OUKITEL WP23のスペックまとめ!10,600mAh大容量バッテリー搭載!低性能なのでサブ向け

どうも、柳生です。OUKITEL WP23が発売されたってことで特徴とスペックの詳細をまとめてみました!

▼価格は変動するのでリアルタイム価格はリンク先で確認して下さい!↓

■メモリ4GB+容量64GB■
初出時価格→99.99ドル
▼[AliExpress(リーベイツ対応!忘れずに)]端末価格120.99ドル!↓

OUKITEL WP23の特徴

OUKITEL WP23の特徴は以下の通り!

OUKITEL WP23のハイライト

  • エントリークラスのスペック
  • タフネススマホらしいイカついデザインで頑丈
  • アクセントカラーは3色
  • HD+解像度の6.52インチディスプレイ
  • マクロ付きの2カメラ構成
  • 10,600mAhの巨大バッテリーで18W充電にも対応
  • 逆充電ができる

OUKITEL WP23のデザイン、さすがタフネススマホというべきか、めちゃくちゃイカついですな。筆者としてはドツボなのはカメラ周りのデザイン。シールド型形状でトリプルカメラと指紋センサー、フラッシュライトの並びが非常にカッコイイ。

▼カラーはアクセントカラーのみが変わるタイプでメインはブラック固定。アクセントがオレンジとグリーンとグレーの3つになってます。↓

わかる人には一発でわかるポイントかもしれんですがこのOUKITEL WP23、IP69Kっていう、IP68以上の最高の防水防塵等級を持っています。

▼IP68ってiPhoneとかハイエンドモデルで採用されている等級で、砂まみれになっても水没しても当然ヘッチャラ。で、あちらとちがって「お湯にも強い」ってのが大きな違いです。↓

大抵のスマホって接着剤でパネルをくっつけて構成されている都合上熱に弱く高熱ではそれが剥がれるリスクがあるんですが、OUKITEL WP23含めタフネススマホはネジ止めしているのでそういう耐性もあるっちゅう仕組み。

MIL-STD-810Hの耐衝撃規格に準拠しており衝撃にも強く、落としても割れにくいのもGood。↓

普通のスマホでは心許ないシーンでも頑丈なタフネスなら安心。よくスマホを落として割っちゃう人とか、よくアウトドアとか仕事場にスマホを持っていく人にとっては眉唾もんかも。

▼SoCはHelio P35を搭載。正直言ってクソ低レベル性能。AnTuTu参考値は10万点ほど、つまり快適とは程遠いものです。ゲームはできんし、メールとかWEBとかそういう使い方でもつっかかりは感じるでしょう。↓

ちなみにこいつ、Xperia Ace IIにも搭載されていました。Xperia Ace IIを触ったことある人なら性能は察するでしょう。

メモリ(RAM)は4GB、保存容量(ROM)は64GB+MicroSD対応で1TBまで拡張は可能。容量に関しては文句なしです。まぁSoCがアレなのでそこまで使いつぶせるかは疑問ではあるんですが…。

▼ディスプレイは6.52インチと大きさは結構ありますね。ただ、解像度は1,600×720(HD+)クラスで高リフレッシュレートも非対応(60Hz)とエントリーらしいスペック。↓

大きさ自体はあるので、YouTubeとかニコニコあたりの動画視聴は見やすそうな印象。解像度は低めなのでドットの粗さは感じるでしょうけど、ライトに見るぶんなら問題はないでしょう。筆者にとっては十分。

ただSoCの性能が終わっているので、もしかしたら画質とか環境次第で動画でさえもつっかかる可能性はあるかもしれんです。あくまで可能性の1つに過ぎませんが、筆者は実際にそういう事例に遭遇したし、ありえない話ではないように思えます。

▼カメラはリア1,300万画素メインカメラと200万画素のマクロカメラ、もう1つのカメラは詳細不明です(ダミーの可能性もあり)。フロントは500万画素。↓

この手のエントリーモデルでは写真写りの良さに期待はできませんが、ないよりはマシなので記録撮影には使えるかもしれません。

とはいえ、このレベルのエントリー機でマクロカメラを設けているのは正直筆者からすれば意外で、ちょっと豪華な印象は受けました。実際に実用性があるかはさておき。

▼バッテリー容量は非常に立派!10,600mAhと、フツーのスマホの2倍ものめちゃデカ容量をぶっ込んでいます。↓

電池持ちも当然すごいもので、公称値ではスタンバイが800時間、音楽再生は50時間、通話は55時間で動画再生は18時間ももつとのこと!ずっと動画を流していても半日以上持つスマホってそうそうねぇよ。マジ凄い。

