人間が動かしているので一定ではありません。僕、しんどくなったら直ぐに甘やかしちゃうので自走式は気分次第という部分も絡んできます。

YouTenの電動ルームランナーでは時速1km~8kmまで0.1刻みで速度を指定でき、一定の負荷をかけながら歩くことが出来ます。

運動不足解消の為に購入するのですから、半強制的に体を動かす事をサポートしてくれるので「○キロ歩こう」という目標達成が自走式よりも早いです。

プログラムによる効率的に運動出来る

自走式と大きく異なるのは、プログラムによるメリハリある運動が出来ること。

YouTenの電動ルームランナーには1セット10分のプログラムが8種類用意されており、体が温まる程度から汗が滴り落ちる程の多彩なプログラムが用意されています。

この各プログラムには、体を休ませるクールダウン時とカロリーを消費する有酸素運動の部分が組み込まれているので、効率的にカロリー消費することが出来ます。

また、1セット10分という区切りがあるので、これまた強制的に且つ効率的に運動することが出来ます。

YouTenの電動ルームランナーまとめ。運動するために購入するなら強制的に体を動かせる電動が良い

自走式と比較した場合、電動ルームランナーは「強制的に体を動かせる」という部分が最も良い点でした。

だって、運動不足を解消するために購入するような製品なので、自走式を購入して「しんどい」とか言って甘やかすようじゃ本末転倒です。

自走式は自ら運動しよう!と強い意志がある方に向いてますが、僕のように運動が苦手という方は電動ルームランナーの方が100倍良いです。

これから自宅にルームランナーを導入しようと考えている方は是非参考にしてみて下さいね!

ページトップへ