ワイモバイル バナー ヘッダー

「AQUOS zero6」と「AQUOS zero5G Basic」の違いを比較

SHARPのAndroidスマホ「AQUOS zero6」と前機種である「AQUOS zero5G Basic」の違いを比較しました。

AQUOS zero6とAQUOS zero5G Basicの性能を比較

AQUOS zero6はAQUOSのフラッグシップシリーズ「AQUOS zero」の4代目モデルです。スペックのクラス帯としては、先代モデルにあたるAQUOS zero5G Basicと同様にミドルハイスペックとなっております。

AQUOS zero6とAQUOS zero5G Basicの性能を比較した表がこちら。

製品情報 AQUOS zero6(Snapdragon 750G) : AQUOS zero5G Basic(Snapdragon 765)
端末名 AQUOS zero6 AQUOS zero5G Basic
型番/別名 au版:SHG04 au版:AQUOS zero5G basic DX SHG02
発売年 2021年10月 2020年10月
発売地域 日本:au、ソフトバンク、楽天モバイル 日本:au、ソフトバンク
メーカー SHARP SHARP
備考 日本キャリア版 日本キャリア版
対応バンド・周波数・ネットワーク AQUOS zero6(Snapdragon 750G) : AQUOS zero5G Basic(Snapdragon 765)
3G ▼au版↓
非公表

▼ソフトバンク版↓
W-CDMA:1 / 2 / 4 / 5 / 8

▼楽天モバイル版↓
W-CDMA:1 / 2 / 4 / 5 / 8
▼au版↓
非公表

▼ソフトバンク版↓
W-CDMA:1 / 2 / 4 / 5 / 6 / 8 / 19
4G LTE ▼au版↓
非公表

▼ソフトバンク版↓
FDD LTE:1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 7 / 8 / 12 / 17 / 18
TD-LTE:38 / 41 / 42

▼楽天モバイル版↓
FDD LTE:1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 7 / 8 / 12 / 17 / 18
TD-LTE:38 / 41 / 42
▼au版↓
非公表

▼ソフトバンク版↓
FDD LTE:1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 7 / 8 / 12 / 17 / 18 / 19 / 28
TD-LTE:38 / 41 / 42
5G NR ▼au版↓
非公表

▼ソフトバンク版↓
Sub6:n3 / n28 / n77 / n78
ミリ波:n257

▼楽天モバイル版↓
Sub6:n3 / n28 / n77 / n78
ミリ波:n257
▼au版↓
非公表

▼ソフトバンク版↓
Sub6:n3 / n28 / n77 / n78
ミリ波:非対応
Wi-Fi 802.11 a/b/g/n/ac 802.11 a/b/g/n/ac
Bluetooth バージョン:5.1
コーデック:SBC / AAC / aptX / aptX Adaptive / aptX HD / LDAC
バージョン:5.1
コーデック:SBC、AAC、aptX、aptX adaptive、aptX HD、LDAC
SIMサイズ・スロット シングルスロット(Nano SIM+MicroSD)+eSIM シングルスロット(Nano SIM+MicroSD)
ネットワーク関連備考 SIMロックなし SIMロックあり(解除可能)
本体仕様 AQUOS zero6(Snapdragon 750G) : AQUOS zero5G Basic(Snapdragon 765)
ディスプレイ サイズ:6.4インチ
材質:有機EL
画面占有率:非公表
形状:ノッチ(水滴)
最大リフレッシュレート:120Hz(疑似240Hz)
最大タッチサンプリングレート:非公表
サイズ:6.4インチ
材質:有機EL
画面占有率:非公表
形状:ノッチ(水滴)
最大リフレッシュレート:120Hz(疑似240Hz)
最大タッチサンプリングレート:240Hz
解像度 解像度:2,340×1,080(FHD+)
画面比率:19.5:9
解像度:2,340×1,080(FHD+)
画面比率:19.5:9
画素密度 403ppi/高精細でドットの粗さは気にならない 403ppi/高精細でドットの粗さは気にならない
サイズ 高さ:158mm
横幅:73mm
厚さ:7.9mm
高さ:161mm
横幅:75mm
厚さ:9mm
重さ 146g 182g
本体色 ブラック系、ホワイト系、パープル系 ブラック系、ホワイト系、ブルー系
※au版はブラック系/ホワイト系の2色
システム仕様 AQUOS zero6(Snapdragon 750G) : AQUOS zero5G Basic(Snapdragon 765)
OS Android 11 Android 10
CPU(SoC) Qualcomm Snapdragon 750G Qualcomm Snapdragon 765
AnTuTuベンチマーク

