ガルマックスの猶木(ナオキ)です。【楽しく面白く的確に】をコンセプトにデジタル製品の様々な話題を書いて生きています。スマホやPCガジェットが大好きでスペック表とにらめっこするのが趣味です。製品発表会のお誘いや執筆依頼などお問い合わせ下さい。

Realme 6/6 Proが登場!激安なのにハイパフォーマンス!ゲーム性能や仕様も魅力!

Realme 6

▼通常モデルのRealme 6のスペックレビューも公開しました!↓

Realme 6のスペック、対応バンド、価格、特徴まとめ!

▼上位モデルRealme 6 Proの性能や特徴を分かりやすく解説したスペックレビューを公開しました!是非、詳細情報をご確認下さい!↓

Realme 6 Proのスペック、対応バンド、価格、特徴まとめ!

Realme 6がついに登場しました!

OPPOのサブブランドという位置づけのRealmeが新型スマホのRealme 6Realme 6 Proを発表しました。今回もかなりの性能と価格がいい意味で釣り合っていない注目モデルに仕上がっていますよ!

Realme 6の特徴

Realme 6の大きな特徴は以下の4つです。

  • SoCはゲーミング仕様のHelio G90Tを搭載。最大8GBのメモリと最大128GBのストレージ
  • 2400×1080(FHD+)解像度の6.5インチ、90Hzのリフレッシュレートに対応したディスプレイ
  • リアカメラは6,400万画素+800万画素+200万画素+ポートレートカメラのクアッド構成
  • 30Wの超急速充電対応。バッテリーは4,300mAh

SoCはHelio G90Tを搭載。最大8GBのメモリと最大128GBのストレージも搭載。

Realme 6の心臓部であるSoCはHelio G90Tを搭載。Helio G90TはXiaomi Redmi Note 8 Proに初搭載されたゲーミング仕様のSoCで、ミドルレンジ最上位クラスの性能を有しています。

▼以下、参考までにガルマックスで収集したHelio G90TのAnTuTuスコアを記載します!↓

  • Helio G90T(参考):総合スコアが290,367点、ゲーム性能(GPU)が81,127点

▼ちなみに同様のSoCを搭載するXiaomi Redmi Note 8 Proはガルマックスでもレビュー済み。Realme 6シリーズのなかでは安いほうのモデルですが、G90TはPUBG Mobileでスムーズ+極限が設定できる底力を持ってます。↓

Redmi Note 8 Proのレビュー!ミドルレンジゲーミングSoCの性能にビックリ

2400×1080(FHD+)解像度の6.5インチ、90Hzのリフレッシュレートに対応したディスプレイ

Realme 6は2400×1080(FHD+)解像度の6.5インチディスプレイを搭載。さらに90Hzのリフレッシュレートに対応しているので、滑らかな表示が可能になっています。

6,400万画素+800万画素+200万画素の3つにポートレートカメラが加わったクアッドカメラ

Realme 6には6.400万画素(F値1.8の広角レンズ)+800万画素(超広角レンズ)+200万画素(マクロレンズ)の3種類のカメラに加え、ポートレートカメラが追加されたクアッドカメラとなっています。

Realme 6のカメラの特徴としては、119°の超広角撮影が可能になっているのがポイントになります。

30W Flash Chargeに対応!バッテリー容量は4,300mAh!

Realme 6は30W Flash Chargeに対応しているので、30Wの超急速充電が可能。さらに4,300mAhものバッテリーが搭載されています。

カラーリングは2色

Realme 6のカラーリングはコメットブルー、コメットホワイトの2色。

▼コメットブルー↓

Realme 6 コメットブルー

▼コメットホワイト↓

Realme 6 コメットホワイト

2色ともにグラデーション系の色なんですが、イメージ画像を見る限り優しめの色味になっています。

Realme 6 Proの特徴

Realme 6 Proの大きな特徴は以下の4つです。

  • SoCはSnapdragon 720Gを搭載。最大8GBのメモリと最大128GBのストレージ
  • 2400×1080(FHD+)解像度の6.6インチ、90Hzのリフレッシュレートに対応したディスプレイ
  • リアカメラは6,400万画素+1,200万画素+800万画素+200万画素のクアッド構成
  • 30Wの超急速充電対応。バッテリーは4,300mAh

