moto g64 5Gのスペック・対応バンドまとめ!おサイフケータイ、防水、Dimensity7025搭載で価格は34,800円!

モトローラの新型スマホ「moto g64 5G」をチェックしてみましょう!スッキリしたデザインとおサイフケータイに防水対応と日本ユーザー向けの仕様てんこ盛り。SoCはDimensity 7025を採用しております!

ワイモバイル版では「moto g64y 5G」となっています。スペックはほぼ共通しており、メモリとカラーのみが異なる模様。

moto g64 5Gの詳細スペックと対応バンド

詳細スペックを表示
対応バンド早見表を表示

moto g64 5Gの特徴

moto g64 5Gの特徴は以下の通り!

moto g64 5Gのハイライト

  • ミドルレンジ中位クラスのスペック
  • カラーは3色、防水防塵対応のフラットボディ
  • 液晶ディスプレイは120Hz対応で
  • デュアルスピーカーでイヤホンジャック端子も搭載
  • 5000万画素メイン+200万画素のマクロカメラ
  • 5000mAhバッテリーで30W充電対応
  • おサイフケータイも内蔵

moto g64 5Gのサイズ・重量・カラー

  • 高さ:161.56mm
  • 横幅:73.82mm
  • 厚さ:7.99mm
  • 重量:177g

カラーはブラック系、ブルー系の2色展開です。

本体形状はイマドキのスマホらしいフラットな形状。デザイン的にはOPPOのRenoシリーズを思い起こさせる雰囲気でカメラ周りがとくにそんな感じです。

防水防塵対応で、等級はIP52。水滴がかかっても壊れにくくなっております。ただし水没までは耐えられないので注意。

ちなみにワイモバ仕様ではこの2色に加えてゴールドカラーも用意されてます。

moto g64 5GのSoCはDimensity 7025

  • SoC:Dimensity 7025
  • メモリ:8GB(ワイモバ版は4GB)
  • ストレージ:128GB

性能帯はミドルレンジの中上位ぐらいの実力を持っています。廉価っぽく見えるけどAnTuTu参考値は約48万点クラスと、流行りのSnapdragon 695やHelio G99をも超える高さ!日常使いもここまで来たら快適にサクサク扱えるでしょう。

ちなみにあまり聞いたことのない名前ではあるものの、実は日本メーカーのarrows We2でも搭載されています。もしかしたらこのSoC、結構搭載数増える可能性あるかもしれんね(`・ω・´)。

なおメモリは8GBだけどワイモバ版でのみ4GBとごっそり削られてます。なんでそんな嫌がらせすんの‥って思ったけど、キャリア版ではあるあるなんで仕方ないと割り切るしか無いネ。

moto g64 5G(Dimensity 7025)のAnTuTuスコア

AnTuTuスコアは性能の指標です。まだmoto g64 5Gの実機のAnTuTuスコアを収集出来ていないのでDimensity 7025の参考ベンチマークをチェックしてみましょう。

  • 総合スコア(CPU):約480,000
  • ゲーム性能(GPU):約75,000
▼以下は2024年現在、AnTuTuベンチマークスコアがどれくらいの動作・操作感を示すかの目安です。本端末の性能がどの性能帯に相当するか確認が出来ます。↓
AnTuTuスコア動作・操作感
総合スコア:約150万点以上
GPUスコア:約60万点以上
ヌルヌル、動作に不満なし
総合スコア:約100万点〜150万点
GPUスコア:約35万点〜60万点
重いゲームもなんとか
総合スコア:約50万点〜100万点
GPUスコア:約15万点〜35万点
軽いゲームくらいなら
総合スコア:約25万点〜50万点
GPUスコア:約5万点〜15万点
必要最低限
総合スコア:約25万点以下
GPUスコア:約5万点以下
サブ端末向き
▼以下は2024年現在、AnTuTuベンチマークスコアがどれくらいの動作・操作感を示すかの目安です。本端末の性能がどの性能帯に相当するか確認が出来ます。↓
AnTuTuスコア動作・操作感
総合スコア:約150万点以上
GPUスコア:約60万点以上
ヌルヌル、動作に不満なし
総合スコア:約100万点〜150万点
GPUスコア:約35万点〜60万点
重いゲームもなんとか
総合スコア:約50万点〜100万点
GPUスコア:約15万点〜35万点
軽いゲームくらいなら
総合スコア:約25万点〜50万点
GPUスコア:約5万点〜15万点
必要最低限
総合スコア:約25万点以下
GPUスコア:約5万点以下
サブ端末向き
▼ガルマックスでは色々なスマホのAnTuTuベンチマークがデータベース化されています。ユーザさんからもスクリーンショットを募集しているのでよろしければどうぞ。↓
スマホの実機AnTuTuベンチマークスコアまとめ

