Realme X7のスペックまとめ!65W充電、有機EL、4眼カメラ、5G対応で2万円台の高コスパモデル

 

▼AmazonでiPhoneの整備済み品。旧機種が安い。180日間保証付き。↓

【おすすめ】Amazon Renewed (Amazon整備済み品)

Realme X7

見た目も性能もドハデな新型ミドルハイモデルRealme X7のスペックをご紹介!5G対応、6,400万画素搭載クアッドカメラ、65W充電と高いスペックを誇りつつ驚異的なコスパまで持ち合わせた驚きのモデルっすよ!

Realme X7の詳細なスペック(仕様表)

スペック表の信頼度
信頼度 参照先:公式
信頼度:高
製品情報
端末名 X7
発売年 2020年9月
発売地域 海外:SIMフリー
メーカー Realme
対応バンド・周波数・ネットワーク
3G W-CDMA:1 / 2 / 4 / 5 / 6 / 8 / 19
4G LTE FDD LTE:1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 7 / 8
TD-LTE:34 / 38 / 39 / 40 / 41
5G NR Sub6:n1 / n41 / n77 / n78 / n79
Wi-Fi 802.11 a/b/g/n/ac
Bluetooth 5.1
SIMサイズ・スロット デュアルスロット(Nano SIM×2)
ネットワーク関連備考 2回線同時待ち受け対応
本体仕様
ディスプレイ 6.4インチ/有機EL/画面占有率90.8%
タッチサンプリングレート180Hz
解像度 2,400×1,080(FHD+)
画面比率 20 : 9
画素密度 411ppi/高精細でドットの粗さは気にならない
サイズ 高さ:160.9mm
横幅:74.4mm
厚さ:8.1mm
重さ 175g
本体色 レインボー系/ホワイト系/ブルー系
システム仕様
OS realme UI
Android 10ベース
CPU(SoC) Mediatek Dimensity 800U
メモリ/保存容量
組み合わせ メモリ6GB+容量128GB
メモリ8GB+容量128GB
ストレージカード 非対応
カメラ
メインカメラ ①64MP(メイン、f/1.8)
②8MP(超広角、119°、f/2.2)
③2MP(マクロ、f/2.4)
④2MP(モノクロ深度測定、f/2.4)
特性:PDAF、ポートレート、マクロ
AI:対応
ナイトモード:対応
手ぶれ補正:対応
センサーサイズ:非公表
PXサイズ:非公表
前面カメラ パンチホール式インカメラ
画素数:32MP(メイン、f/2.5、画角85°)
ビューティーAI:対応
手ぶれ補正:対応
センサーサイズ:非公表
PXサイズ:非公表
機能仕様・センサー
GPS GPS、GLONASS、BDS、GALILEO、QZSS
センサー 加速度センサ、近接センサ、ジャイロ、コンパス
※指紋、顔認証対応有無非公表
防水/防塵 非対応
イヤホンジャック なし
NFC 非公表
バッテリー
バッテリー容量 4,300mAh
充電 有線充電:65W
ワイヤレス充電:非対応
逆充電:非公表
ポート USB Type-C
その他
公式サイト

Realme X7

スペック表に関する免責事項

SoCはDimensity 800U!AnTuTu総合で34万点クラスの性能

Realme X7

Realme X7には新型MediaTek製SoCのDimensity 800Uを搭載しております!

出たてのSoCのためAnTuTu参考値はまだ明らかではありませんが、公式にて総合スコアが340,000点超えと発表しております!

単純なスコアで言えば、ミドルハイSoCであるSnapdragon 765Gよりも高いので、ハイエンドに迫る性能を持つミドルハイではかなりの実力を持つ端末ということがうかがえますね!

さらにメモリ(RAM)は最低6GBを搭載し、ハイエンドモデルなみの大容量なのでアプリの動作安定性は高そう!また保存容量は128GBと大きく、普段使いではまずストレスを感じなさそうなステキな性能帯といえますね。

レインボーに光る美しいルックスがヤバい!

