ガルマックスの猶木(ナオキ)です。【楽しく面白く的確に】をコンセプトにデジタル製品の様々な話題を書いて生きています。スマホやPCガジェットが大好きでスペック表とにらめっこするのが趣味です。製品発表会のお誘いや執筆依頼などお問い合わせ下さい。

Lenovo Z6 Proのレビュー!忘れ去られたハイコスパスマホ[読者投稿]

Lenovo Z6 Pro

「Lenovo Z6 Pro」の実機レビューを読者様からご投稿頂きました!

投稿して下さいました「ただを」様、貴重な実機レビューありがとうございます!

ガルマックスでは読者様からの投稿レビューを様々な機種で募集しているので、ご興味の有る方は是非以下も御覧ください!

【対象端末追加】読者レビュー投稿フォームとレビュー対象リスト

目次をクリックすると各項目へ移動します

Lenovo Z6 Proの詳細なスペック表

スペック表の信頼度ランク
信頼度 参照先:公式
実機での情報確認済み
信頼度:高
製品情報
端末名 Lenovo Z6 Pro
発売年 2019年4月
発売地域 海外:SIMフリー
メーカー Lenovo
言語 日本語対応
Googleサービス対応
日本のスマホと変わらない使い心地
対応バンド・ネットワーク
2G 2/3/5/8
3G 1/2/5/8/34/39/BC0
4G 1/3/5/7/8/20/34/38/39/40/41
ドコモ対応状況

必須バンド非対応
圏外率が高くなったりエリアが狭くなります
プラチナバンド19非対応
FOMAプラスエリア非対応

ソフバン・ワイモバ対応状況

フル対応
プラチナバンド8対応

au対応状況

非対応

SIMサイズ・スロット NanoSIM×2
ネットワーク関連備考 2回線同時待ち受け対応
Wi-Fi 802.11 a/b/g/n/ac
Bluetooth 5.0
本体仕様
ディスプレイ 6.39インチ/有機EL/ノッチ付き/DCI-P3/HDR10/画面占有率85.3%
解像度 2340×1080/FHD+/画面比率19.5:9
画素密度 403ppi/高精細でドットの粗さは気にならない
サイズ 高さ:157.5mm 
横幅:74.6mm 
厚さ:8.7mm 
重さ 185g
本体色 レッド系/グリーン系
システム仕様
OS Android 9.0/ZUI 11
SoC Qualcomm Snapdragon 855
CPU Kryo 485×1、2.41GHz Kryo 485 ×3、1.78GHz Kryo 485 ×4(8コア)
GPU Adreno 640
ベンチマーク AnTuTu(参考値):総合スコア約360000点、GPUスコア約157000点
Geekbench 4(参考値):シングルコア約3400点、マルチコア約10000点
メモリ/保存容量
組み合わせ メモリ6GB+容量128GB
メモリ8GB+容量128GB
メモリ8GB+容量256GB
メモリ8GB+容量512GB
ストレージカード MicroSD対応/最大512GB/片方のSIMスロット共用
カメラ
メインカメラ 48MP+16MP+8MP+2MP/4カメラ仕様
F値1.8
光学手ブレ補正対応
前面カメラ 32MP/1カメラ仕様
F値2.0
カメラ備考 最大画素数/1080P、最大FPS/30FPS/光学手ブレ補正
機能仕様・センサー
GPS A-GPS、GLONASS、BDS
センサー 指紋認証(画面内蔵)、顔認証、加速度センサ、近接センサ、ジャイロ、コンパス
防水/防塵 非対応
イヤホンジャック あり
ネットワーク機能 NFC(FeliCa非対応/おサイフケータイ非対応)
バッテリー
バッテリー容量 4000mAh
充電 有線充電:18W(充電器は27W)、ワイヤレス充電:非対応
ポート USB Type-C
その他
価格 メモリ6GB/容量128GB:2899元~
公式サイト

Lenovo Z6 Pro

購入先/割引情報

公式ストア

端末詳細記事

ガルマックス詳細記事

対応バンドの解説などは以下の記事で詳しく書いているので御覧ください。

Lenovo Z6 Proのスペック、バンド、価格、特徴まとめ!