これほどの容量だと充電も時間はかかるんですが、OUKITEL WP23は18Wの急速充電に対応しているのもGood。

まぁ今ではソシャゲみたいなペースで充電スペックがインフレしているから早いとはいえんのだけど、エントリーはそもそも5~10W止まりなモデルも多いから、そういう意味では好印象ですね。

▼あと逆充電にも対応してて、他スマホへの充電もできちゃいます。10,000mAh容量のモバイルバッテリー代わりにもなれる機能性がOUKITEL WP23の魅力!↓

そんなOUKITEL WP23の記事執筆時点の価格は120.99ドル(約1.6万円)!エントリーってのもあるんだけど、かんなり安いです。

ちなみにAliExpressでは少し前にセールやっててそのとき99.99ドル(約1.3万円)だったそうなんで、もし今後OUKITEL WP23がセールされたら、この価格で手に入る可能性に期待できます。あくまで筆者の予想ではありますが…

というかこれ、スマホというよりは「クッソ頑丈なモバイルバッテリーに画面とか通話機能がついたやつ」って感じですよね。筆者はそうにしか見えないわ。

メインスマホとしてオススメはできないし筆者もメイン機にしたくもないんだけど、サブスマホとしてはすげーいい1台って感じます。安くて手に入れやすいし、メインスマホの充電が切れた時や壊れた時の一時的な代替にもなるしね。

▼価格は変動するのでリアルタイム価格はリンク先で確認して下さい!↓

■メモリ4GB+容量64GB■
初出時価格→99.99ドル
▼[AliExpress(リーベイツ対応!忘れずに)]端末価格120.99ドル!↓

OUKITEL WP23のスペック・仕様

OUKITEL WP23は2023年4月発売のOUKITELのAndroidスマートフォンです。

製品情報
端末名 WP23
発売年 2023年4月
発売地域 海外:SIMフリー
メーカー・ブランド OUKITEL
対応バンド・周波数・ネットワーク
3G W-CDMA:1 / 8
4G LTE FDD LTE:1 / 3 / 7 / 8 / 19 / 20
TD-LTE:38 / 40 / 41
5G NR 非対応
Wi-Fi 802.11 a/b/g/n/ac
Bluetooth バージョン:5.0
コーデック:非公表
SIMサイズ・スロット デュアルスロット(Nano SIM×2)
本体仕様
ディスプレイ サイズ:6.52インチ
材質:液晶
画面占有率:85%
形状:水滴ノッチ
最大リフレッシュレート:非公表
最大タッチサンプリングレート:非公表
解像度 解像度:1,600×720(HD+)
画面比率:20:9
画素密度 269ppi/高精細でドットの粗さは気にならない
サイズ 高さ:非公表
横幅:非公表
厚さ:非公表
重さ 非公表
本体色 ブラック系、グリーン系、オレンジ系
システム仕様
OS Android 13
CPU(SoC) MediaTek Helio P35
AnTuTuベンチマーク

総合スコア:約114,000
GPUスコア:約17,000
(AnTuTu v9参考値)

メモリ/保存容量
組み合わせ メモリ4GB+容量64GB
ストレージカード MicroSDカード対応(最大1TB)
※片方のSIMスロットと共用
カメラ
背面カメラ デュアルカメラ
①1,300万画素(メイン)
②200万画素(マクロ、4cm、f/2.2)
手ぶれ補正:非公表
センサーサイズ:非公表
PXサイズ:非公表
インカメラ パンチホール式インカメラ
画素数:500万画素(メイン、f/2.2)
センサーサイズ:非公表
PXサイズ:非公表
機能仕様
GPS GPS、A-GPS、GLONASS、BDS(BEIDOU)、GALILEO
生体認証・ロック解除 指紋認証:対応
顔認証:非公表
センサー 赤外線センサー:非公表
加速度センサー:非公表
近接センサー:非公表
ジャイロセンサー:非公表
電子コンパス:非公表
光センサー:非公表
防水/防塵・タフネス等級 防水/防塵:IP69K
耐衝撃:MIL-STD-810H
イヤホンジャック なし
NFC NFC:対応
FeliCa/おサイフケータイ:非対応
その他機能 ストラップホール
バッテリー
バッテリー容量 10,600mAh
充電 有線充電:18W(9V/2A) 
ワイヤレス充電:非公表
逆充電:対応
ポート USB Type-C
スペック表のソース
参照元

