ガルマックスの猶木(ナオキ)です。【楽しく面白く的確に】をコンセプトにデジタル製品の様々な話題を書いて生きています。スマホやPCガジェットが大好きでスペック表とにらめっこするのが趣味です。製品発表会のお誘いや執筆依頼などお問い合わせ下さい。

AGPTEKのボイスレコーダーのレビュー。高価格モデルと同等の性能で3,500円

AGPTEK ボイスレコーダー

どうも、ガルマックスの猶木(なおき)です。

僕は仕事柄、新製品の発表会に行くことや様々な企業さんと打ち合わせすることが多いのですが、話した内容を記録できるボイスレコーダーは必ず持って行きます。

今まで超小型なボイスレコーダーを持ち歩いているのですが、ディスプレイが搭載されていない、有線イヤホンが無いと出先で録音内容が確認できない、充電中は利用できないなど、小型故のデメリットもあり買い替えを検討してました。

でも、高性能なボイスレコーダーってめちゃくちゃ高いんですよ。家電量販店では軒並み10,000円前後。一度は買いに行ったのですが高価だったのでスルーして帰ってきちゃいました。

高いけど、購入しようか迷ってたところ、運良くAGPTEKさんから最新のボイスレコーダーのレビュー依頼が来たので迷うこと無くレビューを引き受ける事に。

暫く使っていますが問題も無く、非常にクリアに録音できて扱いやすい製品でした。最近はガチの新製品発表会や打ち合わせで持ち歩いてます。

※本製品はガルマックス限定割引クーポンが発行されている製品です。割引クーポンを適応すると10%オフで購入可能です。割引クーポンは記事の最後に記載しているのでご購入の際はご活用下さい。

AGPTEKのボイスレコーダーの総合評価

[良かった]

  • 価格が3500円で超安価
  • 安価だけれどディスプレイ付き
  • 安価だけれどステレオ録音
  • 安価だけれど高音質でCD並の音質で録音できる
  • 安価だけれど高機能
  • 24時間以上の連続録音が出来るので録音時間に不満が無い
  • 充電しながら録音できる

[イマイチ]

  • 充電ケーブルがMiniUSB

[総合評価]

僕が家電量販店で比較した限り、AGPTEKのボイスレコーダーは価格帯が7,000円~8,000円くらいの製品と同等性能、同等機能です。外観こそややチープ感がありますが、実用的で3ありながら価格は3,500円。価格を考えると文句のない出来栄えでした。

個人的には[ディスプレイ付き][ステレオ録音][フォルダ分け機能][充電しながら利用できる仕様]のボイスレコーダーを探していたのですが、全てクリアしています。

会議、英会話などの習い事、打ち合わせ、発表会など、文字入力や写真撮影などでは補いきれない部分をボイスレコーダーががっちり記録してくれるので非常に有り難いデバイスです。

もし、会議やイベント、打ち合わせや習い事で「あの時、何言っていたか思い出せない」という経験をしたことのある方は、是非、AGPTEKのボイスレコーダーを使ってみて下さい。

▼執筆時点の価格は3,500円。セールなどで価格が変動するのでリアルタイム価格は以下からチェックをどうぞ。↓

AGPTEK ボイスレコーダーのスペック

項目 仕様
メモリ容量 8GB
ビットレート 最大1536kbps
録音時間 最大36時間
ディスプレイ 搭載(バックライト付き)
フォルダ分け A又はBの2つに分ける事が可能
充電しながら録音 対応
マイク ステレオ
サイズ 9.4 x3.6 x 1.3 cm
重量 42g

大体、7,000円~8,000円位で売られているボイスレコーダーと同等性能・機能です。これが3,500円で購入可能なので非常にコスパが高いです。

AGPTEKを使ってみた結果!

それでは実際に開封してAGPTEK ボイスレコーダーをチェックしてみましょう。

日本語の説明書も付属しています

▼こんな感じの英語パッケージに入って届きました。↓

AGPTEKは英語パッケージでした

▼付属の取扱説明書は英語でしたが、別途日本語の詳しい取扱説明書が箱に入っていました。嬉しい配慮です。

AGPTEKには日本語の専用取扱説明書も同梱されていました。

ボイスレコーダー自体の操作は非常に簡単なので、日本語の取扱説明書を一読すると使い方に困る事も無いはずです。

外観はややチープ。ボタン類の操作性は良好

市販で売られている7,000円~8,000円代のボイスレコーダーと比較して大きく異なっていたのが外観の品質。

▼結構、プラスティック感が強くマイク部分もクロームメッキ仕様でチープ感が漂います。但し、3,500円の製品であることを考えると上々な質感です。

AGPTEKはチープ感が漂う外観ですが3500円であることを考えると納得

▼本体の大きさは一般的なサイズですが非常に軽量です。ボタンの操作性も良いです。↓

AGPTEKはわずか40g台で非常に軽量です

▼本体右側面にはMENUやMODE、ボリュームキー、誤った操作を防ぐスライド式のホールドスイッチが備わっています。↓

▼本体左側面にはマイク端子、イヤホン端子、充電端子、スライド式の電源スイッチが備わっています。↓

充電端子はMiniUSBではなく、MicroUSBがよかった

▼AGPTEK ボイスレコーダーの充電及びデータ転送用の端子はMiniUSBでした。↓

AGPTEKの充電端子はMiniUSBでした

スマートフォンなどで採用されているMicroUSBなら持ち歩くケーブルが少なくて済むのですが、MiniUSBを採用しているのでAGPTEK ボイスレコーダーのためだけにケーブルを持ち歩くのが結構億劫です。