moto g64 5Gのディスプレイ

  • サイズ:6.5インチ
  • 解像度:2,400×1,080
  • 材質:液晶
  • 画面形状:パンチホール(中央)
  • リフレッシュレート:最大120Hz
  • タッチサンプリングレート:非公表

ディスプレイ形状は流行りといえる中央パンチホール形状!下部ベゼルの厚みはやや気になるけどこのクラス帯のスマホならそんなもんでしょう。

液晶なのでAoDやパリっとした視認性とかは有機ELに負けるんですが、最大120Hzの高リフレッシュレートは対応しています。スクロール時の滑らかさと目の優しさはメリットですね。(高リフレッシュレートとは?

moto g64 5Gのサウンド関連

  • スピーカー:デュアル
  • イヤホン接続:3.5mmジャック

スピーカーはステレオ式スピーカーを搭載!横倒しでも左右から音が出てくるため、臨場感と音の広がりを感じられる良構成。イヤホンジャック端子も搭載しており、この点は使いやすくて非常に嬉しい部分ですね(`・ω・´)。

moto g64 5Gのカメラ

▼アウトカメラ↓

  • メインカメラ:5,000万画素
  • マクロカメラ:200万画素

▼インカメラ↓

  • メインカメラ:1,600万画素

カメラはデュアル式。メインカメラは5,000万画素とでピクセルビニングに対応。写真写りの良さも期待できます。

サブカメラはマクロカメラで画素数を考えるとほぼオマケに近いもの‥と感じる。超広角カメラは非搭載なので要注意。

一方で動画撮影では光学手ブレ補正に対応しているので、動きながらってときも安定して撮影ができるってのはGoodっすね。

moto g64 5Gのバッテリー・充電仕様

  • 容量:5,000mAh
  • 有線充電:30W
  • ワイヤレス充電:非公表
  • 逆充電:非公表

バッテリー容量は5,000mAhと大容量で、急速充電は30Wまで対応。ミドルレンジモデルとしては申し分ないスペックです。注意点として充電器の30W TurboPower チャージは別売りとなっています。

Dimensity 7025の電力効率はどれほどかにもよりますが、ライトに使うんであれば電池持ちは1日持つんかなとは期待できます。あくまで期待。

moto g64 5GのOS・機能

  • OS:Androis 14

OSは名前がシンプルなAndroid 14ですが、モトローラスマホはMoto なんちゃらって独自機能が結構内蔵されています。アイコンの色や形を細かに買えたりとか、様々なジェスチャーショートカットとか。

またおサイフケータイも対応しているのはさすがといったところ!これがあるなしでは改札、キャッシュレス決済の取り回しが大きく変わります。筆者はSuicaを使うんだけど、ビューカードがないとクレカでチャージできなくて現金がないと使えないのが非常にダルいのが悩みゆえ‥

moto g64 5Gの発売日・価格

moto g64 5Gの発売日は6月28日予定で記事執筆時点の価格は34,800円!ワイモバ版のmoto g64y 5Gの発売日は7月上旬で、現時点では価格が不明です。

スペックとしては申し分なく丁度いい。防水、おサイフケータイ対応で価格も高すぎない水準で、筆者としてはトータルバランスが良い1台だな‥と思えます(`・ω・´)。また公式サイトでは1年の国内保証付き!万人に難なく勧められそうですね(実機を触っていない現時点ではまだオススメとは言えませんが)。

■moto g64 5G■

初出時価格→34,800円
■注目!■

▼IIJmioへMNPで7,980円!↓

■SIMフリー■

▼公式ストア↓

▼Amazon↓


■MNO■

▼ワイモバイル↓

ページトップへ