Lenovo Z6 Pro購入の決め手

最新CPUのSnapdragon855+光学手ぶれ補正付きクアッドカメラ+画面内指紋認証+大容量バッテリー+液冷機構+イヤホンジャック付きという、最新で欲しい機能を目一杯詰め込んだ機種にもかかわらず、Xiaomi Mi 9よりも価格が抑えられた良コスパですので、迷わず購入してみました。

Lenovo製のスマホはレビューなどで話題に上がることも少ないので、今回自分で性能を確かめてみようと思ったのがきっかけです。

購入後に感じた良いところ・イマイチなところ

良かった

  • ハイコスパであり、最新性能を手軽に体感することができます。
  • デザインの仕上がりが綺麗です。特に背面デザインの質感とカメラ配置は個人的にはとても好みでした。
  • 純正のTPUケースと画面保護シートが付属しますが、装着することで背面の凹凸がなくなるなど十分に使いやすいものでした。

イマイチ

  • 独自のZUI OSがまだ成熟段階にないように感じます。平たく言うと痒いところに手が届かないような使いにくさがあります。ただこれはROM焼きする人には無関係な話かもしれません。
  • iPhoneなどと同様にスワイプアクションによる操作が搭載されていますが、配置が他の機種と異なる上に変更できないので最初はかなり混乱するかもしれません。
  • 最新CPUのはずなのに何度試してもAntutuスコアがかなり低い値です。Lenovo機種は誇大広告をよくしているのでどうしても懐疑的になってしまいます。

Lenovo Z6 Proの購入先・購入金額・配送期間

Ali expressのセールを利用して、円換算で¥41835で購入できました。配送料は特別に課金したりしなかったので、注文後3週間ほどかけて到着しました。

Lenovo Z6 Proの付属品レビュー

Lenovo Z6 Proの付属品評価は5段階中
[★★★★★]星5つです!
(星の数が多くなるほど満足度が高くなります。)

高品質なケースと保護フィルムが付属

Lenovo Z6 Pro

本体以外には、USB Type-Cケーブル、充電器、SIMピン、簡易説明書、クイックガイド、TPUケース、画面保護シートが付属します。また充電プラグがEUのものでしたが、プラグ変換器がオマケでついてきました。

付属のケースと保護シートは非常に使い勝手がよく重宝します。最近のフラッグシップ機にしては珍しくイヤホンジャックを兼ね備えているので、変換ケーブルが必要ない点も満足です。

編集部コメント

付属の保護ケースは保護フィルムは品質が高く、また、パッケージ購入だけで保護系装備が揃うのは嬉しいポイント!Amazonでは専用のケースやフィルムの数が少ないのでありがたい付属品ですね!

Lenovo Z6 Proの外観・デザインレビュー

Lenovo Z6 Proの外観評価は5段階中
[★★★★★]星5つです!
(星の数が多くなるほど満足度が高くなります。)

美しい背面のグラデーションが凄く綺麗

背面のグラデーションデザインはカタログ通りで、本当に綺麗です。カメラの配置も他社フラッグシップ機とほぼ同一なので、美しいデザインに仕上がっています。ディスプレイはほぼ全面有機ELで文句はないのですが、ティアドロップ型のノッチについては好き嫌いが分かれるところではあると思います。個人的には特に気にならないので満足しています。

▼ディスプレイ↓

Lenovo Z6 Pro

▼背面↓

▼上部↓

Lenovo Z6 Pro

▼下部↓

Lenovo Z6 Pro

▼左側面↓

▼右側面↓

▼SIMトレイはSIM 1スロットがMicroSDと共用タイプ。↓

編集部コメント

個性的な背面カラーは公式サイトでも「すごく綺麗だな」と感じていたのですが、実機でも驚くほど綺麗だったようで安心しました!画面占有率も高いですがノッチ付きとなるので、この点は購入前に留意しておきましょう!いやー、外観が美しくて欲しくなってきた。

Lenovo Z6 Proのパフォーマンスレビュー

Lenovo Z6 Proのパフォーマンス評価は5段階中
[★★★★☆]星4つです!
(星の数が多くなるほど満足度が高くなります。)

Snapdragon 855らしからぬ性能。重めのゲームだとカクついた。不具合?