▼端末のボディデザイン!まるで宝石のような美しさで所有欲を存分に満たしてくれそうです!カラーは3色展開となります。↓

Realme X7
ホワイト系(幻梦白)
Realme X7
ブルー系(海屿蓝)

▼そして注目はこのレインボーカラー!角度を買えると様々な色に変わり、スマホというよりも真珠といった宝石類のようなヤバすぎる美しさ。さらに大きくロゴまで印字されており、メチャクチャ目立つこと間違いなしなルックスです。↓

Realme X7
レインボーカラー(C位色)

ディスプレイは大画面!有機ELで美しい表示

▼端末はディスプレイがハイエンドモデルのような大画面ルックスとなっており、左上にはインカメラ用の小さなパンチホールが配置されております!さらに有機EL素材を採用しており、美しい発色、そして引き締まった真の黒色を楽しめるのも魅力的!↓

Realme X7
サイズは6.4インチ、解像度は2,400×1,080(FHD+)、パンチホール形状の有機ELディスプレイ

またこの端末はタッチサンプリングレートが180Hzに対応しております!このタッチサンプリングレートは「タッチを認識する間隔」を指し、高いほど「タッチの応答速度が向上する」というものなんです。

そのため従来モデルよりも高いタッチサンプリングレートを持つ端末は、一般的なモデルと比べよりきびきびした、正確なタッチ操作ができる!というわけなんですね。ゲーミングシーンでより快適にあそべそう!

クアッドカメラ搭載!マクロ、モノクロも搭載

▼端末は背面に4つのカメラを搭載したクアッド式カメラとなっております!さらにサブカメラにはマクロとモノクロカメラを搭載しており、近距離接写撮影ができるのはもちろん、より明暗のはっきりした写真品質に期待できます。↓

Realme X7
「6,400万画素のメイン」+「800万画素の超広角」+「マクロ」+「モノクロポートレート」のクアッド構成

▼メインカメラは高い画素数なので、写真の精細さはもちろん、ある程度ズームしてもキレイなままを保てそう!色彩がバッチリ濃く鮮やかで、日常使いではかなり満足度高そうです。↓

Realme X7
Realme X7 サンプル写真(メイン)

▼さらにナイトモードに対応しており、夜間の撮影や夜景を撮る際は明るく、かつ白飛びを抑えた写真に期待できます!サンプル写真がメッチャキレイ。このクオリティならSNSにポーンとどんどん飛ばしたくなりますな。↓

Realme X7
Realme X7 サンプル写真(ナイトモード)

▼サブカメラは超広角カメラを備えております!119°と画角が広く、メインカメラではとらえきれない範囲も写せるので風景撮影にうってつけ!よりダイナミックで、旅先の思い出つくりもバッチリといえるでしょう!↓

Realme X7
Realme X7 サンプル写真(超広角)

▼そしてこのRealme X7、自撮り撮影性能も高く、ビューティーモードでよりキレイな自撮りを撮れるのはもちろん、ポートレート、ナイトモードにも対応しているんです!セルフィー好きなユーザーさんから見ても満足度高そうで期待!↓

Realme X7
Realme X7 サンプル写真(インカメラ・ビューティー&ポートレート)
Realme X7
Realme X7 サンプル写真(インカメラ・ナイトモード)

超急速充電は65Wという高出力に対応!

▼Realme X7のバッテリー容量は4,300mAhと大容量で電池持ちに期待はもちろんできますが、特筆すべきはその充電の速さ!なんと専用充電器を使えば、65Wという超高速規格に対応しており、わずか33%あれば満タンまで充電できるという速さなんす。↓

Realme X7

使用状況によっては充電の速さは異なるものの、少なくとも日常使いにおいてはバッテリーの場面で困ることはほとんど無いでしょう。ちょっとした休憩時間や朝起きて支度する際といった短時間でも、Realme X7なら満足に充電できそうです!

Realme X7の対応バンド

Realme X7は海外スマートフォンなので技適に関してはご留意下さい。

docomo回線の電波バンド対応状況

Realme X7は4Gで重要なバンドのうちバンド1・3に対応していますが、地下や郊外の繋がりやすさを左右するバンド19に対応していないので電波強度が弱くなる場合があります。

▼ガルマックスがオススメするドコモ回線の格安SIMはこれ!↓

またRealme X7はドコモで提供されている5G NRのうちSub6のn78・n79に対応しています。5G NRはエリアが狭いので繋がる場所はまだ少なく今後エリアが拡大していくバンドです。

ドコモの電波バンド(周波数帯) バンド対応
Band1(4G FDD LTE/2.1GHz)重要
Band3(4G FDD LTE/1.8GHz)重要
Band19(4G FDD LTE/800MHz)重要 ×
Band21(4G FDD LTE/1.5GHz) ×
Band28(4G FDD LTE/700MHz) ×
Band42(4G TD LTE/3.5GHz) ×
n78(5G NR Sub6/3.6~3.7GHz)重要
n79(5G NR Sub6/4.5~4.6GHz)重要
n257(5G NR ミリ波/27.4~27.8GHz) ×

