Lenovo「Tab M8(4th Gen)」発表!デザインが刷新された代わりにSoCがグレードダウン!

Lenovo Tab M8(4th Gen)

Lenovoが新型タブレット「Lenovo Tab M8(4th Gen)」を発表!Lenovoの8インチタブレットに新型が登場!しかし、所々グレードダウンしていたりする箇所があるので、注意喚起の意味も兼ねて特徴をチェックしていきます!

Lenovo Tab M8(4th Gen)の特徴

Lenovo Tab M8(4th Gen)の特徴は以下の通り!

Lenovo Tab M8(4th Gen)のハイライト

  • 最近のLenovo製Androidタブレットに準拠したスクエアなデザイン
  • エントリークラスのスペック
  • 8インチWXGAディスプレイ搭載
  • ステレオスピーカー搭載
  • インカメラは200万画素、アウトカメラは500万画素
  • 5,100mAhのバッテリー搭載
  • 最大3年間のセキュリティアップデートを保証
  • LTE通信が可能なモデルも有り!

▼Lenovo Tab M8(4th Gen)で目を引く変更点はデザイン。Tab M8シリーズもとうとうLenovo Tab M10(3rd Gen)のようなスクエアなものへと変更されました!↓

Lenovo Tab M8(4th Gen)

▼背面の下半分にはテクスチャ的な加工がされていたりと結構オシャレな感じですね〜!↓

Lenovo Tab M8(4th Gen)

肝心のSoCですが、今回はHelio A22と2世代前のモデルと同じものを搭載しています。

Lenovo Tab M8(2nd Gen)の兄弟モデルであるLAVIE Tab E(TE508/KAS)のAnTuTuスコアで101522(GPU:9461)、Lenovo Tab M8(3rd Gen)が採用していたHelio P22Tを搭載しているタブレットのAnTuTuスコアが113983(GPU:16271)なので、GPU性能は特にですが大幅にグレードダウンしています。

メモリはLPDDR4xが3GB、ストレージは32GBとこちらは前モデルから据え置き。SoCがグレードダウンしている分、メモリ/ストレージは4GB/64GBとかにして欲しかったのが本音ですけどね!

▼ディスプレイは8インチWXGA解像度(1,280×800)のものを搭載。8インチクラスであればHD相当の解像度でもギリギリ使用に耐えうるというのが筆者の経験則です。↓

Lenovo Tab M8(4th Gen)

▼また、目に優しいアイプロテクション技術を採用しているとのことで、眼精疲労やブルーライトカットに配慮した独自のアイケアモードを搭載していると謳っています。↓

Lenovo Tab M8(4th Gen)

スピーカーはステレオ、カメラはイン側が200万画素、アウト側が500万画素と最近のタブレットでは必要最低限の水準に留まっています。オーディオの仕様でDolby Atmosの記載が無いのが気になるところではありますけど…

▼Lenovo Tab M8(2nd Gen)には5,100mAhのバッテリーを搭載。連続駆動時間は公称値で約16時間と前モデルから4時間伸びていますね。↓

Lenovo Tab M8(4th Gen)

バッテリー搭載量が前モデルから100mAh分微増していますが、100mAh程度で4時間も伸びるかな?って感じなので、駆動時間はあくまでも参考程度にしておいた方がいいでしょう!

▼Lenovo Tab M8(4th Gen)は最大3年間のセキュリティアップデートを保証しているのも大きなセールスポイント。以前のモデルよりも安心して使い続けられると言いたいんだと思いますが、性能の陳腐化の方が先に来そうな感じではありそうです…↓

Lenovo Tab M8(4th Gen)

▼Lenovo Tab M8(4th Gen)の一部モデルはLTE通信も可能になっているんですが、バンド構成は以下のようにメチャクソ狭いんであまり期待しない方がいいかも。というより日本向けモデルなんだからこの辺もしっかりローカライズしろよ!↓

Lenovo Tab M8(4th Gen)

買う価値はほとんど無い!

Lenovo Tab M8(4th Gen)は近日発売予定。記事執筆時点の価格は以下の通り。

  • メモリ3GB+容量32GB/Wi-Fi:23,800円(税込:26,180円)
  • メモリ3GB+容量32GB/LTE:26,800円(税込:29,480円)

ぶっちゃけて言っちゃいますと、Lenovo Tab M8(4th Gen)は最近の日本向けLenovo製タブレットの中ではブッチギリで買う価値は無いモデルです。

というのも、前モデルからの進化点はデザインと微増(100mAhほど)したバッテリーぐらいで、後は良くて変わらない、悪くて劣化している点しかないんですよ。これがLenovo Tab E8としてリリースされていたなら話は別でしたけど…

価格も前モデルから少し高くなっているので、AndroidのOSバージョンを気にする人でない限りは前モデルであるLenovo Tab M8(3rd Gen)を購入した方がまだマシかもしれませんね!

Lenovo Tab M8(4th Gen)のスペック・対応バンドまとめ

■メモリ3GB+容量32GB■

ページトップへ