ガルマックスの猶木(ナオキ)です。【楽しく面白く的確に】をコンセプトにデジタル製品の様々な話題を書いて生きています。スマホやPCガジェットが大好きでスペック表とにらめっこするのが趣味です。製品発表会のお誘いや執筆依頼などお問い合わせ下さい。

Tronsmart S4のレビュー。低価格なのに高品質で強力なANCを搭載したBluetoothイヤホン

  • ▼▼必ずチェック▼▼

    ガルマックスでは期間指定の割引クーポンや期間限定割引などを以下のページで全て告知!お得な情報を見逃さないように!

  • 【関連】期間限定のお得な情報一覧!

周囲の雑音がスッと消えるANCを搭載したBluetoothイヤホン「Tronsmart S4」レビュー

Tronsmart S4はBluetoothを利用することでワイヤレスで使えるイヤホン。Tronsmart S4は低価格ながらも高級機種での搭載が多い周囲の雑音をカットするANC(アクティブノイズキャンセリング)に対応しており、評価も上々なので僕自身とても気になっていた製品。

今回、Tronsmart S4実機を試す機会を頂いたので、実際に利用してみて気がついた部分なども含めてレビューを書きたいと思う。

Tronsmart S4の総合評価。

最初に結論から書きたいと思う。

[総合評価]

低価格ながら強力なANC機能を搭載しており、周囲の雑音をカットしてクリアな音源再生が出来る。音源を流さなくてもANCのみをオンにすることが出来るので、周囲の音が気になる飛行機や新幹線での移動中や、ガヤガヤしたカフェで仕事する際も雑音をスッと消すことで静かな環境が手に入る。

ケーブル接続のANCイヤホンなどは別電源を必要とするが、Tronsmart S4は元々Bluetoothイヤホンとしてリリースされている為、ケーブル接続型ANCイヤホンでの不満点だった”ケーブル接続なのに電源が必要”という大きなマイナス要素を感じず、これまでBluetoothイヤホンを利用してきた方は単純に音質が向上するメリットのみ感じられる。

首掛けデザインはイヤホン部分にバッテリーやボタン、充電端子を備える必要が無くイヤホン部分は非常に軽量で長時間付けていても苦にならない。また、その形状を活かして大容量なバッテリーを搭載しているので、Bluetoothイヤホンの中では比較的長時間の連続駆動が可能だ。

ANC搭載の製品は高価なモノも多いが、低価格で品質の良いANC機能が利用できるBluetoothイヤホンを探しているならTronsmart S4は大きな満足感を得られるだろう。

[良かった]

  • ANCが強力なので周囲の雑音をバサッとカットしてくれる
  • 音源を流さなくてもANCをオンに出来るので、周囲の音が気になる場合にも役立つ
  • バッテリー搭載量が多いので駆動時間が長い
  • 首掛け形状なのでイヤホン部分が軽い。首掛け部分も重量が分散されるので重量を感じない
  • 左右に首を振った時にケーブルが髪の毛に触れないので擦れ音が軽減されている
  • 通話も可能で音質や集音性も良い

[イマイチ]

  • 首掛け部分は折り畳めないのでサイズが大きくかさむ
  • ランニングのお供としては向いていない
  • バッテリー残量マークが表示されない

Tronsmart S4の同梱物をチェック。

Tronsmart S4の外箱や同梱されているアクセサリーをチェックしていこう。

低価格モデルとは思えないパッケージ。

▼外箱はTronsmartらしいホワイトとパープルの外箱。↓

ホワイトとパープルのTronsmart カラーの外箱

▼内箱は観音開きタイプ。低価格なBluetoothイヤホンのパッケージとは思えないほど気合の入ったパッケージだ。↓

低価格なモデルとは思えない外箱

▼パカリと蓋を開けると、イヤホンの各部分名称やイヤホン部の分解図などが記載されている。↓

観音開きの蓋には図解などが記載されている

同梱物は必要最低限という印象。

同梱物を並べてみた。セット内容は極々標準的な内容で必要最低限のモノは揃っているのでパッケージのみ購入すると良い。

▼すべての同梱物を並べてみた。↓

Tronsmart S4の同梱物は必要最低限といった印象

  1. Tronsmart S4本体
  2. 充電用のMicroUSBケーブル
  3. イヤーピース2種(計3種付属で1種は本体に取り付け済み)
  4. 取り扱い説明書

Tronsmart S4の外観をチェック。

Bluetoothイヤホンとしては特徴的なネックバンド型を採用しているTronsmart S4の外観をチェックしていこう。

ネックバンドの利点を活かした操作性の良い大型ボタンを搭載

▼ネックバンド部分は大きく盛り上がった形状でTronsmartと大きく記載されている。バンド部分は折り畳めないので、イヤホンとしては大きな部類で鞄の中ではややかさばった。↓

大型のネックバンドを採用したTronsmart S4

▼L側のネックバンド先端にはデザインの利点を活かして非常に大きなボタンが上部に備わっており、各ボタンの突起も大きく手探りでの操作が非常に容易だった。↓

ネックバンドの左側には大きめのボタンが備わっており手探りで操作しやすい

本体の状態が分かるインジケータ付き。

▼本体の状態が視覚的に分かるインジケータが備わっている。充電中は赤く点灯、満充電で青点灯、ペアリングモード時は赤と青が交互に点滅する。↓

ネックバンド左側の内側にインジケーターが備わっている

ANCは任意のタイミングでオン・オフが可能。

▼ANCのボタンはL側ネックバンド先端の下側に備わっており、任意のタイミングでオン・オフ可能だ。↓

ANCはオン・オフが可能

ANCを利用すると勿論、非利用時に比べてバッテリーの消費量が早くなる。元々静かな場所で利用する際には周囲の雑音をカットする必要性もあまりないので、ANCをオフにしてバッテリー消費を軽減することが可能だ。

