OnePlus 8 Proは120Hzディスプレイ搭載?3モデルのリーク情報をチェック!

 

▼AmazonでiPhoneの整備済み品。旧機種が安い。180日間保証付き。↓

【おすすめ】Amazon Renewed (Amazon整備済み品)

OnePlus

OnePlus、お前も(採用するの)か!

業界の関係者などのリーク情報により、OnePlus 8シリーズのデザインや発売日、スペックについてGSMArenarootmygalaxyが報じていました。その情報によると、OnePlus 8 Proには120Hzの高リフレッシュレートディスプレイを搭載するとのことです。

OnePlus 8には3種類の兄弟機が設定されている!?

▼OnePlus 8、OnePlus 8 Pro↓

OnePlus 8 Pro

出典:91Mobiles

▼OnePlus 8 Lite↓

OnePlus 8 Lite

出典:/LEAKS

OnePlus 8シリーズはOnePlus 8、OnePlus 8 Pro、OnePlus 8 Liteの3種類が発売されると予想されています。

3機種ともToF(深度測定用カメラ)が搭載される共通点はあるものの、OnePlus 8とOnePlus 8 Proにはトリプルカメラが中央に配置されていますが、OnePlus 8 Liteはデュアルカメラが左に配置と控えめになっていることが分かります。

また、3機種ともにパンチホールノッチですが、OnePlus 8とOnePlus 8 Proが左上側に配置されているのに対し、OnePlus 8 Liteは中央上側に配置されています。

デザインや後述する仕様から推測するに、OnePlus 8 LiteはOnePlus 8シリーズの廉価版と捉えてよさそうですね。

OnePlus 8 Proの仕様

OnePlus 8 Proの仕様はTwitterにてThe Droid Leaksが一部リークしています。

  • Qualcomm Snapdragon 865
  • 8GB RAMと128GB/256GBのストレージ
  • 120Hzリフレッシュレートの6.5インチスーパーAMOLEDディスプレイ
  • 50Wの超高速充電に4,500mAhの大容量バッテリー

「Pro」と名乗るだけあり、OnePlus 8 ProはSnapdragon 865に加え、8GB RAMと128GB/256GBの大容量ストレージも合わせて搭載されるのではないかと言われています。この組み合わせ自体は最近のハイエンドですのであまり驚きはないのですが、超高性能であろう事は容易に想像できます。

最近の中国メーカーのスマホのトレンドは高リフレッシュレートなディスプレイですが、もちろんフラッグシップであるOnePlus 8 Proも120Hzの高リフレッシュレートディスプレイを採用。ホーム画面の操作であってもヌルヌル快適な動きが味わえるはず。また、切り替えも可能なので、バッテリー持ち優先にしたい時も安心ですね。

OnePlus 8 Proは電源周りでも妥協を許していません。50Wの超急速充電に4,500mAhの大容量バッテリーの組み合わせとのこと。ちなみに、現在のブランディングに則って採用されるとするなら、Warp Charge 50というものが採用されるかもしれないと予想されています。

Warp Chargeとは?

Warp Chargeは、OnePlus 7Tから対応が始まった主にOnePlusのスマートフォン向けに開発された高速充電技術であり、OnePlus 7Tで対応していたWarp Charge 30Tでは0%から70%までおよそ30分で充電出来ることをウリにしていました。

また、OnePlusの親会社である歩歩高(BBK)電子の技術を用いた50Wの超急速充電技術は、2018年にOppo Find X Lamborghiniで初めて披露されました。最近では歩歩高(BBK)電子の傘下であるRealmeが一般向けにRealme X2 ProがSuperVOOCと銘打って50W充電に対応した機種も発売しています。

▼ガルマックスでは50Wの超急速充電に対応しているRealme X2 Proの紹介記事もありますので、是非参考にしてみてください。↓

Realme X2 Proのスペック、対応バンド、価格、特徴まとめ!

OnePlus 8 Liteの仕様

OnePlus 8 Liteの仕様もTwitterでThe Droid Leaksが「中国からのソース」だと前置きしながらも一部リークしています。

  • Qualcomm Snapdragon 765G
  • 6/8GB RAMと128GBのストレージ
  • 4,000mAhの大容量バッテリー

Snapdragon 765GとLiteと名乗っていながらもミドルハイ最上位クラスのものを採用し、最大で8GB RAMと128GBの大容量ストレージも組合せて搭載されるのではと言われています。廉価扱いのクセにあまり妥協を感じないですね。

また、電源周りも50Wの超急速充電こそ触れられていないものの、4,000mAhの大容量バッテリーを搭載するとのこと。OnePlus 8 Proの4,500mAhと比べると少々小さいですが、普通のスマホよりもかなり大容量。私は「これでも十分じゃん」と思ってます。

OnePlus 8シリーズの発売時期は?

さて、気になる発売日ですが、OnePlus 8 Proは3月の終わり頃から4月にかけて出てくるではないかと予想されています。

グループ会社であるOPPOがMWC 2020の時期に合わせた2月18日に新製品発表会を開催すると噂されていますが、敢えて時期をずらすことでユーザーの取り合いを防ぐ形にしたのかなぁと想像しています。

いつも品質の高いスマホを輩出するOnePlusなだけに約2ヶ月後が楽しみですね!

▼ガルマックスではOnePlus 7Tの実機レビューも行っており、ガルマックスお墨付き製品のみに与えられるGARUMAX GOLD AWARDを獲得しているスマホです。↓

OnePlus 7Tのレビュー!実機を使って気になった・気にいったポイントまとめ!

▼ガルマックスではOnePlusのグループ会社であるOPPOに関してのニュース・リーク記事もありますので、合わせてどうぞ!↓

OPPOが2月18日に新製品発表会を開催!Find X2登場か!?

OPPO Find X2のディスプレイ仕様がリーク!有機EL?120Hz?

これから様々な情報が出てくると思うので、続報が入り次第TwitterFacebookでお知らせするのでフォロー宜しくおねがいします!

ページトップへ