ワイモバイル 新プラン登場 オンラインストアなら最大18,000円引き②

Rakuten Handのレビュー。想像よりも遥かに出来が良かったコンパクトスマホ

Rakuten Hand

楽天モバイルが投入するオリジナルモデルの第3弾「Rakuten Hand」は、税込2万円で手に入る非常に安価なコンパクトスマートフォン。実機を手に入れたのでレビューをお届けする。

Rakuten Handの良かった点と気になった点

Rakuten Hand

立ち位置:楽天モバイルのオリジナルスマホ。これまで小型なRakuten miniと5Gに対応する大型のRakuten BIGがリリースされたが、第3弾として登場したミドルハイモデル。

特徴:コンパクトでスリムな筺体にハイパフォーマンスなSoCを搭載。

良かった点

・実用性を保った超スリムボディー

・美しい有機ELを採用

・FeliCa、指紋認証が利用できる

・パフォーマンスが高い

気になった点

・eSIMモデル。SIMカードは利用できない

・MicroSD非対応

Rakuten Handの詳細スペックは以下の記事で紹介している。

Rakuten Handのスペック・対応バンドまとめ

Rakuten Handの外観

Rakuten Handは5.1型のディスプレイを搭載。横幅は63mmと非常にスリムである。

▼手のひらサイズのコンパクトな筺体は扱いやすい。↓

Rakuten Hand Rakuten Hand

▼バンカーリングなどを取り付ければ片手操作もより快適になる。↓

▼重量も非常に軽い。超軽量と評判のiPhone 12 miniは133gだが、Rakuten Handは実測でわずか128g。

Rakuten Hand

▼ディスプレイは両端が湾曲しているエッジディスプレイを採用。このサイズのスマホではなかなか無いデザインで、スタイリッシュな見た目も気に入っている。↓

Rakuten Hand

▼最近はディスプレイの占有率を高めるためにパンチホールなどを採用した端末が多い中、Rakuten Handは太めのベゼルを上下に備える。この辺りは好みが分かれそうだ。↓

Rakuten Hand

▼筺体はブラック、ホワイト、レッドの3色で展開。光沢ある背面パネルは素材的に傷が付きやすい印象だ。また、ブラックは指紋の付着が目立つ。↓

Rakuten Hand

筺体の素材は値段なりだが、流れるような曲線が美しく、コンパクトモデルの中では洗練されたデザインで所有する満足感も得られている。

▼その他、配置は以下の通り。↓

Rakuten Hand
右側面に音量と電源キー
Rakuten Hand
左側面はなにもない
Rakuten Hand
上部にイヤホンジャック
Rakuten Hand
下部にUSB-Cとスピーカー

付属品・同梱物

Rakuten Hand

Rakuten Handは本体以外に10Wの充電器、USB-C to USB-Aのケーブル、各種クイックガイドなどが同梱されていた。

▼保護フィルムはPDA工房さんからリリース済み。曲面まで保護することができる「Flexible Shield」がおすすめだ。↓

Rakuten Hand

タイアップクーポンを発行中。500円以上のご購入時に適用すると100円オフ。割引クーポンをコピーしてレジで適用して下さい。

▼YouTubeではテンポ良く見られる凝縮レビューも公開中。質感・カラー・雰囲気は実機動画でチェック↓

Rakuten Handの処理性能

Rakuten Handはハイエンドに次ぐ性能帯のSnapdragon 720Gを搭載。メモリ4GB、容量64GBを備えるミドルハイスペックモデルである。

総合的な性能も高く、WEBブラウジング・動画視聴・SNSなどが軽快にサクサク動くだけでなく、ゲームも大多数が快適に動く。

ベンチマークスコアをチェック

端末の処理性能を数値化するベンチマークを走らせてみた。

▼Rakuten Handの実機でAnTuTu(Ver8)を測定。総合スコアは266,704点、GPUスコアは72,929点でミドルハイエンドらしいスコアを叩き出した。↓

