1100-150 Xiaomi 14

Fitbit「Sense 2」「Inspire 3」「Versa 4」発表!睡眠やストレス管理を重視したモデル

Fitbitは新型スマートウォッチ「Sense 2」「Inspire 3」「Versa 4」を発表!Google傘下メーカーFitbitの最新モデルです!睡眠・ストレスモニタリングを重視しており、Sense 2はcEDAセンサーを搭載しているのがウリです!

Sense 2の特徴

Sense 2の特徴は以下の通り!

Sense 2のハイライト

  • 落ち着きのある形状と色合い。カラーは3色
  • ストレス、睡眠モニタリングを重視
  • cEDAセンサーを搭載
  • Googleマップの道案内表示に対応予定
  • スマホの連携機能に加えてSuicaも使える
  • Alexaアシスタント内蔵
  • 通常使用で6日の電池持ち

▼Sense 2のデザインはモダンなスマートウォッチ形状!カラーは左からホワイト、ブルー、グレーの3色。かなりオシャレな雰囲気が良いですね。また水深50mまでの防水設計になっています。↓

▼Sense 2は3モデルでも唯一、cEDAセンサーを搭載しています!このセンサーは継続的皮膚電気活動を測定するというもので、細かく心拍数などを測定することで正確にストレス指数を打ち出せるという設計。↓

▼Sense 2は3機種の中でも睡眠・ストレス面を重視しており、他のスマートウォッチよりもかなり細かい睡眠モニタリングができるんだそう!↓

▼何時間寝たか?何時に入眠したか?寝付くまでどれぐらいかかるか?といった部分からスコアを算出。改善すべき部分をアドバイスしてくれるそうです!また有料プランのPremium加入では細かい睡眠時間の内訳も見られるとのこと。↓

▼ストレスの常時測定に対応しているのはもちろん、細かい気分の変化も記録でき、それに応じてエクササイズや深呼吸といった提案もしてくれるそうです。ちょっとしたカウンセラーみたいだね(`・ω・´)。↓

▼Sense 2はSuicaに対応しており、改札やキャッシュレス決済で使えるのがとっても便利なのも魅力です!当然スマホの連携もでき、通知の表示、音声返信もできるとのこと!↓

▼またGoogleマップの道案内表示にも対応しているそうで、すごく便利そう!これでスマホを出さなくても経路がわかるようになるんで歩きスマホ防止、事故防止にもなってすごくいい感じ。ただ今のところは対応予定なので、発売後のアップデートに期待ですね。↓

またAmazonでおなじみのAlexaアシスタントを内蔵しており、音声操作で天気、ニュースといったお知らせも行ってくれます。

またこれだけの機能性ながら通常使用で6日ほど電池も持つのも魅力!おそらくヘビーユースではこれより短くなるようですが、それでも筆者からすればこの電池持ちの良さはかなりイイんじゃないかって思うんす。

Inspire 3の特徴

Inspire 3の特徴は以下の通り!

Inspire 3のハイライト

  • スリムなスマートバンドでカラーは3色
  • 運動向け機能が充実。ストレス、睡眠といった健康支援もバッチリ
  • 最大10日の電池持ち
  • Suica、Alexa非対応

▼Inspire 3はスマートバンドタイプ。縦に細長い形状のスリムなデザインとなっており、装着時に運動しても違和感を感じにくいものとなっています!カラーはブラック、オレンジ、ピンクとポップな雰囲気。こちらも水深50m防水対応です。↓

▼今回発表された3機種の中でも運動向けに仕上がっています。エクササイズ測定で心拍数を図り、そこから運動量、脂肪燃焼量などを算出してベストな運動の目標を設定できるというもの。効率的にエクササイズ効果を得られるのは嬉しいですね(`・ω・´)。↓

▼もちろん健康面ケアも充実しており、ストレスや睡眠、心拍数測定も対応!深呼吸でリラックスを促す機能も対応しています。↓

▼バッテリー持ちは最大10日も持つそうです!小さい筐体ながら電池持ちは見事といえますね(`・ω・´)。↓

スマホの通知表示ももちろん対応。ただし、Inspire 3は他2機種とは異なりSuicaとAlexaには非対応となっています。

Versa 4の特徴

Versa 4の特徴は以下の通り!

Versa 4のハイライト

  • カラーは4色
  • cEDAセンサーは無いが運動・健康測定は充実
  • スマホの通知お知らせ、Googleマップ表示も対応
  • Suica、Alexaアシスタントも対応しており電池持ちも6日持つ

Versa 4はSense 2と形状こそ同じですがカラーはよりポップで豊富になっているという違いがあります。また水深50m防水も対応しています。

▼カラーはブラック、ブルー、ピンクにレッドで、特にレッドはスマートウォッチでも結構珍しい色合い!これはカッコいい。↓

▼Sense 2のウリでもあるcEDAセンサーはこちらには非搭載ですが、運動測定、健康管理支援機能はこちらも充実しています(`・ω・´)。↓

▼スマホアプリと連携することで身体のコンディションを目視でき、またそれに合わせた運動目標や休息を取るか否かの選択もできるそう。↓

▼スマホの通知お知らせ対応はもちろん、こちらもGoogleマップで道案内する機能に対応予定とのことでした!早く使ってみたいなぁ。↓

▼このVersa 4もSuica、Alexaアシスタントに対応しているほか電池持ちも6日持つとのこと!機能性と電池持ちを両立できているのも嬉しいですね(`・ω・´)。↓

Suica対応モデルが気になる!

それぞれの価格は以下の通り!現時点では予約注文段階で、Inspire 3は9月15日までに、Sense 2とVersa 4は9月29日までに発送するとのことです。

  • Sense 2:32,800円
  • Inspire 3:12,800円
  • Versa 4:27,800円

世界情勢がモロモロあってストレスを感じる方も多いでしょうし、仕事や夜更かしで睡眠を削って身体も精神を蝕むなんて悩みを持つ人も増えているはず。

そういう意味では、睡眠・ストレスケアを重視したのは嬉しいといえますね(`・ω・´)。運動好きなユーザーさんにとってはスマートバンドのInspire 3という選択肢も用意されていますし。

値段はけっこうするんだけど、メンタルケアしたい的な意味では結構気になるんだよなぁ。あとSuica対応もかなりデカい。それらを踏まえてVersa 4が魅力的だけど、5,000円上乗せでcEDAセンサー搭載モデルのSense 2が手に入るって考えると実に悩む。

今現在、筆者は睡眠モニタリングが優秀なOPPO Watch Freeを使っているんですが…乗り換えようか悩む。電池持ちも悪くないしマップの表示もできてSuicaも使える貴重な選択肢。サイフのヒモがちぎれそう!

ページトップへ