ガルマックスの猶木(ナオキ)です。【楽しく面白く的確に】をコンセプトにデジタル製品の様々な話題を書いて生きています。スマホやPCガジェットが大好きでスペック表とにらめっこするのが趣味です。製品発表会のお誘いや執筆依頼などお問い合わせ下さい。

CHUWI LapBook AIRのレビュー!10万円クラスのプレミアムボディーが凄い!

Chuwi LapBook AIR

どうも、ガルマックスの猶木(なおき)です。

Amazonで数多くの製品を取り扱うrakumanten様に最新の14.1型ノートパソコンChuwi LapBook AIRをご提供頂きました。感謝御礼!

以前「Chuwi「LapBook Air」が発売間近。最薄部6mmの超薄型ノートPC」を書いた時に非常に大きな反響のあった端末なので是非、実機レビューを楽しんで下さい!

※ガルマックス読者限定クーポン(適応で3,000円オフ)を頂いています!記事の最後に記載しているので、是非ご購入の際はご活用下さい!

Chuwi LapBook AIRの総合評価と価格

[良かった]

  • 外観の品質・クオリティーが高く、スタイリッシュでカッコイイ
  • キーボードが光る&打鍵感が最高に良い
  • タッチパッドが4点操作に対応している
  • デュアルマイク搭載で端末単体でクリアな通話が可能
  • 普段使いには困らない基本性能
  • 初回起動時から日本語が選択可能
  • SSDの拡張が簡単
  • 14.1型クラスだと軽量

[イマイチ]

  • 高品質な外観仕様の為、同等性能製品と比較すると高い
  • この価格ならSSDを採用してほしかった

[総合評価]

一般的に高価格帯になるほど性能が高くなり洗練されたデザインになるのですが、Chuwi LapBook AIRは非常に面白い端末で、性能はWEB閲覧や動画視聴、ブログを書いたりするライトな使い方を想定した性能のパーツを利用してコストカットしつつ、外観デザインやキーボードの質は高価格帯の製品に引けを取らないプレミアムボディーを採用しています。

僕が見る限り、外観に関しては10万円~15万円クラスのハイエンド機種に匹敵します。

価格は販売店にもよりますが、セールなどの兼ね合いで3.5万円~6万円前後と大きく価格が変動しているので安いところで購入したいところです。

同等性能の他製品と比較するとちょっと値は張りますが、「安いノートパソコンの性能で十分なんだけど、外観がチープ過ぎて嫌だ」という方はプレミアムボディーを採用したChuwi LapBook AIRはマストな製品です。

▼執筆時の価格は55,999円で日本のAmazonからも購入可能です。値下げやセールで価格は変動するのでリアルタイム価格は以下からチェックしてみて下さい。↓

▼最安値をチェック出来るページもガルマックスは作成しています。是非チェックしてみて下さい。↓

Chuwi LapBook AIRのスペック表

項目 仕様
OS Windows 10 Home 64bit
(日本語で利用できます)
画面サイズ 14.1型/IPS(1920×1080)
グレアパネル
CPU Intel Celeron N3450
メモリ 8GB
ストレージ 128GB(eMMC)
M.2 SSD 2242/最大256GBを増設可能
端子 MicroSDスロット ×1
Micro HDMI ×1
USB3.0 ×2
3.5mmヘッドフォンジャック ×1
Expandable SSD×1
タッチパッド 4本指操作対応
インカメラ 200万画素
キーボード US配列/バックライト付き
Wi-Fi 802.11 a/ac/b/g/n wireless internet
(2.4Ghz/5G dual wifi)
サイズ 32.92 x 22.05 x 2.05 cm
最薄部6mm
重量 1416g(実測値)
外装 フルメタルボディー