暗所でも録音状況が把握出来るディスプレイ

▼AGPTEK ボイスレコーダーにはバックライト付きのディスプレイが備わっています。↓

AGPTEKのボイスレコーダーは暗所でも視野性の良いバックライト付き

録音の品質やバッテリー残量、ボリュームレベルや録音時間、録音ファイル数、保存フォルダ先などが簡単にチェック出来るので非常に重宝しています。

充電しながら録音可能

モバイルバッテリーやスマホの充電器などから充電中も録音が可能です。

AGPTEK ボイスレコーダーは録音しながら充電が出来ます。

充電中はバッテリーマークが点滅して充電中であることを確認できるのですが、この時にスイッチをオンにしてMENUボタンを押すことで、充電しながらホーム画面を表示可能です。あとはいつも通り録音すると充電しながら録音が可能です。

注意ポイントですが、ノートパソコンに接続した時は充電ではなくPCモードに推移して、AGPTEK ボイスレコーダーのファイルをPCから確認できるモードとなります。

検証してみましたが、本体の充電はPCからは不可(強制的にデータをやり取りするPCモードのデータ通信になるので充電不可)となるので、本体の充電はモバイルバッテリーやスマホの充電器を利用しましょう。

出先で充電がなくなってもモバイルバッテリーから充電して録音できるのでかなり扱いやすい仕様となっています。

シーンに応じてフォルダ分けが出来る

例えば、午前中はA社、午後はB社と打ち合わせするようことも多いのですが、AGPTEK ボイスレコーダーはA又はBの2つのフォルダを指定して録音内容を記録出来ます。

▼どちらのフォルダに録音内容を記録しているのかディスプレイからチェック出来ます。以下はAフォルダを指定。↓

AGPTEK ボイスレコーダーはフォルダを分けて録音データを保存できます。

僕は録音シーンを把握するために、こまめに録音を区切ります。例えば新製品発表会では端末外観のプレゼンと端末仕様のプレゼンで分けてます。

この様に細かく録音を区切るので、複数の会社と打ち合わせした時に何番目の録音ナンバーまでがA社で、どこからB社か分かりづらくなってしまいます。

このような複数の会社と打ち合わせする時にフォルダを分けて録音できるので、後の録音内容を聴く際に目当ての録音内容を探しやすいです。

ピンマイクが付いているので動き回りながらの録音もバッチリ

▼AGPTEK ボイスレコーダーにはマイク端子が備わっており、ピンマイクも同梱されてます。

AGPTEK ボイスレコーダーにはピンマイクが同梱されているのであるきながらの録音にも適している。

例えば製品の見本市などで会場を歩き回りながらスタッフと製品の事について会話するときなど、ボイスレコーダーを手元に持って歩き回りにくいシーンでピンマイクは非常に役立つアイテムです。

これまで利用していたボイスレコーダーはマイク端子が備わっておらず、このような利用はできなかったのですが、AGPTEK ボイスレコーダーのピンマイクは実際に利用して非常に便利でした。これは見本市では手放せないかも。

いつでも録音内容を聴くことが出来る

▼AGPTEK ボイスレコーダーにはイヤホンが付属しており録音内容をどこでも聴く事が出来るだけでなく、スピーカーも搭載しているので本体のみでも録音内容を確認できます。↓

AGPTEK ボイスレコーダーにはイヤホンが同梱されているのでいつでも録音内容を聞くことが出来ます。また、スピーカーも搭載されているので録音内容を共有することだって出来ます。

電車の移動中は周りの迷惑とならないようにイヤホンを利用して録音内容を確認することはもちろん、誰かと録音内容をスピーカーで鳴らして共有することも可能です。

固定電話の通話を録音できる

▼これはかなり便利な機能。電話線を接続するアタッチメントが同梱されており、固定電話の通話を簡単に録音できます。

AGPTEK ボイスレコーダーは固定電話を録音するためのアタッチメントも付属しています。

何か重要なやり取りの電話内容を記録したい場合などに便利ですよね。AGPTEK ボイスレコーダーは3,500円ながら固定電話を録音できるアタッチメントも全て付属しているのもGood!

MusicプレイヤーやUSBメモリとしても活用できる

まず、AGPTEKですが、Amazonで検索すると低価格で高品質なMusicプレイヤーを数多くリリースしているメーカーであることが伺えます。

という訳で、AGPTEK ボイスレコーダーにはMusicモードが備わっています。PCに接続すると、前述したフォルダA、Bの他にMusicのフォルダも表示されており、簡単に音楽データを放り込める様になってます。

また、AGPTEK ボイスレコーダーの搭載している記録領域を利用してUSBメモリー代わりとしても利用できます。

完全にオマケ的な機能ですが、USBメモリー機能はちょっとしたデータのやり取りに便利に利用できています。

AGPTEK ボイスレコーダーまとめ

いかがでしたでしょうか?

僕は仕事柄、ボイスレコーダーは必須デバイスなので機能、録音品質共にAGPTEK ボイスレコーダーは大満足な製品でした。

これだけ低価格でありながら同梱品も充実しており、別途購入するアタッチメントなどもなく様々なシーンで活用できるのは有り難いです。

ガッツガツ仕事で使っていますが、今のところ録音出来ていなかったというトラブルも全くありません。

ボイスレコーダーを使っちゃうと便利さに手放せなること必須です。モノとしては非常に安価でありながら高性能な製品なので是非お試しください。

AGPTEKさまのご厚意で1/15まで利用できる割引クーポンを頂いています。適応すると10%オフで購入可能です。

割引クーポン:Z8SUKD8R

▼本記事のジャンル以外の製品も数多く実機レビューを書いています。宜しければどうぞ!↓
ページトップへ