【販売サイト】OUKITEL WP23 – aliexpress.com

スペック表に関する免責事項

SoCはHelio P35。メモリは4GB

OUKITEL WP23のSoCはHelio P35

SoCはSystem On Chipの略で、電子機器の頭脳であるCPUやGPUの他に通信モデムなど色々なパーツを集めた集積回路です。ここで端末の性能が決まります。

メモリ(RAM)は4GB、保存容量(ROM)は64GBとなっています。

メモリは作業領域なので多いほど動作が安定します。2023年現在、メイン機種として使うなら最低4GBは欲しいです。6GBあると安定しやすい。

保存容量は写真やアプリなど端末本体に保存できるデータ容量です。2023年現在、メイン機種として使うなら最低64GBは欲しいです。最初から1割くらいはシステム領域として使われています。

MicroSDカード等のTFカードによる保存容量の拡張に対応しています。最大対応容量は64GBです。

OUKITEL WP23(Helio P35)のAnTuTuスコア

AnTuTuスコアは性能の指標です。まだ OUKITEL WP23の実機のAnTuTuスコアを収集出来ていないのでHelio P35の参考ベンチマークをチェックしてみましょう。

※端末の処理性能はSoCで決まってくるので、同一SoCを搭載する端末のAnTuTuスコアで大体の操作感が予測出来ます。Helio P35の参考スコアは以下の通り。AnTuTuアプリのバージョンは9で測定しています。

  • 総合スコア(CPU):114,316
  • ゲーム性能(GPU):17,029
▼以下は2023年現在、AnTuTuベンチマークスコアがどれくらいの動作・操作感を示すかの目安です。本端末の性能がどの性能帯に相当するか確認が出来ます。↓
AnTuTuスコア動作・操作感
総合スコア:約150万点以上
GPUスコア:約60万点以上
ヌルヌル、動作に不満なし
総合スコア:約100万点〜150万点
GPUスコア:約35万点〜60万点
重いゲームもなんとか
総合スコア:約50万点〜100万点
GPUスコア:約15万点〜35万点
軽いゲームくらいなら
総合スコア:約25万点〜50万点
GPUスコア:約5万点〜15万点
必要最低限
総合スコア:約25万点以下
GPUスコア:約5万点以下
サブ端末向き
▼ガルマックスでは色々なスマホのAnTuTuベンチマークがデータベース化されています。ユーザさんからもスクリーンショットを募集しているのでよろしければどうぞ。↓
スマホの実機AnTuTuベンチマークスコアまとめ

OUKITEL WP23のカメラ

OUKITEL WP23の背面カメラは広角のメインカメラ(1,300万画素)、接写用のマクロカメラ(200万画素)の2眼構成です。

  • メインカメラ(1,300万画素)
  • マクロカメラ(200万画素)

インカメラの構成・画素数はメインカメラ(500万画素)のみの1眼構成です。

OUKITEL WP23のディスプレイ

OUKITEL WP23の画面はサイズが6.52インチ、解像度は1,600×720、ディスプレイは液晶を採用しています。画面形状はノッチ(水滴)となります。

  • サイズ:6.52インチ
  • 解像度:1,600×720
  • ディスプレイ:液晶
  • 画面形状:ノッチ(水滴)
  • リフレッシュレート:非公表
  • タッチサンプリングレート:非公表

OUKITEL WP23のサイズ・重量・カラー

OUKITEL WP23のサイズは高さが非公表、横幅が非公表、厚さが非公表、重量が非公表となっています。

  • 高さ:非公表
  • 横幅:非公表
  • 厚さ:非公表
  • 重量:非公表

カラーはブラック系、グリーン系、オレンジ系の3色展開です。

  • ブラック系
  • グリーン系
  • オレンジ系

OUKITEL WP23の対応バンド

OUKITEL WP23は海外モデルなので技適に関してはご留意下さい。

以下はカタログスペック上の対応バンドとなります。実際にそのバンドで通信できるかはキャリア・住環境・ソフトウェア等によります。

docomo回線の電波バンド対応状況

OUKITEL WP23はドコモ回線の4Gで重要なバンドのうちバンド1・3に対応していますが、地下や郊外の繋がりやすさを左右するバンド19に対応していないので電波強度が弱くなる場合があります。