長時間付けても気にならない軽量なイヤホン部。

▼ネックバンド側にバッテリーや各種ボタン、端子類が備わるので、イヤホン部分が非常に軽量でケーブルイヤホンと同等の重量なので長時間利用しても重さが気にならない。↓

イヤホン部分は軽量。

但し、運動時はネックバンドが首の後ろに常にひっついているので、ランニングなどで汗をかいた時に不快感を覚えた。

Tronsmart S4のコンセプトは飛行機や電車、船など一定の周波数が雑音に感じる環境をANC機能で解消出来るという製品。防水仕様でも無いのでそもそもが運動時に向いていない製品であることをお伝えしておく。

Tronsmart S4の操作方法をチェック。

Tronsmart S4はAmazonから気軽に購入できる海外発の製品で、残念ながら付属の説明書が英語だったので、操作方法などを残しておきたいと思う。

ペアリングはマルチファンクションボタン長押し。

Tronsmart S4はBluetooth機器とワイヤレス接続して利用するので、利用前にペアリングが必要となる。

▼電源がオフの状態でL側のネックバンドに備わっている[○]ボタンを長押しすることでペアリングモードに。インジケータが赤と青の交互に点滅すると正常にペアリングモードに推移している。↓

○ボタンを長押することでペアリングモードとなる

▼Tronsmart S4本体がペアリングモードになっている事を確認してから接続するスマートフォンなどでBluetoothをオンするとTronsmart S4が表示される。↓

▼スマートフォンのBluetooth設定項目に表示されているTronsmart S4を選択して接続すると利用準備完了だ。↓

▼今回、Android端末へ接続したがTronsmart S4のバッテリー残量が表示されなかった。機種により全てのデバイスでバッテリー残量が表示されないと一概には言えないが、少なからずバッテリー残量が表示されない端末も有るということを知っておこう。

ボリューム調整/再生・一時停止/次の曲/前の曲の操作方法

▼音源を再生中は<ボタンでボリュームを上げる、>ボタンでボリュームを下げる、○ボタンで再生・一時停止、<ボタン長押しで次の曲、>ボタン長押しで前の曲の操作が可能だ。↓

搭載されているボタンは短押しや長押しでそれぞれ割り振られた操作が可能

通話着信時の操作方法

Tronsmart S4はマイクが備わっており、イヤホンを利用中に通話を着信してもそのままTronsmart S4経由で通話出来る。

▼着信時は○ボタンを押すことで通話に応答、通話を切る場合は再度○ボタンを押せば良い。↓

着信時は○ボタンを押すことで通話に応答してそのまま通話出来る

Tronsmart S4を用いて通話してみたが、音声の集音性も良くマイク性能も申し分なしだった。

音声認識機能も利用可能。

Androidスマートフォンでは「OK Google!」と呼びかけると音声認識機能が起動する。Tronsmart S4とスマートフォンを接続中に同機能を試してみたが正常に音声認識機能が立ち上がり利用できた。

但し、スマートフォンのロックがかかっている状態ではロック解除してからで無いと利用できないので注意。

▼スマートフォンのロックが解除されている状態で「OK Google!」と呼びかけたところ、正常に音声認識機能が立ち上がった。このまま音声指示で電話を発信することも可能。↓

Tronsmart S4の音質をチェック。

Tronsmart S4の音質とANCを試してみたので所感をここでまとめたいと思う。

音質はやや低音寄り

音質はやや低音寄り。過度な低音ブーストもかかっておらず、どの様な音源の楽曲でも心地よく聴ける。EDM系の楽曲が中心の方は物足りなくと思うが、脳みそが震える位の低音がでないと嫌だ。という方以外は満足出来る音質であると感じた。

ANCが超強力。初めてANCを利用する方への誤認も有るので解説。

Tronsmart S4最大の特徴はANC(アクティブノイズキャンセリング)が備わっている事だ。ANCは周囲の雑音と同じ周波数をぶつける事で雑音を相殺する技術で、高価な端末の一部で取り入れられている機能。

Tronsmart S4のANCは非常に強力で、1.5万円~2万円台で販売されているANC対応製品と同等の質で驚いた。

ANCをオンにすると周囲の雑音がスッと消えるのが体感できるはずだ。

ANCは周囲の音を打ち消すせるが、その性質上ごく僅かにホワイトノイズが発生する。これは高級機種でも同様で非常に静かな環境でANCをオンにするとシーというホワイトノイズが聞こえる場合もあるが、これはANCの仕様的なものなので誤認の無いように。

Tronsmart S4まとめ。

実際にTronsmart S4を利用して感じた部分をレビューにまとめてみたが如何だっただろうか。

ANC機能は周囲の雑音を打ち消す事で、よりクリアに楽曲が楽しめるだけでなく、楽曲を流さなくても例えば雑音の多い飛行機や新幹線での移動中だとか、ガヤガヤした場所で仕事するだとか、周囲の雑音が気になる状況でANCをオンにするだけで静かな環境が手に入るのは魅力的だ。

また、ANC機能が利用できる端末は比較的高価で手が出しにくい状況だったが、Tronsmart S4は5,000円以下で手に入るので価格的にも魅力的に感じると思う。

周囲の雑音がスッと消える高級機に負けないANC機能をTronsmart S4で是非お試しあれ。

▼本製品以外にもガルマックスでは沢山のBluetoothイヤホンをレビューしているので是非チェックしてみて下さいね!↓

 

▼本記事のジャンル以外の製品も数多く実機レビューを書いています。宜しければどうぞ!↓

ページトップへ