Chuwi LapBook AIRの開封と同梱物のチェック

▼Chuwi LapBook AIRはこんな箱に入って届きます。何台かChuwiの端末を持っていますがいつもの様に非常に頑丈な外箱でした。↓

Chuwi LapBook AIRは頑丈な外箱に入って届きます

▼側面には簡易的な仕様が書いていました。↓

Chuwi LapBook AIRの外箱にはWin10/画面サイズなどの簡易スペックが記載されています

▼パカリと蓋をあけてみました。とっても丁寧な梱包です。↓

Chuwi LapBook AIRの梱包は非常に丁寧で上位機種の様な丁寧な梱包でした

▼同梱物は非常にシンプル。Chuwi LapBook AIR本体、充電器、マニュアル(英語)と保証書、合格書のみです。↓

Chuwi LapBook AIRの同梱物は非常にシンプルで同梱品は本体と充電器のみ。

充電器は日本でも利用できる形状&仕様でした。そのままコンセントにブスっと挿して使えます。今回は日本Amazon発送の製品ですが、海外ネットショップだとプラグ形状が異なるタイプが同梱されている場合もあるようです。(プラグ形状変換アダプター使えば問題ないですが)↓

付属の充電器は日本仕様の充電器でした。

Chuwi LapBook AIRの外観をチェック

▼本体の天板にはChuwiのロゴが刻み込まれています。↓

Chuwi LapBook AIRの天板にはCHUWIのロゴが刻み込まれています。

▼本体の底面にステレオスピーカーが備わっていました。バッテリーは内蔵タイプで取り外しは出来ないようです。

Chuwi LapBook AIRの底面にはステレオスピーカー。バッテリーは内蔵タイプ

▼パカリとディスプレイを開くと、流行りの全面ガラス(ベゼル部分までガラス)仕様です。プレミアムボディーらしさが出てきましたね。↓

Chuwi LapBook AIRのディスプレイは流行りの全面ガラス張り

▼キーボードは美しいシルバーカラーで非常に上品な印象。配列はUS配列となっています。

Chuwi LapBook AIRのキーボードはシルバーに白色の印字です。非常にクールな印象

▼本体の左側面にはMicro HDMI端子と電源ポート、MicroSDスロットが備わっていました。↓

Chuwi LapBook AIRの画面左側にはMicroSDスロット、充電端子、外部映像出力が可能なMicroHDMIが付いてました

▼本体の右側面にはUSB 3.0が2つ、イヤホンジャックが1つ備わっています。↓

本体右側にはUSB3.0が2基、イヤホンが備わっています

最薄部が6mmなので非常に薄いですね。本体はフルメタル仕様で本体の周囲はダイヤモンドカットが施されており高級感すら漂ってます。↓

Chuwi LapBook AIRを実際に使ってみた

それでは早速、Chuwi LapBook AIRを使ってみて気がついた部分などを紹介!

Chuwiのロゴ、光りました

▼電源を入れると天板のChuwiロゴが淡く光りました。カッコイイ!↓

Chuwi LapBook AIRの天板ロゴは電源オン時は淡く光ります

14.1型なら軽量な部類

実は僕のメイン機は14型でChuwi LapBook AIRと画面サイズがほとんど一緒です。僕のメイン機は同等の画面サイズで約2.4kg。一方、Chuwi LapBook AIRはなんと約1.4kgで1キロも軽い!

1kgって1リットルのペットボトルや牛乳パック1本と同じ重さですよ。マジで軽い。でも、軽いだけじゃなく、航空機用マグネシウム合金材を利用することで軽量でありながら剛性も非常に高いです。

最薄部は6mm。手に取ると薄すさが実感できる

▼Chuwi LapBook AIR、めっちゃ薄いんですけど。↓

日本語で利用できます

▼初回起動時の初期設定で日本語を選択可能でした。↓

Chuwi LapBook AIRは初回起動時点から日本語が選択可能です。

中華端末の多くは英語と中国語のみがプリインストールされており、他言語はWindowsの言語パックを導入して適応するタイプが多いのですが、Chuwi LapBook AIRは初回起動時に日本語が選択出来るので初めての海外端末でも安心な仕様です。

キーボードはバックライト付きで暗所での視野性がバツグン

▼キーボードは淡い青色で美しく光ります。↓

Chuwi LapBook AIRのキーボードは淡いブルーに光ります

キーボードのバックライトは高価格帯のモデルでもオプション扱いの場合が多いのですが、プレミアムボディーに拘って作られているChuwi LapBook AIRはバックライト付きキーボードが標準装備となってました。

暗所での作業も視野性が非常に良く実用性が非常に高いのでGood!

