ワイモバイル 新プラン登場 オンラインストアなら最大18,000円引き②

iPhone 12 miniだけMagSafe充電器の出力が最大12W。Lightningアクセ使うと7.5Wになるって

みんなiPhone 12シリーズはどれにした?ウチは悩みに悩んで「iPhone 12 mini」と「iPhone 12」と「iPhone 12 Pro」と「iPhone 12 Pro Max」を買いました!

で、今回のiPhone 12シリーズは新仕様として磁石が埋め込まれてまして、ペタッとくっつくワイヤレス充電器「MagSafe充電器」もリリースされたんだけど、iPhone 12 miniだけ最大出力が12Wになるんですって。iPhone 12各機種で最大15Wとか言ってたのに!

iPhone 12 miniはMagMag充電器で最大12Wの制限

iPhone 12 miniの予約開始前にAppleの「MagSafe 充電器を iPhone 12 モデルで使う方法」ってページが更新されたらしく、そこにはこんな説明が入ったようです。

MagSafe 充電器は、iPhone 12 をすばやく安全にワイヤレス充電できるよう作られています。このシステムは状況に賢く適応し、iPhone 12 をできるだけ効率よくピーク時最大 15 W の電力供給で高速ワイヤレス充電できるように働きます。iPhone に実際に供給される電力量は、電源アダプタのワット数やシステムの状況によって違ってきます。iPhone 12 mini に関しては、MagSafe 充電器はピーク時最大 12 W の電力を供給します。

MagSafe 充電器を iPhone 12 モデルで使う方法

iPhone 12 miniに関しての情報は11月2日に追加されたそうな。予約開始日が6日だったから、やりよったなApple。

で、こんな感じに内容が更新されたらしいんだけど、注目は”iPhone 12 mini に関しては、MagSafe 充電器はピーク時最大 12 W の電力を供給します。”ってとこよ。

MagSafe充電器は大々的にワイヤレスで15Wの高速充電出来まっせ!と宣伝されてたんだけど、iPhone 12 miniは最大12W。どこいったんだ3W。

iPhone 12シリーズはLightningアクセサリー利用中は7.5Wになる

さらに読み進めていると、もう一点気になるところが。

ヘッドフォンなどの Lightning アクセサリを接続している場合は、規格に従い 7.5 W での充電に制限されます。

MagSafe 充電器を iPhone 12 モデルで使う方法

な、なんだと。。。つまり、Lightning端子のイヤホンぶっ挿してゲームしながらMagSafe充電器使うと、たったの7.5Wでしか充電されない!まぁ、僕、Lightning端子に挿すアクセサリーなんて全く使ってないからどうでもいいけど。

個人的にあんま問題ではない。あとから出来ないって言うのは問題だけどね。

まぁ、使ってないけどLightningイヤホン使っているときに7.5Wになっても全然OK。そもそも、Lightningイヤホン使っている時点でLightningポート埋まっていて有線充電できないし。充電できるだけマシって感じかな。

iPhone 12 miniで最大12Wの件も個人的に実用でな~んも問題ない。MagSafe充電器で最大15W充電できるって言っといてあとから出来ないとか言うのは問題だけど。

そもそも、MagSafe充電器での15W出力は「最大時」なんよね。スマホの充電って常に最高出力で充電するわけではなくて、徐々に出力が上がって最大ピーク(15W)を迎えて満充電に近くなるにつれ徐々に出力が下がる。こんな感じなので。

僕はすでにMagSafe充電器を使っていて、出力変動も専用機器を使って測定して挙動をみてるから全然12Wでもいいわって感じ。あとから出来ないって言うのは問題だけど。

まぁ、3W少ない分、少なからず充電時間は長くなるのは確かなんだけどね。僕は全然OKよ。あとから出来ないって言うのは問題だけどね。

以上、あとから出来ないって言うのは問題だと伝えたい記事でした。おしまい。

ページトップへ