Rakuten Hand AnTuTu

▼以下は現在市場で主流となっている各性能帯の参考スコアです。現時点で本端末の性能がどのランクに相当するか確認が出来ます!↓

AnTuTu Ver.8 スコア動作・操作感
総合スコア:約40万点以上
GPUスコア:約17万点以上
ヌルヌル、動作に不満なし
総合スコア:約30万点〜40万点
GPUスコア:約13万点〜17万点
重いゲームもなんとか
総合スコア:約20万点〜30万点
GPUスコア:約6万点〜13万点
軽いゲームくらいなら
総合スコア:約10万点〜20万点
GPUスコア:約2万点〜6万点
必要最低限
総合スコア:約10万点以下
GPUスコア:約2万点以下
サブ端末向き

▼ガルマックスでは色々なスマホのAnTuTuベンチマークがデータベース化されています。ユーザさんからもスクリーンショットを募集しているのでよろしければどうぞ!↓

スマホの実機AnTuTuベンチマークスコアまとめ

▼その他、Geekbench 5、PCMark、3DMarkでのスコアは以下の通り。↓

Rakuten Hand

▼ストレージ速度は書き込みが242.1MB/s、読み込みが309.4MB/sとまずまずのスコアだった。↓

Rakuten Hand

Rakuten Handの機能・仕様の検証結果

通知ランプ
指紋認証 ○:画面内蔵。速度・精度は申し分なし
顔認証 ○:カメラ認証。精度はまずまず
アプリクローン
PCモード
外部映像出力 △:ワイヤレスのみ対応/ケーブル出力不可
戻るボタン入れ替え ☓:デフォルトは左
ジェスチャー操作
クイックランチャー
ゲームモード
冷却システム
MicroSD
内部ストレージ化
-:MicroSD自体非対応
Photoshop Camera
PUBGモバイル
グラフィック設定
フレームレート設定
スムーズ設定時→スムーズ+ウルトラ
最高クオリティ&フレーム設定→HD+高
スピーカー シングル/下部
イコライザー
備考

ソフトウェア・ハードウェアの特徴

楽天系アプリが既にインストール済み

Rakuten Handは楽天モバイルのオリジナルモデル。楽天経済圏で活用しやすいよう様々な楽天系アプリがプリインストールされていた。

▼my楽天モバイルや無料通話のRakuten Linkもプリインストール済み。↓

Rakuten Hand

楽天オリジナルのホームも利用できる

超小型なRakuten miniは操作性を高めるために親指の可動範囲で操作できるオリジナルのランチャーを搭載していたが、Rakuten Handも利用可能である。

▼通常のホーム画面は一般的なAndroidといった印象。↓

Rakuten Hand

▼ランチャーモードから楽天オリジナルのホーム画面に切り替えられる。↓

Rakuten Hand

楽天オリジナルのホーム画面はアプリが円形ランチャーのような配置となり、コンパクトなRakuten Handと相性が良いので是非試して頂きたい。

指紋センサーは精度・速度ともに不満なし

Rakuten Handは生体認証で指紋認証と顔認証を搭載。

▼指紋認証センサーは先進的な画面埋め込みタイプ。↓

Rakuten Hand

検証期間はメインのロック解除に指紋センサーを利用していたが、精度・速度ともに全く不満なくとても快適だった。顔認証も利用可能で解除速度も速く実用的な仕上がりである。

FeliCa対応でおサイフケータイが利用できる

Rakuten Hand

安価なスマホでは省かれがちなFeliCaも搭載。おサイフケータイに対応しているので、モバイルSuicaなどを活用されている方は、Rakuten Handに乗り換えても引き続き利用できるのが嬉しい。

ディスプレイ:有機EL搭載。解像度はHDクラスだが気にならない

Rakuten Hand

Rakuten Handのディスプレイは、発色が良く黒色の表現力が非常に高い有機ELパネルを採用。安価なモデルだがディスプレイ品質も良く、実機での動画や写真閲覧もメリハリある画質で美しい。

解像度は1,520×720でHDクラスとなるが、画素密度を計算すると330ppiで高精細な部類である。実利用でも画面の粗さは全く感じない。

NetflixなどDRMコンテンツ(著作権コンテンツ)の再生はWidevine L3でSD画質となるが、Rakuten Handの解像度自体がHDクラスなため、SD画質での再生でも筆者は粗さを感じることはなかった。

▼ディスプレイサイズで気になった点はキー入力。フリック入力は問題ないがQWERTY配列での入力は少々窮屈に感じた。筺体サイズ的に仕方のないことだが、普段からQWERTY配列で入力されている方は留意頂きたい。↓