また OUKITEL WP23はドコモで提供されている5G NR(Sub6・ミリ波)に非対応の端末です。

▼ガルマックスがオススメするドコモ回線の格安SIMはこれ!↓

ドコモの電波バンド(周波数帯) バンド対応
Band1(4G FDD LTE/2.1GHz)重要
Band3(4G FDD LTE/1.8GHz)重要
Band19(4G FDD LTE/800MHz)重要
Band21(4G FDD LTE/1.5GHz)
Band28(4G FDD LTE/700MHz)
Band42(4G TD LTE/3.5GHz)
n78(5G NR Sub6/3.6~3.7GHz)重要
n79(5G NR Sub6/4.5~4.6GHz)重要
n257(5G NR ミリ波/27.4~27.8GHz)

Softbank・ワイモバイル回線の電波バンド対応状況

OUKITEL WP23はソフトバンク回線の4Gで重要なバンド1・3・8に対応しています。

また OUKITEL WP23はソフトバンクで提供されている5G NR(Sub6・ミリ波)に非対応の端末です。

▼ガルマックスがオススメするソフトバンク&ワイモバイル回線の格安SIMはこれ!↓

ソフトバンクの電波バンド(周波数帯) バンド対応
Band1(4G FDD LTE/2.1GHz)重要
Band3(4G FDD LTE/1.8GHz)重要
Band8(4G FDD LTE/900MHz)重要
Band11(4G FDD LTE/1.5GHz)
Band28(4G FDD LTE/700MHz)
Band41(4G TD LTE/2.5GHz)
Band42(4G TD LTE/3.5GHz)
n3(転用5G NR/1.8GHz)重要
n28(転用5G NR/700MHz)
n77(5G NR Sub6/3.9~4.0GHz)重要
n257(5G NR ミリ波/29.1~29.5GHz)

au回線の電波バンド対応状況

OUKITEL WP23はau回線の4Gで重要なバンドのうちバンド1・3に対応していますが、全国区をカバーするバンド18(26)に非対応なので多くのエリアで電波の強度が弱くなる場合があります。

また OUKITEL WP23はauで提供されている5G NR(Sub6・ミリ波)に非対応の端末です。

▼ガルマックスがオススメするau回線の格安SIMはこれ!↓

auの電波バンド(周波数帯) バンド対応
Band1(4G FDD LTE/2.1GHz)重要
Band3(4G FDD LTE/1.8GHz)重要
Band18(4G FDD LTE/800MHz)重要
Band26(4G FDD LTE/800MHz)Band18を内包 重要
Band11(4G FDD LTE/1.5GHz)
Band28(4G FDD LTE/700MHz)
Band41(4G TD LTE/2.5GHz)
Band42(4G TD LTE/3.5GHz)
n28(転用5G NR/700MHz)
n77(5G NR Sub6/3.7~3.8GHz・4.0~4.1GHz)重要
n78(5G NR Sub6/3.7~3.8GHz)重要
n257(5G NR ミリ波/27.8~28.2GHz)

楽天モバイル回線の電波バンド対応状況

OUKITEL WP23は楽天モバイル回線の4Gで重要なバンドのうちバンド3のみ対応していますが、楽天モバイルのパートナー回線(au回線)であるバンド18に対応していないので多くのエリアで電波の強度が弱くなる場合があります。

また OUKITEL WP23は楽天モバイルで提供される5G NR(Sub6・ミリ波)に非対応の端末です。

▼月間20GBで3,278円、通話料は無料!↓

楽天モバイルの電波バンド(周波数帯) バンド対応
Band3(4G FDD LTE/1.8GHz)重要
Band18(4G FDD LTE/800MHz auローミング)重要
Band26(4G FDD LTE/800MHz)Band18を内包 重要
n77(5G NR Sub6/3.8~ 3.9GHz)重要
n257(5G NR ミリ波/27.0~27.4GHz)

OUKITEL WP23の価格・購入先

▼価格は変動するのでリアルタイム価格はリンク先で確認して下さい!↓

■メモリ4GB+容量64GB■
初出時価格→99.99ドル
▼[AliExpress(リーベイツ対応!忘れずに)]端末価格120.99ドル!↓

ページトップへ