総合スコア約325,000点
GPUスコア約77,500点
(AnTuTu v8参考値)

総合スコア約300,000点
GPUスコア約85,000点
(AnTuTu v8参考値)

メモリ/保存容量 AQUOS zero6(Snapdragon 750G) : AQUOS zero5G Basic(Snapdragon 765)
組み合わせ メモリ8GB+容量128GB メモリ6GB+容量64GB
メモリ8GB+容量128GB
ストレージカード MicroSDカード対応(最大1TB) MicroSDカード対応(最大1TB)
カメラ AQUOS zero6(Snapdragon 750G) : AQUOS zero5G Basic(Snapdragon 765)
背面カメラ トリプルカメラ+ToF
①4,800万画素(メイン、f/1.8)
②800万画素(超広角、120°、f/2.4)
③800万画素(望遠、光学2倍ズーム、f/2.4)
AIカメラ:対応
ナイトモード:非公表
手ブレ補正:対応
センサーサイズ:非公表
PXサイズ:非公表
トリプルカメラ
①4,800万画素(メイン、f/1.8)
②1,310万画素(超広角、125°、f/2.4)
③800万画素(望遠、光学3倍ズーム、f/2.4)
AIカメラ:対応
ナイトモード:対応
手ブレ補正:対応
センサーサイズ:非公表
PXサイズ:非公表
インカメラ 水滴ノッチ式インカメラ
画素数:1,260万画素(メイン、f/2.3)
その他詳細非公表
水滴ノッチ式インカメラ
画素数:1,630万画素(メイン)
その他詳細非公表
カメラ備考 画質エンジン ProPix3 画質エンジン ProPix2
機能仕様 AQUOS zero6(Snapdragon 750G) : AQUOS zero5G Basic(Snapdragon 765)
GPS GPS、GLONASS、BDS(BEIDOU)、GALILEO、QZSS GPS、GLONASS、BDS(BEIDOU)、GALILEO、QZSS
生体認証・ロック解除 指紋認証:対応
顔認証:対応
指紋認証:対応
顔認証:対応
センサー 赤外線センサー:非公表
加速度センサー:非公表
近接センサー:非公表
ジャイロセンサー:非公表
電子コンパス:非公表
光センサー:非公表
赤外線センサー:非公表
加速度センサー:非公表
近接センサー:非公表
ジャイロセンサー:非公表
電子コンパス:非公表
光センサー:非公表
防水/防塵・タフネス等級 防水/防塵:IP68
耐衝撃:非公表
防水/防塵:IP68
耐衝撃:非対応
イヤホンジャック あり あり
NFC NFC:対応
FeliCa/おサイフケータイ:対応
NFC:対応
FeliCa/おサイフケータイ:対応
バッテリー AQUOS zero6(Snapdragon 750G) : AQUOS zero5G Basic(Snapdragon 765)
バッテリー容量 4,010mAh 4,050mAh
充電 有線充電:対応(規格非公表)
ワイヤレス充電:非公表
逆充電:非公表
有線充電:対応(規格非公表)
ワイヤレス充電:非公表
逆充電:非公表
ポート USB Type-C USB Type-C
スペック表のソース AQUOS zero6(Snapdragon 750G) : AQUOS zero5G Basic(Snapdragon 765)
参照元