Rakuten Hand

DRMコンテンツ Widevine:L3
SDまで対応
高リフレッシュレート
表示モード ダークモード
画質調整 なし
備考

バッテリー持ち:想像よりも悪くない

Rakuten Handは2,750mAhのバッテリーを搭載。数値を見ると少ないように感じるが、筺体サイズから考えると搭載量は頑張っている。ちなみにiPhone 12 miniは2,227mAhである。

実機を触るまでバッテリー持ちが悪いのでは無いかと思っていたが、良い意味で裏切られた。予測よりもバッテリー持ちが良く、筆者の使い方なら1日は持つ。

Rakuten Handはディスプレイが小型、黒色は非点灯となる有機EL、HDクラスの解像度の構成でディスプレイ点灯時の燃費が良いのだろう。

もちろん、使い方によってバッテリー持ちは変動するが、WEBブラウジング、SNS、LINE、動画視聴などパワーをそれほど使わない使い方であればそれなりにバッテリーが持つので好印象だった。

通信・SIM周り:eSIMのみ対応

Rakuten Hand

Rakuten Handの対応バンドは、楽天モバイルを利用する為のバンドにもちろん対応しているが、その他キャリアで重要なバンドは非対応が多く汎用性は低い。

また、本体に埋め込まれたeSIMを採用したことから、SIMフリースマートフォンの多くで採用されている物理SIMカードのスロットは搭載していない。

もし、2枚のSIMカードで同時待ち受け機能を活用しているなら注意したいポイントだ。

追記:読者様から「eSIMでの2回線同時待ち受け」についてご質問を頂いたので追加で検証を行った。今回は楽天モバイルのeSIM以外にIIJmioのeSIMで検証した。結果は以下の通りである。

  • 2枚のeSIMをRakuten Handでアクティベートすることができる
  • Rakuten HandでアクティブにできるeSIMは1枚で2回線同時待ち受けは出来ない
  • 任意のタイミングで登録済みのeSIMを切り替えることができる
ドコモ回線
ソフバン回線
ワイモバ回線
au回線
楽天モバイル回線 データ通信:○
通話:○
Rakuten Link:○
(楽天モバイルで検証)
2回線同時待ち受け ✕:アクティブは1回線のみ
備考

Rakuten Handのカメラをレビュー

Rakuten Hand

構成 48MP(メイン)、2MP(深度)
AI オン・オフ可能
撮影モード ビデオ、写真、ポートレート、夜景(AI認識)、美顔モード
ズーム デジタルズーム対応
シャッター音の消音 不可
マニュアルの設定幅
写真解像度 12M(デフォルト)または48MP
ビデオ解像度 1080P/30FPS、720P/30FPS
手ブレ補正 設定項目なし

Rakuten Handのカメラ構成は非常にシンプルで、撮影モードも少なくマニュアル撮影やグリッド表示も対応していない。サッと取り出してパッと撮影するような使い方を想定しているような仕様だ。

ザックリまとめると
・Rakuten Handで撮影してRakuten Handのディスプレイで見たら綺麗
・AIは基本オンで良い
・48MP撮影できるけどデフォルトの12MPで十分

画質:綺麗な写真が撮影しやすい

Rakuten Handのカメラはメインカメラとポートレート撮影を補助する深度カメラのみで機能はシンプルだが、昼夜問わず綺麗な写真が撮影しやすいカメラだった。

▼AIはオン・オフ可能。料理の撮影ではAIをオンにすると明るさが増し色合いも華やかになった。左がAIオフ、右がAIオン↓

昼間に撮影した屋外写真:精細で美しい写真撮影が楽しめる

Rakuten Hand
Rakuten Handで撮影

写真撮影で好条件となる光量の多い屋外撮影では、高精細で美しい写真撮影が楽しめる。Rakuten Handのディスプレイで採用されている有機ELの美しさもあり閲覧も楽しい。

屋外での撮影ではイマイチに感じる写真も非常に少なく仕上がりに満足している。

▼左がRakuten Hand、右がiPhone 12 Pro Max。↓

ポートレート:人物だけでなく物撮りも美しく撮影できる

Rakuten Handは背景ボケのある撮影を楽しめる。公式でもイチオシの機能と紹介されていたので試してみたが、人物撮影だけでなく物撮りでもポートレート撮影を楽しめた。