キーボードはUS配列なのでローマ字必須

キーボードはUS配列となっているので、一部の記号が日本語配列と異なります例えば@は数字の2に割り当てられています。

日本語入力は可能ですが、かな入力では印字も無いのでローマ字入力を普段から利用している方向けです。

また、半角/全角キーも備わっていないので、日本語への切り替えはAlt+~(Escキーの下)か、Shift+CapsLockで切り替えます。

キーの右側が特殊な配列

▼Chuwi LapBook AIRのキー配列は特殊で、キーボードの一番右側にHomeやPgUP、PgDnなどのキーが備わっています。↓

また、一番右の最上段が電源ボタンとなっており、BackSpaceキーと押し間違えてスリープ状態になってしまうことが何度かありました。慣れるまでは誤入力してしまうかも。

打鍵感は最高に良い。キーの打鍵音も静かでGood

キーの打ち心地は最高レベルで心地良かったです。これなら長文のタイピングも全く問題ありません。剛性に関しても申し分なく打鍵音も静かでした。↓

タッチパッドは4本指の操作に対応。仮想デスクトップの切り替えもタッチパッドでオッケー

Chuwi LapBook AIRはなんと4本指操作に対応していました。通常であればCtrlキー+Windowsキー+左右カーソルのキー入力で切り替える仮想デスクトップも4本指で左右スワイプするだけで切り替えられます。↓

MacBookなどはタッチパッドで仮想デスクトップ切替はお馴染み機能ですが、僕はWindowsで仮想デスクトップがタッチパッド操作で切り替えられる製品はChuwi LapBook AIRが初めてです。

SSDの増設が簡単

▼本体裏のビス止めされた蓋をあけるとSSDの増設スロットに簡単にアクセス可能です。↓

Chuwi LapBook AIRは簡単にSSDを増設出来ます

M.2 SSD 2242の最大256GBを挿し込むだけで簡単に容量アップ。保存容量が足りなくなっても高速なストレージを後から増設出来るのはGoodですね。

ストレージはeMMCを採用

▼Chuwi LapBook AIRはストレージにeMMCを採用しています。ストレージの速度を測定するソフトで調べてみました。↓

Chuwi LapBook AIRのストレージ速度

増設出来るSSDよりも速度は劣りますが、HDDと比較した場合、読み込み速度に優れているので、システムの起動やアプリケーションの読み込みが早いです。でも、価格を考えると128GBのSSDを搭載して欲しかったというのが本音。

手持ちのMicroSDで容量を簡単に増設出来る

SSDのスロットが搭載されているので、気軽にSSDを増設可能ですがSSDは高価です。ちょっとした保存容量の拡張ならMicroSDでの拡張がオススメ。

▼Chuwi LapBook AIRはMicroSDのスロットが搭載されているので、最大128GBまでのMicroSDなら挿すだけで簡単に保存容量を増設することが可能です。MicroSDは本体からはみ出ないので挿しっぱなしでもオッケー。↓

Chuwi LapBook AIRはMicroSDスロットを搭載しているので簡単に保存容量を増設することが可能です。

FHD+IPS+グレアパネルで映像がめちゃくちゃ綺麗。勿論、FHDの全画面再生も止まらずに視聴出来る

Chuwi LapBook AIRは高精細な表示が可能なFHD(1920×1080)の解像度で視野角の広いIPSを採用。そして、グレアパネル仕様で非常にコントラスト豊かで発色の良い映像が楽しめます。

▼YouTubeでFHD動画を再生したのですが、非常に美しい映像を楽しめました。CPUもパワフルなのでFHD動画を全画面で表示して再生してもコマ落ちすること無く楽しめます。

グレアパネルはテカテカ・ツルツルしたガラスの様な画面で利点はコントラストや発色が良いことですが、周囲の光が映り込みやすい事が欠点です。グレアパネルが好みでない方はノングレアフィルムを貼って対策しましょう。

N3450はライトな利用では困らない性能

Chuwi LapBook AIRは最新型のN3450を採用しており、コア数が4コアでマルチタスク処理に長けているCPUです。

▼N3450は1.1GHz駆動のCPUですが、負荷状況に応じて最大2.2GHzまでクロックが自動でアップします。ライトな使い方の時は省電力性能に長け、パワフルな使い方だとクロックをガツンと上げて快適性を保ちます。↓