【公式サイト】AQUOS zero6 – jp.sharp

【au版】AQUOS zero6 SHG04 – au

【ソフトバンク版】AQUOS zero6 – softbank.jp

【楽天モバイル版】AQUOS zero6 – 楽天モバイル

【公式サイト】AQUOS zero5G basic – jp.sharp

【au版】AQUOS zero5G Basic DX

【ソフトバンク版】AQUOS zero5G basic – softbank.jp

スペック詳細記事 AQUOS zero6のスペック・対応バンドまとめ AQUOS zero5G Basicのスペックまとめ!240Hzディスプレイ、Snapdragon 765搭載

AQUOS zero6とAQUOS zero5G Basicの違い

ざっくり言うとこんな感じです。

AQUOS zero6は、

  • SoCがSnapdragon 750Gに変更(AQUOS zero5G BasicはSnapdragon 765)
  • 7.9mmに薄型化、146gに軽量化(AQUOS zero5G Basicは9mm、182g)
  • 背面カメラの構成が変化し新画質エンジン「ProPix3」搭載
  • eSIMに対応
  • 5Gバンドはミリ波(n257)に対応

先代AQUOS zero5G Basicに引き続き、AQUOS zero6はミドルハイクラスのスペックとなっています!SoCはSnapdragon 750Gを搭載しており、普段使いは快適、ゲームは画質を落とすなど工夫は必要ですがしっかり動くというスペックになっています。

AQUOS zero6はAQUOS zero5G Basicよりも本体サイズがスリムになっています。高さは3mm、横幅は2mm、厚みは1.1mm小さくなっており、特に薄型化は確実に体感できる大きな変更ポイント!

また重量もAQUOS zero5G Basicの182gから146gとかなり軽量化されており、両者の持ち心地はかなり差を感じられそうですね!AQUOS zero6はまさにAQUOS zeroシリーズにふさわしい軽さといえます。

カメラはメイン+超広角+望遠という構成は同じですが、超広角カメラの画素数は1,310万画素から800万画素に、またインカメラも1,630万画素から1,260万画素に引き下げられています。しかし画素数は画質に直結するわけではありません。

ただし望遠カメラはAUQOS zero5G basicが3倍ズームだったのに対しAQUOS zero6では2倍ズームと倍率が下がっている点には注意です。

画質についてはAQUOS R6のカメラ技術を応用した新しい画質エンジン「ProPix3」を採用している点で進化した画作りが期待できそう。またToFによるレーザーAFに対応した事で薄暗いシーンでもピントが合わせやすくなっているとの事。

AQUOS zero6はeSIMに対応しています。物理SIMとのDSDVが可能であり、最近は色々なキャリアでeSIMのサポートが進んでいるのでこれは嬉しい進化ポイント。

電波の対応バンドは新たに5G NRのミリ波(n257)に対応しました。現時点で活用は難しいですが、今後エリアの整備が進んでいけば恩恵を受けられるかもしれません。

また4G LTEの対応周波数はソフトバンク版しか明らかになっていませんが、国内で用いるバンドである19と28に非対応となっています。AQUOS zero5G Basicよりもバンドが絞り込まれているので、使用場所、キャリアによって圏外率が上がる可能性があります。

まとめ

AQUOS zero6はAQUOS zero5G Basic同様にハイエンドではなくミドルハイスペックとなっており、ゲーミング重視モデルと言うにはいささか物足りなさを感じるかもしれません。

一方で先代モデルと性能帯はほぼそのままに、薄型と軽量化を実現しており、長時間使っていても疲れにくい設計なのがGood!またなめらかなスクロール表示もしっかり対応、防水防塵におサイフケータイもしっかり続投しています!

その反面、カメラのスペック自体は下げられている部分もあります。ただスペックだけでは実際の仕上がりはどういった風合いかはわからない部分もあるため、実機で撮影して確かめてみたいところですね。

AQUOS zero6はスペックの高さと機能性、そして軽量さを両立しているトータルスペックが仕上がった1台で、普段使いにおいてはかなり快適に扱えそうなモデルです。

▼AQUOS zero6の購入先は以下!↓

■今安い!セールピックアップ■
▼端末価格69,800円、初めて申し込みならポイント還元が5,000P!MNP乗り換えならさらに15,000P還元!↓

■MNO(通信キャリア)経由■

ページトップへ