▼500mlペットボトルサイズのフィギュアでも綺麗に背景がボケてくれる。↓

Rakuten Hand

編集から被写体と背景の切り離しができているか確認したが、綺麗に背景と分離できておりクオリティーも高い。

ポートレート撮影では撮影時にF0.9〜F16の幅でボケ強度の設定が可能。撮影後はGoogleフォトの編集機能からボケ味の微調整も可能である。

ナイトモード・夜景撮影:ブレが少なく綺麗な写真を撮影しやすい

Rakuten Handは夜景専用モードを搭載していないが、AIが夜景を認識してチューニングしてくれる。カメラ撮影で悪条件となる光量の少ない夜間撮影でもブレの少ない写真撮影を楽しめた。

▼電光掲示板も文字がブレずに読める。実機では有機ELの助けもあり、実機ディスプレイに映し出される写真は、黒色はグッと引き締まり電飾は色鮮やかで非常に美しい。スマホで撮影してスマホで見るような使い方では十分以上のクオリティーだ。↓

Rakuten Hand

それではいつもの定点ポイントで撮影した写真も見てみよう。

比較的光量の多いシーンでは強い光を放つ看板も上手く調整されており白飛びが抑えられているのが分かる。流石に10万円を超えるiPhone 12 Pro Maxには敵わないが、2万円で手に入る端末としてはとても良い仕上がりではないだろうか。

▼左がRakuten Hand、右がiPhone 12 Pro Max。↓

続いては光量の少ないポイントで撮影。

安価なスマートフォンでは低クオリティーの写真に仕上がることが多いポイントだが、Rakuten Handではこのクオリティーで撮影できるのが嬉しい。

▼左がRakuten Hand、右がiPhone 12 Pro Max。↓

自撮り:失敗が少ない。美顔やAR機能も搭載

Rakuten Handは1600万画素のインカメラを搭載。実機で撮影してみたが画質も良く満足出来るレベルだった。

▼画角は固定されている。2〜3人での撮影なら対応できそうだ。↓

Rakuten Hand

▼AR機能も搭載。ちょっと楽しくなってきた。↓

Rakuten Hand

その他、自撮りでも美顔モードが利用可能。原型を留めつつ美しくなるようなナチュラル系の味付けだった。

動画撮影時の手ブレ補正:定点撮影向き

Rakuten Handは動画の撮影能力はそれほど高くない。撮影できる解像度はFHDとHDのみでどちらも30FPSの固定となっている。

手ブレ補正はオン・オフの項目が無く、歩き撮影では大きくブレる。画質は悪くないので撮影するなら定点が良さそうだ。

Rakuten Handの実機レビューまとめ

Rakuten Hand

Rakuten Handを触ってきたが税込2万円という価格で考えると、その出来栄えは非常に良い部類のスマートフォンである。

コンパクト&スリムな筺体による扱いやすさ、高精細で美しいディスプレイ、サクサク動くパフォーマンス、適当でも綺麗に撮影できるカメラと魅力が多い。

5Gに非対応であることは残念だが、それも価格的に納得できるので大きなデメリットには感じていない。

Rakuten Handはこんな方におすすめできそうだ。

  • 片手での操作感を重視している
  • 写真撮影することが多い
  • サクサク動くスマホが良い

端末価格も非常に安く仕上がりも良いので、レビューを参考に検討してみて下さい。

楽天モバイルは、1年の利用料金が無料のキャンペーン中。Rakuten Handも発売キャンペーンで実質0円。1年間の通信費と最新のRakuten Handが実質0円で手に入るのは非常に魅力的である。

Rakuten Handが気になるなら、在庫切れやキャンペーンが終了する前に手に入れておくことをオススメする。

■楽天モバイル専売!■

初出時価格→20,000円

過去最安値→20,000円
▼端末価格20,000円!初めて申し込みなら26,999ポイント還元!実質0円以下!↓

Rakuten Handの口コミ・評判

Rakuten Handを使っているTwitterユーザさんへ。使用感・写真作例、良かった点・不満点など何でもいいので評価を募集中!内容に公序良俗の問題がなければ口コミとして掲載させていただきます!

以下の内容をコピーして感想ツイートをお願いします!

端末名:Rakuten Hand
#ガルマックスユーザレビュー

ページトップへ