SoCはSnapdragon 720Gを搭載。最大8GBのメモリと最大128GBのストレージも搭載。

Realme 6の心臓部であるゲーミング仕様のSoCはSnapdragon 720Gを搭載。Snapdragon 720Gは2020年1月に発表された新しいSoCで、Snapdragon Elite Gamingに対応しているのが大きな特徴です。

▼ガルマックスではスマホやタブレットの実機AnTuTuベンチマークスコアを募集しています!もしRealme 6の実機やSnapdragon 720G搭載端末をお持ちの方がいましたら、是非投稿をお願いします!↓

スマホの実機AnTuTuベンチマークスコアを随時募集しています!

2400×1080(FHD+)解像度の6.6インチ、90Hzのリフレッシュレートに対応したディスプレイ

Realme 6は2400×1080(FHD+)解像度の6.6インチディスプレイを搭載。Realme 6よりも0.1インチ大型化しています。さらに90Hzのリフレッシュレートに対応しているので、滑らかな表示が可能になっているのも大きな特徴ですね!

6,400万画素+1,200万画素+800万画素+200万画素のクアッドカメラ

Realme 6には6,400万画素(F値1.8のレンズ)+1,200万画素(望遠レンズ)+800万画素(超広角レンズ)+200万画素(マクロレンズ)のクアッドカメラとなっています。

Realme 6のポートレートカメラがRealme 6 Proでは1,200万画素の望遠カメラへ変更されているところ、20倍ズームが可能になっているところがRealme 6 Proのカメラのウリになります。

30W Flash Chargeに対応!バッテリー容量は4,300mAh!

Realme 6 Proでも30W Flash Chargeに対応しているので、30Wの超急速充電が可能。さらに4,300mAhものバッテリーも同じく搭載されています。

カラーリングは2色

Realme 6 Proのカラーリングはライトニングブルー、ライトニングオレンジの2色。

▼ライトニングブルー↓

Realme 6 Pro ライトニングブルー

▼ライトニングオレンジ↓

Realme 6 Pro ライトニングオレンジ

2色ともにグラデーション系の派手めなカラーリングになっているので、目立たないカラーのほうがいい方は背面が隠れるケースを使用するなどの工夫が必要になりそうです!

価格はRealme 6が12,999ルピー、Realme 6 Proが16,999ルピーから!

Realme公式サイトでは現在予約受付中になっています!以下、インドのRealme公式サイトでのRealme 6とRealme 6 Proの価格です!

Realme 6

  • 4GB/64GB 12,999ルピー(約18,500円)
  • 6GB/128GB 14,999ルピー(約21,000円)

Realme 6 Pro

  • 6GB/64GB 16,999ルピー(約24,000円)
  • 6GB/128GB 17,999ルピー(約25,500円)

インド向けということもありますが、Realme 6とrealme 6 Proの2機種ともにかなりお安く設定されています。特にRealme 6の4GB/64GBモデルなんかは約18,500円でパワフルなHelio G90Tが体験できるので、かなりお手ごろ感が強いはず!これは日本のスマホ好きの間でも人気出そう!

ガルマックスでも詳しい仕様の紹介を行う予定です。公開したらTwitterFacebookでお知らせするのでフォロー宜しくおねがいします!

▼通常モデルのRealme 6のスペックレビューも公開しました!↓

Realme 6のスペック、対応バンド、価格、特徴まとめ!

▼上位モデルRealme 6 Proの性能や特徴を分かりやすく解説したスペックレビューを公開しました!是非、詳細情報をご確認下さい!↓

Realme 6 Proのスペック、対応バンド、価格、特徴まとめ!

ページトップへ