ガルマックスの猶木(ナオキ)です。【楽しく面白く的確に】をコンセプトにデジタル製品の様々な話題を書いて生きています。スマホやPCガジェットが大好きでスペック表とにらめっこするのが趣味です。製品発表会のお誘いや執筆依頼などお問い合わせ下さい。

Amazon Echo Plus (Newモデル)の音質がGood!外部出力/入力も出来て便利!

ガルマックスのコラボプレゼント企画開催中!

開催中のガルマックス抽選会はガルマックス抽選会の一覧からご確認下さい!

Amazon Echo Plus

どうも、ガルマックスの猶木(なおき)です。

Amazonで招待購入申請を出して「Amazon Echo Plus (Newモデル)」の購入権を得たので早速ゲット。Amazon Echoシリーズの中でも最上位となるモデルです。

本記事ではAmazon Echo Plus (Newモデル)の”音”と”外部出力・入力”にフォーカスして紹介しちゃいます!

Amazon Echo Plus (Newモデル)は2.5インチのウーファーに0.8インチのツイーターを搭載

モデルにより異なるのですが、最上位モデルとなるAmazon Echo Plus (Newモデル)は2.5インチ(63.5mm)と0.8インチ(20mm)の組み合わせとなってます。

各モデルでのスピーカー構成は以下の通り

  • Echo Dot:0.6インチのフルレンジスピーカー
  • Echo:2.5インチウーファー、0.6インチツイーター
  • Echo Plus:2.5インチウーファー、0.8インチツイーター

一番下位モデルのEcho Dotはシングルスピーカーですが、EchoとEcho Dotはウーファーとツイーターを搭載したDolbyデュアルスピーカー搭載モデルっす。

Amazon Echo Plus (Newモデル)の音質と音の広がり

Amazon Echo Plusは2.5インチのウーファーと0.8インチのツイーターを搭載!

いやー、僕も数多くのBluetoothスピーカーなんかをレビューしてますがAmazon Echo Plus (Newモデル)の音質にはビックリしました。

実際に手に入る前は「Amazon Echo Plus (Newモデル)なんてAlexaが一番のセールスポイントで、音質なんて二の次でしょ」な~んて思ってました。ごめんなさい。

音質ですが”BOSE的”という表現が一番しっくりきます。上手くチューニングしているな~って印象です。小さな音量でも低音から高音まで、密度の高い音がしっかり鳴るんですよ。

また、筒状のスピーカーボックスから出てくる音は周囲360°まんべんなく音が広がります。

Amazon Echo Plusは周囲360度に音が広がります。

もちろん、物理的にステレオ効果は少ないですが部屋にポーンと置いてBGMを流す用途では十分以上の音質、音圧で楽曲を楽しめます。

音量を上げると密度と音圧がより分かりやすくなり、見かけからは想像出来ない様な上質な音を出してくれますよ。

Amazon Echoシリーズは”音の外部出力”が出来る

Amazon Echo PlusはAUX OUT端子が付いているので外部出力ができる!

Amazon Echo Plus (Newモデル)だけでなく、Amazon Echoシリーズの3モデルは音を外部出力できるAUX OUT端子が備わっています。AUX OUT端子というより3.5mmステレオジャックと言ったほうが分かりやすいかも。

AUX OUT端子はAmazon Echo Plus (Newモデル)のスピーカーから出る音を外部に出力するための端子で、有線のイヤホンやヘッドホン、外部スピーカー、アンプ等に音を出力出来ちゃいます。

Amazon Echo Plusにお気に入りのヘッドホンも直接接続出来ます!

つまり、上の写真のようにお気に入りの音響機器に接続して使えるって訳です。

もし、外部アンプに接続してお気に入りのスピーカーへ音を出力して利用するなら一番安価なEcho Dotで良いかも。

Amazon Echoシリーズは”Bluetooth接続で音の入力”が出来る

Amazon Echo PlusはBluetooth接続可能なのでスマホも簡単に接続出来ます。

先程の外部出力とは逆に入力のお話。Amazon Echo Plus (Newモデル)を含む全3モデルはBluetoothが備わってるので、スマートフォンやタブレットをAmazon Echo Plus (Newモデル)に接続すると、高品質なスピーカーで楽曲を楽しめます。

使い方もBluetoothスピーカーと同じ感覚です。ペアリングするだけでオッケー。

Google Home Miniも持っているのですが、あっちは外部入力が出来ないのでGoogle Homeに対応したサービスでないと音を鳴らせません。という訳で楽曲を流す為にSpotifyを契約しました。

一方、Amazon Echo Plus (Newモデル)はSpotifyに対応してませんが、スマートフォンとBluetooth接続することでスマホのSpotifyアプリで再生した音をAmazon Echo Plus (Newモデル)から流せます。(でも、Amazonミュージックはタダなので結局Spotifyは解約しちゃった)

Bluetooth接続出来る端末なら、Alexaが対応するサービスに関係なくスピーカーを利用できるのがGoodでした!

Amazon Echo Plus (Newモデル)の音関連まとめ

Amazon Echo Plus (Newモデル)

Amazon Echo Plus (Newモデル)は流石に最上位モデルだけあり、内蔵スピーカーの出来栄えも納得できる仕上がりでした。

ビックリしましたね。こんなに良い音が鳴るなんて。

普通のBluetoothスピーカーとしても利用できますし、お気に入りのスピーカーに出力だって出来る利便性も兼ね備えてます。Alexaに対応しているサービス以外でも活用出来るのが良いですよね。

Good Home Miniと違って。

他のモデルは持っていないので音質に関してアレコレ言えませんが、Amazon Echo Plus (Newモデル)なら内蔵スピーカーだけでも十分満足出来る音質ですよ。

あと、スマートホーム・ハブを内蔵しているので、スマートホーム化前提なら簡単にセットアップ出来るAmazon Echo Plus (Newモデル)が断然オススメっす。

それではAmazon Echo Plus (Newモデル)に関する記事をアップする時はTwitterFacebookGoogle+でお知らせするのでフォロー宜しく!

Amazon Echo Dot (Newモデル)、ブラック
Amazon (2017-11-15)
売り上げランキング: 1
Amazon Echo (Newモデル)、チャコール (ファブリック)
Amazon (2017-11-15)
売り上げランキング: 3

▼Amazon Echo Plusに関する記事は以下からどうぞ!↓

ページトップへ