個人的に利用した限り、WEB閲覧、メール、ブログ作成、動画視聴などライトな利用ではメイン機で利用しているCore i5のノートパソコンと使い勝手は殆ど同じ。

RAW現像などPowerを必要とする処理では時間が必要だけれど、使えないってレベルでもない。これくらいの性能があれば写真撮影→RAW現像→記事執筆などブログ更新も出来ちゃいます。

Chuwi LapBook AIRのAnTuTuベンチマークスコア

▼Chuwi LapBook AIR(Intel Celeron N3450)の総合スコアは118944点、3D性能は20240点でした。廉価版のCPUであることを考えると非常に秀才なスコアですね。↓

Chuwi LapBook AIRのAnTuTuスコアは118944、3Dスコアは20240

遊べるゲームも多い

N3450のGPU(ゲームとかに利用する3D描写用のチップ)がオンボード仕様となっていますが、想像以上にパワフルです。

▼MicrosoftストアのWin10版マインクラフトは初期設定で快適に遊べます。↓

Chuwi LapBook AIRはMicrosoftストアで配信されているWindows10版のMinecraftが快適に動きます

▼スマホでも人気を博したモダンコンバットも設定を変えることで快適と言えるレベルで楽しめます。↓

Chuwi LapBook AIRはモダンコンバット5も設定を少し下げれば快適に遊べます

モダンコンバット5の場合は設定画面から描写設定を”L”に変更することでカクつきや重さを感じる事無く遊べます。

Chuwi LapBook AIRで外部GPUカードの利用が指定されているパッケージゲームは難しいですが、Microsoftストアで数多くリリースされているモバイル向けのゲームは快適に遊べるタイトルが多いので、手に入れたらゲームも是非楽しんで下さいね。

高音質なデュアルマイクが想像以上に良い

▼Chuwi LapBook AIRは200万画素カメラの左右にマイクが備わるデュアルマイク仕様です↓

Chuwi LapBook AIRはデュアルマイクがフロントカメラの左右に備わっています

▼200万画素カメラも備わっているのでChuwi LapBook AIR単体でビデオチャットが可能。ヘッドセットなども用意する必要がありません。↓

Chuwi LapBook AIRはヘッドセットなどを取付けなくても音質の良いビデオチャットが楽しめます

Skypeを利用して録音性能をチェックしたのですが、このマイク、外部のヘッドセット無しで超高音質な録音が可能です。

メイン機で利用しているノートパソコンでは音声が篭ったような音質で、再生時に音量が小さく聞き取りづらい感じでしたが、Chuwi LapBook AIRは外部マイクを使っているかのような音質で再生されてビックリしました。

Chuwi LapBook AIRまとめ

Chuwi LapBook AIRのレビューはいかがでしょうか?

いやー、面白いコンセプトの製品でしたね。処理性能はライトな使い方で問題が無いパーツを採用することでトータル的なコストをカットしながら、外観には高価格帯と同等のプレミアムボディーを採用することで、ライトな使い方では操作感も相まって超高級端末と錯覚してしまうほどです。

予算は6万以下、でもMacBookみたいなカッコイイ外観が良い!という方はChuwi LapBook AIRをチェックしてみましょう。

レポートの作成が多い学生さんにもオススメですよ。

Chuwi LapBook AIRの性能ならレポート作成や動画視聴、ブログ執筆など、WEBブラウザーで完結出来る様なライトな使い方ならパワフルに動いてくれます。

また、Chuwi LapBook AIRをご提供頂いたrakumanten様はアフターサポートが非常に丁寧で有名な販売店さんです。

保証は以下の通り

  • 端末交換保証:購入後7日以内メーカー保証
  • サポート:購入後1年は販売店保証
  • アフターサービス:無期限

また、ガルマックス読者様向けの3,000円オフ割引クーポンを頂いています。購入の際は是非ご活用下さい!

割引クーポン(2017/12/31まで利用可):WIZOJF39

▼Chuwi LapBook AIRの最安値チェックは以下からどうぞ↓

ページトップへ