Softbank・ワイモバイル回線の電波バンド対応状況

Realme X7は4Gで重要なバンド1・3・8に対応しているので実用に問題はありません。

▼ガルマックスがオススメするソフトバンク&ワイモバイル回線の格安SIMはこれ!↓

またRealme X7はソフトバンクで提供されている5G NRのうちSub6のn77のみ対応しています。5G NRはエリアが狭いので繋がる場所はまだ少なく今後エリアが拡大していくバンドです。

ソフトバンクの電波バンド(周波数帯) バンド対応
Band1(4G FDD LTE/2.1GHz)重要
Band3(4G FDD LTE/1.8GHz)重要
Band8(4G FDD LTE/900MHz)重要
Band11(4G FDD LTE/1.5GHz) ×
Band28(4G FDD LTE/700MHz) ×
Band41(4G TD LTE/2.5GHz)
Band42(4G TD LTE/3.5GHz) ×
n77(5G NR Sub6/3.9~4.0GHz)重要
n257(5G NR ミリ波/29.1~29.5GHz) ×

au回線の電波バンド対応状況

Realme X7は4Gで重要なバンドのうちバンド1のみ対応していますが、全国区をカバーするバンド18(26)に非対応なので多くのエリアで電波の強度が弱くなる場合があります。またauはバンドが対応していても通信できない場合があります。通信できる確証を得てから検討して下さい。

▼ガルマックスがオススメするau回線の格安SIMはこれ!↓

またRealme X7はauで提供されている5G NRのうちSub6のn77・n78に対応しています。5G NRはエリアが狭いので繋がる場所はまだ少なく今後エリアが拡大していくバンドです。

auの電波バンド(周波数帯) バンド対応
Band1(4G FDD LTE/2.1GHz)重要
Band18(4G FDD LTE/800MHz)重要 ×
Band26(4G FDD LTE/900MHz)Band18を内包 ×
Band28(4G FDD LTE/700MHz) ×
Band41(4G FDD LTE/2.5GHz)
Band42(4G TD LTE/3.5GH) ×
n77(5G NR Sub6/3.7~3.8GHz・4.0~4.1GHz)重要
n78(5G NR Sub6/3.7~3.8GHz)重要
n257(5G NR ミリ波/27.8~28.2GHz) ×

楽天モバイル回線の電波バンド対応状況

Realme X7は4Gで重要なバンドのうちバンド3のみ対応していますが、楽天モバイルのパートナー回線(au回線)であるバンド18に対応していないので多くのエリアで電波の強度が弱くなる場合があります。また楽天モバイルはバンドが対応していても通信できない場合があります。通信できる確証を得てから検討して下さい。

▼300万人まで月額料金が1年間無料!まだ申し込んでない人は↓

またRealme X7は楽天モバイルが提供する5G NRのうちSub6のn77のみ対応しています。5G NRはエリアが狭いので繋がる場所はまだ少なく今後エリアが拡大していくバンドです。

楽天モバイルの電波バンド(周波数帯) バンド対応
Band3(4G FDD LTE/1.8GHz)重要
Band18(4G FDD LTE/800MHz)重要 ×
Band26(4G FDD LTE/900MHz)Band18を内包 ×
n77(5G NR Sub6/3.8~ 3.9GHz)重要
n257(5G NR ミリ波/27.0~27.4GHz) ×

まとめ:3万円あれば手に入る凄まじいコスパモデル

Realme X7

このRealme X7はとてもリッチな見た目でキレイな有機ELディスプレイ、クアッドカメラに65W急速充電、そして5G対応と全体的にミドルハイモデルでも性能の高さが魅力ですが、それ以上にコスパがエグいレベルで高いんです!

なんとこのRealme X7、価格は1,799元、日本円ではなんと約28,000円という驚異的な安さなんです!あくまで定価なのでECサイトによっては価格が変わることもありますが、それにしてもこのコスパの高さは流石Realmeといえるでしょう!

筆者としてはかなり実機を拝みたい端末。特にレインボーがほしいなぁ。間違いなく要注目な端末といえる1台なのでした!

▼兄弟機のRealme X7 Proのスペックはこちら!↓

Realme X7 Proのスペックまとめ!3万円台ながら120Hz表示、65W充電対応のハイエンドコスパ機!

Realme X7の発売時期と価格・購入先

Realme X7の発売時期は9月頃で価格は以下の通り!

  • メモリ6GB/容量128GB:1,799元(約28,000円)
  • メモリ8GB/容量128GB:2,399元(約37,500円)

購入先については取り扱いショップが判明したら追記します、アップデートをお待ち下さい!

ページトップへ