1100-150 Xiaomi 14

Blackview BV8900 Proのスペック・対応バンドまとめ!高精度で落とし物タグを探せるUWB対応のタフネススマホ

Blackview製の新型タフネススマホ「Blackview BV8900 Pro」の特徴やスペック、対応バンドをまとめたのでチェックしてみて下さい。

Blackview BV8900 Proの特徴

Blackview BV8900 Proの特徴は以下の通り!

Blackview BV8900 Proのハイライト

  • ミドルレンジクラスのスペック
  • カラーは3色
  • 6.5インチのFHD+ディスプレイ
  • シングルスピーカー
  • 6,400万画素メインカメラ
  • 10,000mAhの大容量バッテリーで33W充電も対応
  • UWB対応で落とし物タグを探せる機能もあり

Blackview BV8900 Proの詳細スペックと対応バンド早見表

詳細スペックを表示
対応バンド早見表を表示

Blackview BV8900 Proのサイズ・重量・カラー

  • 高さ:172.4mm
  • 横幅:82.2mm
  • 厚さ:19.8mm
  • 重量:398g

カラーはブラック系、オレンジ系、グリーン系の3色展開です。

デザイン自体はiPhone風なタピオカカメラと側面のシルバー+アクセントカラーが特徴的!iPhoneにタフネスケースを付けたような見た目ですが、タフネススマホとしては比較的スッキリめなデザインという印象もうけますね。

IP68/IP69KにMIL-STD-810H準拠と見た目通りの頑丈さを誇ります。その分、厚みと重さは普通のスマホ2台ぶんほどとかなりのヘビー級!それこそタフネススマホ特有のロマンでもあるんですが。↓

Blackview BV8900 ProのSoCはHelio P90

  • SoC:Helio P90
  • メモリ:8GB
  • ストレージ:256GB

SoCはHelio P90を採用しています。察した方もいると思いますがこのチップは2019年発表のものでクッソ古いです。執筆時点で4年落ちモノ。相当コスト安かったんだろうか‥

AnTuTu参考値でいえば総合20万点ほどでこのSoCが登場したころはミドル帯でしたが、2023年現在だとエントリーレベル。エントリーでも低いほうの性能なので、アウトドア用などサブ用途で使うのが良さそうです。

Blackview BV8900 Pro(Helio P90)のAnTuTuスコア

AnTuTuスコアは性能の指標です。まだBlackview BV8900 Proの実機のAnTuTuスコアを収集出来ていないのでHelio P90の参考ベンチマークをチェックしてみましょう。

※端末の処理性能はSoCで決まってくるので、同一SoCを搭載する端末のAnTuTuスコアで大体の操作感が予測出来ます。

  • 総合スコア(CPU):約200,000
  • ゲーム性能(GPU):約40,000
▼以下は2023年現在、AnTuTuベンチマークスコアがどれくらいの動作・操作感を示すかの目安です。本端末の性能がどの性能帯に相当するか確認が出来ます。↓
AnTuTuスコア動作・操作感
総合スコア:約150万点以上
GPUスコア:約60万点以上
ヌルヌル、動作に不満なし
総合スコア:約100万点〜150万点
GPUスコア:約35万点〜60万点
重いゲームもなんとか
総合スコア:約50万点〜100万点
GPUスコア:約15万点〜35万点
軽いゲームくらいなら
総合スコア:約25万点〜50万点
GPUスコア:約5万点〜15万点
必要最低限
総合スコア:約25万点以下
GPUスコア:約5万点以下
サブ端末向き
▼ガルマックスでは色々なスマホのAnTuTuベンチマークがデータベース化されています。ユーザさんからもスクリーンショットを募集しているのでよろしければどうぞ。↓
スマホの実機AnTuTuベンチマークスコアまとめ

Blackview BV8900 Proのディスプレイ

  • サイズ:6.5インチ
  • 解像度:2,400×1,080
  • ディスプレイ:液晶
  • 画面形状:パンチホール(中央)
  • リフレッシュレート:非公表
  • タッチサンプリングレート:非公表

ディスプレイのスペック自体に飛び抜けた点はありませんが、個人的にはタフネスとしては画面形状が中央パンチホールタイプとなっているのは珍しく感じます。あとサイズも6.5インチなのは個人的に良いですね、大きすぎず小さすぎず絶妙な部分に思えます(`・ω・´)。

▼スピーカーはシングルタイプなので注意。一見デュアルっぽいですがどちらも本体下部が写ってます。↓

Blackview BV8900 Proのカメラ

▼アウトカメラ↓

  • メインカメラ:6,400万画素
  • 超広角カメラ:800万画素
  • サブカメラ:200万画素

▼インカメラ↓

  • メインカメラ:1,600万画素

Blackview BV8900 Proのカメラはメインカメラが6,400万画素と高め。サブカメラは800万画素の超広角カメラを採用しています。もう1つの200万画素は詳細不明。大体は深度測定用など補助カメラなんですが、気になる方はレビューが出たらチェックしましょう。

超広角カメラはさておきメインカメラはタフネスとしてはなかなか力を入れているスペックという印象ですね。肝心の写真写りはどうなのかは実際撮ってみなければわかりませんが‥

また意外なことにOIS(光学式手ぶれ補正)も対応。動画撮影における歩きなどのブレも軽減してくれるので、アウトドアでの動画撮影もこなせるかも。

Blackview BV8900 Proのバッテリー・充電仕様

  • 容量:10,000mAh
  • 有線充電:33W
  • ワイヤレス充電:非公表
  • 逆充電:対応

バッテリー容量は通常スマホの2倍となる10,000mAhを搭載!急速充電も33W対応と電源周りのスペックは申し分ない高さに思えます。電池持ちも充電速度もかなり期待できますね(`・ω・´)。

規格は不明ですが逆充電も可能。スマホからイヤホンなど様々な機器への充電もこなせ、モバイルバッテリーとしての運用も可能なのがGood。

Blackview BV8900 ProのOS・機能

  • OS:Doke OS 3.1(Android 13ベース)

Blackview BV8900 ProはソフトウェアとしてBlackviewが独自にカスタマイズしているDokeOSを搭載しています。通常OSにはない新機能だったりUIデザインを変更しているのが特徴。

▼Blackview BV8900 ProはUWB対応であることも大きくアピールしてます。対応する落とし物タグをiPhoneよろしく細かく捜すこともできるとのこと。サイフとか別スマホとかバッグ、リュックといったものに付けておけば紛失防止に役立ちそうですね。↓

Blackview BV8900 Proの発売日・価格

Blackview BV8900 Proの記事執筆時点の価格は以下の通り。

  • メモリ8GB+容量256GB:199.99ドル(約2.9万円)

高耐久タフネススマホ、かつUWB対応ってのは結構珍しい印象。とはいえ性能帯は最低ギリギリラインでしかも古いSoCなので動作の快適さにおいては期待しすぎないほうが良いでしょう。

アウトドア用などのサブ用途のスマホを探していて、UWB対応が魅力的なら是非検討してみて下さい!

■Blackview BV8900 Pro■

初出時価格→189.99ドル

▼[AliExpressリーベイツ対応!忘れずに)]↓

ページトップへ