Webの閲覧や動画視聴などの一般的な使い方では動作の鈍さを感じることはありませんでした。最新CPUなのでゲームも快適に動作するかと思いきや、意外と3Dの重めのゲームだと若干カクつく印象を受けました。ただ液冷機構は優秀で、本体が発熱することはほとんど見られませんでした。

編集部コメント

この次に掲載している実機のAnTuTuスコアを見る限り、本来のパフォーマンスは発揮できていないような気がしますね。以下はYouTubeでアップされたAnTuTuのテスト結果です。

上記のテスト結果を見る限り、Lenovo Z6 ProのスコアはSnapdragon 855らしいスコアとなっています。実際の動作でも重めの3Dゲームだと若干カクつくという内容から、もしかすると全体的なパフォーマンスを制限するモードがオンになっているかもしれません。編集部ではLenovo Z6 Proの実機がまだ入手出来ていないので、”性能をセーブする機能”が実際に備わっているか定かではないのですが、明らかにSD855のスコアとはかけ離れているので、設定の見直しと、それでも改善しないようであればSoCの不具合も考えられるので、販売店へ相談したほうが良いかも知れません。

Lenovo Z6 Proの実機AnTuTuスコア

▼ただをさんのLenovo Z6 Proは総合スコアが269126点、3D(GPU)スコアが83307点でした!↓

Lenovo Z6 Proの機能や仕様レビュー

Lenovo Z6 Proの機能評価は5段階中
[★★★☆☆]星3つです!
(星の数が多くなるほど満足度が高くなります。)

ホーム画面とプリインストールアプリ

▼ホーム画面↓

Lenovo Z6 Pro

▼プリインストールアプリは以下の通り↓

独自のZUI OS(UI)は慣れが必要

独自のZUI OSが痒い所に手が届かないような使いにくさがありましたが、時間とともに慣れてゆくものかもしれません。

カメラUIは全画面フルに使える仕様になっており、シャッターボタンやモード変更ボタンが邪魔にならないように極力小さくなっているのが好印象でした。

画面内指紋認証は想像より早く認識してくれてストレスフリーで使えます。個人的にはXiaomi Mi 9の認証と同等かやや早い印象を受けました。液冷機構は優秀で、重めのゲームをしても本体が熱くなることはほとんどありません。

ソフトバンク系のSIMカードを利用していますが、特に問題なく接続できています。

日本語対応しているので扱いやすい部類のスマホ

日本語は最初から設定可能です。一部日付表示などが中華機種特有のズレ方をしていますが、その他には日本語化で不自由している点はありません。国内機種と遜色なく使うことが可能です。

編集部コメント

独自UIはメーカーが搭載する独自機能を把握するまでは扱いにくいかも知れませんね。これは日本で販売しているスマートフォンで独自UIを採用する端末は同じなので、使って慣れるしかなさそう。日本語が最初から設定できるのは、検討されていた方にとって嬉しい情報でしょう!

Lenovo Z6 Proのカメラレビュー

Lenovo Z6 Proのカメラ評価は5段階中
[★★★★★]星5つです!
(星の数が多くなるほど満足度が高くなります。)

幅広い撮影シーンに対応出来るカメラ

カメラは流行りの広角とマクロに対応していて、どんな場面にも対応した画角の写真が撮れます。AIとは別に夜景モードもきちんと備わっており、暗所に弱い印象は受けませんでした。インカメラの画質もとてもいいです。売りとなっている動画の手ブレ補正については実機ではあまり実感できていません。

Lenovo Z6 Proの実機カメラで撮影した写真

※縮小加工のみで画質調整は行っていません。

Lenovo Z6 Pro

Lenovo Z6 Pro

Lenovo Z6 Pro

Lenovo Z6 Pro

Lenovo Z6 Pro

編集部コメント

カメラに関しては概ね満足されているようで安心しました!実機で撮影した写真を見る限り、様々なシーンで活用できそうな印象です!特に夜間の写真ではノイズも比較的少なく、編集部で写真を見ても夜間撮影に弱いとは感じません!これくらいの写真が撮影出来るなら頻繁に写真を撮影する方も満足度が高そうです!

