1100-150 Xiaomi 14

Redmi Note 13 Pro 5G(グロ版)のスペック・対応バンドまとめ!Snapdragon 7s Gen 2に2億画素カメラ搭載モデル!

最新のSnapdragon 7s Gen 2に2億画素カメラを備えた標準モデル「Redmi Note 13 Pro 5G(グローバル版)」の特徴やスペック、対応バンドをまとめたのでチェックしてみて下さい!

同時に無印グレードの「Redmi Note 13 Pro」、最上級グレードの「Redmi Note 13 Pro+ 5G」も発表されています!それぞれでSoCが異なるので3モデルすべてチェックしたほうがいいかも。

Redmi Note 13 Pro 5Gの特徴

Redmi Note 13 Pro 5Gの特徴は以下の通り!

Redmi Note 13 Pro 5Gのハイライト

  • Snapdragon 7s Gen 2を搭載
  • カラーは3色構成
  • 120Hz表示対応、高解像度な有機ELディスプレイ
  • デュアルスピーカーでイヤホンジャックも搭載
  • 2億画素メインの3カメラ
  • 5,100mAhのバッテリーで最大67Wの充電も対応

Redmi Note 13 Pro 5Gの詳細スペックと対応バンド早見表

詳細スペックを表示
対応バンド早見表を表示

Redmi Note 13 Pro 5Gのサイズ・重量・カラー

  • 高さ:161.15mm
  • 横幅:74.24mm
  • 厚さ:7.98mm
  • 重量:187g

カラーはブラック系、パープル系、グリーン系の3色展開です。

デザインは上位版のPro+版とは一転してフラットな形状になっています。カラーも青なのか緑なのか判断しづらいグリーンが追加。

▼下部ベゼルが比較的薄いことと、巨大なカメラユニットが何より特徴的!しかしカメラの出っ張りも相当なもんです。ケース付けても解消できんような気がするぞこれ。↓

▼生活防水も対応。IP54で水滴ぐらいの水濡れなら壊れにくくなっていますよ!しかし上位版と違って完全防水ではなく水没の耐性はないので注意。雨とか台所周りでのしぶきとかそういう感じまでの耐性です。↓

Redmi Note 13 Pro 5GのSoCはSnapdragon 7s Gen 2

  • SoC:Snapdragon 7s Gen 2
  • メモリ:8GB/12GB
  • ストレージ:256GB/512GB

SoCはSnapdragon 7s Gen 2というやや変わった立ち位置にいるミドルハイチップを採用していますよ!AnTuTu60万点ほどの性能で、ミドルレンジ中上位レベルのボーダー。ただしストレージとメモリの構成はLPDDR4XとUFS2.2で標準的。

▼Snapdragon 7s Gen 2がどの程度動くSoCなのか以下の記事で解説してるのでどうぞ!↓

Snapdragon 7s Gen 2のCPU/GPUのスペックとゲーム性能、実機動作まとめ

Redmi Note 13 Pro 5G(Snapdragon 7s Gen 2)のAnTuTuスコア

AnTuTuスコアは性能の指標です。まだRedmi Note 13 Pro 5Gの実機のAnTuTuスコアを収集出来ていないのでSnapdragon 7s Gen 2の参考ベンチマークをチェックしてみましょう。

※端末の処理性能はSoCで決まってくるので、同一SoCを搭載する端末のAnTuTuスコアで大体の操作感が予測出来ます。

  • 総合スコア(CPU):約590,000
  • ゲーム性能(GPU):約110,000
▼以下は2023年現在、AnTuTuベンチマークスコアがどれくらいの動作・操作感を示すかの目安です。本端末の性能がどの性能帯に相当するか確認が出来ます。↓
AnTuTuスコア動作・操作感
総合スコア:約150万点以上
GPUスコア:約60万点以上
ヌルヌル、動作に不満なし
総合スコア:約100万点〜150万点
GPUスコア:約35万点〜60万点
重いゲームもなんとか
総合スコア:約50万点〜100万点
GPUスコア:約15万点〜35万点
軽いゲームくらいなら
総合スコア:約25万点〜50万点
GPUスコア:約5万点〜15万点
必要最低限
総合スコア:約25万点以下
GPUスコア:約5万点以下
サブ端末向き
▼ガルマックスでは色々なスマホのAnTuTuベンチマークがデータベース化されています。ユーザさんからもスクリーンショットを募集しているのでよろしければどうぞ。↓
スマホの実機AnTuTuベンチマークスコアまとめ

