ワイモバイル バナー ヘッダー

「Realme GT 5G」発表!5万円台のSnapdragon 888搭載モデル、発売日は3月頃

Realmeが新スマホRealme GT 5Gを発表。4~5万円台の価格でハイエンドSoC「Snapdragon 888」を搭載した最高クラスの性能を持つコスパ優秀ハイエンドモデルです!発売日は3月頃!

Realme GT 5Gのハイライト
・ハイエンドクラスのスペック、冷却機構も搭載
・高速表示対応のヌルサク有機ELディスプレイ搭載

・6,400万画素メインのトリプルカメラ搭載

・対応周波数は大手キャリアすべてに合致している

RealmeがRealme GT 5Gを発表

Realme GT 5Gの特徴は以下の通り!

最高クラスの性能を持つ

▼Realme GT 5GのSoCはSnapdragon 888を搭載。快適に使えるか否かについては、もはや心配することはないでしょう!日常使いはもちろんのこと、ゲームだってサクサクこなせちゃいます。

▼ゲームプレイをメインとするユーザーさんにとって魅力となる冷却ギミックも搭載!長時間ゲームしても発熱しにくく、パフォーマンスの低下を抑えてくれるのも魅力です!↓

120Hz表示対応でヌルヌルサクサクの有機EL画面を搭載

Realme GT 5Gの画面はサイズが6.43インチの大型サイズ。大きいためWEBサイトやマンガ、ゲームに動画視聴といったシーンで見やすさに期待できるサイズとなります(`・ω・´)。

▼さらに材質は高級テレビと同じ有機ELを採用したことで発色、見栄えの良さにも期待できます!そしてスクロールした際に「ヌルヌルサクサクさ」を感じさせる120Hz表示(一般的モデルの2倍なめらか)に対応しており、非常に満足度高そうな仕上がりなのもイイ!↓

カメラは64MPメインのトリプルカメラ構成

Realme GT 5Gのカメラはメインカメラが6,400万画素の高解像度カメラとなっております!AIカメラに対応しているため、被写体を認識し、自動で色彩の調整をしてくれるためインスタ映えを狙いやすいのが魅力!

▼サブカメラは超広角カメラとマクロカメラを搭載しているので、広い風景を一枚の写真にしたり被写体に近づいてアップしたマクロな撮影も楽しめるという構成になっております!ただし画素数は800万200万画素と低めなのはご愛嬌ってやつですな。↓

▼写真だけでなく動画撮影性能もさらに進化しており、ナイトモードでの動画撮影にも対応しているのが特徴的です!オンにすることで、暗所での動画撮影がより明るく撮影できるとのこと。動画を多く撮る人にとって嬉しい部分ですね(`・ω・´)。↓

対応周波数が充実なのもナイスだぜ

Realme GT 5Gは海外スマホながら、日本国内の大手キャリアの主要周波数に合致している記載があります!通常だとコストを削る関係上対応しているのはソフトバンク回線のみ、など削られがちだったんですが、その点しっかり対応記載があるのが嬉しいポイントですね!

あくまで周波数が合致しているという記載で、現時点では実際に通信できる確証はありませんが、どこの通信回線を使っててもRealme GT 5Gで使える(かも)ってのはスマホにおいて大事な部分なので、その点では実にRealme GT 5Gはえらいなぁと感心モンです(`・ω・´)。

まとめ:最高クラスのハイエンドが5万円とコスパが光る

発売日は3月頃。上述にあるようにRealme GT 5Gは最高クラスの性能を持ち、「わたしゃFPSゲームが大好きなんじゃぁ」的なガチ目なゲーマーさんの欲求に応えられるスペックが魅力!しかもイヤホンジャックもあるし。

さらにSnapdragon 888を搭載しつつも価格は4.8万円~5.6万円というRealmeらしいコスパの良さも良い!実際は販売サイトによって価格は変動するんですが、純粋にハイエンドスマホを触りたいって方にとってこのモデルは実に魅力に映りそうすね。

コストを削っているなって感じる部分もあって、カメラは望遠カメラがなく、しかも超広角カメラ、マクロカメラの画素数も低いので、その点において割り切りは必要といえるでしょう。カメラにこだわらずゲームや普段使い重視!なユーザーさんにオススメといえそうです。

▼Realme GT 5Gの詳細なスペック・対応バンドはこちら↓

Realme GT 5Gのスペック・対応バンドまとめ

ページトップへ