Lenovo Z6 Proのディスプレイ関連レビュー

Lenovo Z6 Proのディスプレイ評価は5段階中
[★★★★★]星5つです!
(※星の数が多くなるほど満足度が高くなります。)

画面占有率の高い有機ELディスプレイに満足

ディスプレイは有機ELで画面占有率も高いので満足しています。読書モードや色彩の調整などもできるので特に困ったようなこともありません。

編集部コメント

画面占有率が非常に高い端末なので迫力ある映像も楽しめそう。特に有機ELディスプレイは発色と黒色の表現力が液晶とは段違いなので、映画や動画も美しい映像で堪能できそうですね!

Lenovo Z6 Proのサウンド関連レビュー

Lenovo Z6 Proのサウンド評価は5段階中
[★★★☆☆]星3つです!
(※星の数が多くなるほど満足度が高くなります。)

イヤホン搭載は嬉しいが、スピーカーの位置は改善の余地あり

この手のフラッグシップ機にしては珍しくイヤホンジャックが搭載されている点が好印象でした。スピーカーが本体下部の右側にしかないので手で覆われてしまうこともあり、サウンド面はあまり期待しない方がよいかもしれません。

編集部コメント

最近は省かれがちなイヤホンジャックの搭載は嬉しいポイントですね!しかしながら、スピーカーが本体下部右側にしか備わっておらず手で覆われてしまう可能性があるとのことで、少々不満になりそう。出来れば次回作ではステレオスピーカーを搭載して欲しい!

Lenovo Z6 Proのバッテリーレビュー

Lenovo Z6 Proのバッテリー評価は5段階中
[★★★★☆]星4つです!
(星の数が多くなるほど満足度が高くなります。)

4000mAhクラスはもはや標準的かも。充電時間はとても速い

4000mAhのバッテリーがありますので、普段使いの上では1日中特に困ることはありませんでした。ただ最近のフラッグシップ機も同じくらいの容量を搭載している機種が多いので、特段バッテリーに関する印象はありません。充電時間も朝の短時間で急速充電できるので便利です。

編集部コメント

確かにバッテリー搭載量が増えてきたので、4000mAhクラスは珍しくは無くなってきましたね。これくらいのバッテリーがあれば普段使いで問題は無いとの情報ありがとうございます!充電時間は超急速充電に対応しているので、ちょっとした時間にガツッと充電できて便利そう!いつも充電を忘れて寝てしまう僕はLenovo Z6 Proの充電仕様がとても魅力的に見えます!

Lenovo Z6 Proの総合評価

Lenovo Z6 Proの総合評価は10段階中
[★★★★★★☆☆☆☆]星6つです!

Lenovo Z6 Proが購入できるショップ一覧

本機を購入を検討されている方はコスパを重視していると思いますので、他にXiaomi Mi 9やK20 proなどが候補に入ってくるかと思います。私自身、Xiaomi Mi 9も所持しておりますので直接比較することができたのですが、印象としてはどちらもそこまで大きく変わりません。むしろ指紋認証の速さやバッテリー持ちではZ6 PROに軍配があがるように感じます。

カメラモジュールもIMX586かGM1かで気にされる方もいらっしゃると思いますが、少なくとも個人的には両者の差はほとんど気になるレベルではありませんでした。

ただ決定的に気になったのは、Antutuスコアが何度計測してもかなり低値になる点です。同じSnapdragon855を搭載しながらも、Xiaomi Mi 9では36万点台、Z6 proでは26万点台と大きく差がつきますので、液冷機構付きだからといって無闇にゲーミングスマホとして購入されることはオススメしません。

逆に言えば、各種通販サイトでは両スマホともに度重なるセールで価格が崩壊しつつありますから、どの機能がご自身にとって大事なのか比較検討されれば、どちらの機種もコスパ面では優秀であると感じました。

編集部コメント

ただを様、貴重なレビューをありがとうございました!性能に関しては他ユーザーさんの実機情報とかけ離れており端末固有の症状かもしれません。またお時間ある時に設定の見直しなどで症状が改善するかチェックしてみて下さい!なにか進展が御座いましたら、ガルマックスレビュー係にお伝えくださいませ!その時は本レビューにも追記する形で情報を皆さんと共有したいと思います!

Lenovo Z6 Proの関連記事

Lenovo Z6 Proのスペック、バンド、価格、特徴まとめ!

ページトップへ