Redmi Note 13 Pro 5Gのディスプレイ

  • サイズ:6.67インチ
  • 解像度:2,712×1,220
  • ディスプレイ:有機EL
  • 画面形状:パンチホール(中央)
  • リフレッシュレート:最大120Hz
  • タッチサンプリングレート:非公表

ディスプレイは上位版と異なり完全フラット形状!有機ELでピーク輝度は1,800ニトと明るく解像度もFHDクラスよりワンランク高いのが魅力ですよ!

▼また画面内指紋センサーも搭載!側面式とは異なり左手でのロック解除もやりやすくなっているのもGoodでございます。↓

Redmi Note 13 Pro 5Gのサウンド関連

  • スピーカー:デュアル、クアッド
  • イヤホン接続:3.5mmジャック

Redmi Note 13 Pro 5Gのスピーカーは上位版と同じデュアルスピーカーを搭載!それでいてあちらにはなかったイヤホンジャックも搭載しています。

音質はどれほど良いのかも気になりますが、遅延とバッテリーの心配のない有線イヤホンをサクっと使えるのは間違いなく利点!変換ケーブルが不要だし、充電しながら使えるってメリットも見逃せません。

Redmi Note 13 Pro 5Gのカメラ

▼アウトカメラ↓

  • メインカメラ:2億画素
  • 超広角カメラ:800万画素
  • マクロカメラ:200万画素

▼インカメラ↓

  • メインカメラ:1,600万画素

カメラは上位版と同じ構成!メインカメラは脅威の2億画素カメラを搭載しているのが特徴で、センサーサイズも1/1.4インチと大きめなのがGood!

画素数が高いと撮影写真解像度も相応の大きさとなり、トリミングして一部だけを切り抜いても精細さが維持されるのが利点!実使用でどれほど恩恵を感じられるか気になるところです。

サブカメラは画素数が低い点において相変わらずですね。ただAIもあるので写真写りは悪くはなさそうです。

Redmi Note 13 Pro 5Gのバッテリー・充電仕様

  • 容量:5,100mAh
  • 有線充電:67W
  • ワイヤレス充電:非公表
  • 逆充電:非公表

バッテリー容量は5,100mAhと上位版より100mAh大型化!電池持ち公称値は動画視聴でなんと16時間とのこと!

急速充電も67Wとかなり高く、電池持ちから充電の速さまで両立したスペックとなっています。フル充電にかかる時間も67Wなら44分とのことでした。

Redmi Note 13 Pro 5GのOS・機能

  • OS:MIUI 14

OSは独自カスタマイズOSであるMIUIを搭載。通常のOSと異なるもので、UIデザインや独自機能の搭載でより便利に使えるのも魅力となっています。反面、慣れてないと操作に戸惑う可能性もありますが。

Redmi Note 13 Pro 5Gの発売日・価格

Redmi Note 13 Pro 5Gは1月24日にAliExpressにて初売り予定となっており、記事執筆時点における価格はメモリ8GB+容量256GBが349ドル(約5.1万円)以下、メモリ12GB+容量512GBが399ドル(約5.8万円)以下になるとのこと!

上位版からSoCスペックやメモリとストレージの構成ランクなど一部でオミットされていますが、それでも快適さやカメラの画素数の高さといった点において魅力を感じさせるスペックですね(`・ω・´)。

▼追記:Redmi Note 13 Pro 5Gの実機レビューを公開しました!↓

Redmi Note 13 Pro 5G(グロ版)の実機レビュー!普段使い快適、カメラも電池持ちもGood。動画視聴も快適!

■Redmi Note 13 Pro 5G■

初出時価格→349ドル

▼[AliExpressリーベイツ対応!忘れずに)]↓

12GB+512GBもリンク先で選べます!

■おすすめ保護フィルム■
▼Redmi Note 13 Pro 5Gの保護フィルムはPDA工房さんからリリース済み!様々なフィルムタイプがあるのでおすすめ!↓

ページトップへ