ガルマックスの猶木(ナオキ)です。【楽しく面白く的確に】をコンセプトにデジタル製品の様々な話題を書いて生きています。スマホやPCガジェットが大好きでスペック表とにらめっこするのが趣味です。製品発表会のお誘いや執筆依頼などお問い合わせ下さい。

FLEAZ BEATのレビュー!スペック、最安値まとめ!

ガルマックスのコラボプレゼント企画開催中!

開催中のガルマックス抽選会はガルマックス抽選会の一覧からご確認下さい!

FLEAZ BEAT

更新!

gooSimsellerの夏セールでFLEAZ BEATが2,800円に!詳しくは「HUAWEI P20 liteが1.5万円以下!人気8機種が価格クラッシャーことgooSimsellerで激安に!」をどうぞ! 

最安値(SIMセット)だと6千円台で購入できてしまう超安価なSIMフリースマホの[FLEAZ BEAT]。実機を手に入れたので早速FLEAZ BEATの魅力に迫ってみます。

FLEAZ BEATはライトユーザー向けの端末ですが、便利なSIMの同時待ち受け機能にも対応しているので、是非最後までご確認下さい!

お知らせ

レビュー公開時に「カメラのオートフォーカスが合いにくい。初期不良かも知れない」としていましたが、後日、コヴィアさんから直接連絡があり、初期不良の可能性があるので端末を交換して頂きました。改めて検証した結果、オートフォーカスが合いにくい症状は改善され、初回レビュー時の端末は初期不良であることが分かりました。

確かに初期不良品を掴んでしまうのは気持ちの良い事ではありませんが、コヴィアさんの迅速な対応は凄く良かったです。カメラ項目で正常な写真と動画をアップしているので是非ご確認下さい!

更新履歴

  • バッテリー持ちと充電時間の検証結果を追加しました。
  • カメラAFが合わない問題は初期不良だったので、各項目へ追記しました。
本レビューは9ページ構成です!記事上部の「ページ一覧」からも各項目へ移動出来ます!

FLEAZ BEATの総合評価

[良かった]

  • 端末価格が安い。SIMセットなら6,000円台で購入可能!
  • ライトユーザーなら不満の少ない性能!
  • DSDSが利用できる!
  • SIM×2+MicroSDスロットを搭載!
  • ドコモとソフトバンク、ワイモバイル対応で扱いやすい!
  • 指紋認証を搭載!
  • 日本版GPSの「みちびき」に対応!
  • バッテリーは脱着式
  • 5型でコンパクト&軽量

[購入前に知っておこう]

  • カメラのフォーカスが合いにくい(初期不良の可能性有り)
  • 最新の3Dゲームを快適に遊ぶことが難しい性能
  • ディスプレイが粗い

[総合評価]

価格の割には頑張っている印象です。

絶対的な性能は高くありませんが、スマートフォンはWEB閲覧とメールやLINEくらいしか使わないという方は十分メイン端末として利用できます。WEB閲覧も実機で試してみましたが、メモリ3GBを搭載しているので案外快適。

仕様は少々古く、最近流行りの縦長ディスプレイではないので、ディスプレイの表示領域は狭く感じます。

特筆すべき点は4G(LTE)に対応していることに加え、2枚のSIM同時待ち受け機能に対応していることです。電波もドコモ、ソフトバンク、ワイモバイルに対応しているので使い勝手もGood。

FLEAZ BEATが真価を発揮するのは格安SIM屋さんで格安SIMとセットで購入したときです。通常価格は約2万円なので正直旨味はありませんが、格安SIMセットなら6,000円台で端末が手に入るので、子供用のスマホ、遠方の両親に持ってもらうスマホとして格安SIMとセットで購入するなら魅力的な選択肢かと感じます。

FLEAZ BEATの価格をチェック!

メーカー直販価格は19224円、格安SIMとセットなら最安で6,800円で購入可能です。

FLEAZ BEATを最安値で購入できるショップや格安SIMとセットで激安購入できるショップは[FLEAZ BEATの最安値をチェック!]で掲載しているのでチェックしてみて下さい。

FLEAZ BEATのスペック(性能)をレビュー!

項目スペック
OSAndroid 8.0
SoCMediaTek
MT6750
メモリ3GB
保存容量32GB
MicroSD最大128GB
独立スロット搭載
ディスプレイ5型/16:9
解像度1280×720/HD
アウトカメラ800万画素
インカメラ200万画素
バッテリー容量2300mAh
脱着可
カラーブラック
ブルー
サイズ(高さ)146×(幅)71.8×(奥行)8.9㎜
重量 161g
SIMサイズMicroSIM×2
ネットワーク■GSM:850 / 900 / 1800 / 1900
■LTE:B1(2100) / B3(1800) / B8(900) / B19(800)
■W-CDMA :B1(2100) / B6(800) / B8(900)

4G+3GのDSDS対応
ドコモ回線 フル対応
ソフトバンク回線必須バンド対応
ワイモバイル回線必須バンド対応
au回線非対応

FLEAZ BEATの各種ベンチマーク結果と総合的な性能

FLEAZ BEATのベンチマークをチェック!

AnTuTu

ガルマックスでは端末性能を数値化するアプリにAnTuTuを利用しているのでAnTuTuのスコア基準でFLEAZ BEATの端末性能を解説しています!

測定時のAndroidバージョンは8.0、AnTuTuのバージョンは7世代です!

▼FLEAZ BEATの実機AnTuTuスコアは総合スコアが52190点、GPU(3D)スコアは52190!執筆時点だと現行のミドルスペック並の性能を持ち合わせています。↓

FLEAZ BEATの実機AnTuTuベンチマークスコアは総合が52190点、3D性能が9203点。

以下は現在市場で主流となっているSoCの各性能帯の平均スコアです。常に現行の性能帯と比較出来るので、FLEAZ BEATが現在どのランクの製品であるか簡単に確認できます。

▼AnTuTuアプリver7以降のスコアです。↓

845
(ハイエンド)
710
(アッパーミドル)
660
(ミドルハイ上位)
630
(ミドルハイ)
430
(ミドル)
210
(エントリー)
総合:約25.5万点
3D:約10.7万点
総合:約16.5万点
3D:約4.7万点
総合:約13.5万点
3D:約2.9万点
総合:約8.6万点
3D:約1.8万点
総合:約5.4万点
3D:約9千点
総合:約2.6万点
3D:約1000点

▼AnTuTuアプリver7以前のスコアです。↓

835
(ハイエンド)
660
(ミドルハイ上位)
630
(ミドルハイ)
430
(ミドル)
210
(エントリー)
総合:約17万点
3D:約6.7万点
総合:約11万点
3D:約2.9万点
総合:約6.5万点
3D:約1.8万点
総合:4.3万点
3D:9千点
総合:2.3万点
3D:1500点

FLEAZ BEATはWEB閲覧、動画視聴、メールやLINE、SNS、カジュアルゲームなど、一般的な使い方であれば比較的不自由なく利用できる性能を持ち合わせてます。

トータル的な性能が高いわけではないので、スマホは「WEB閲覧と電話、メールができれば良い」という方や、子供や両親にもってもらうスマホとしてが最適。

また、DSDS機能が利用できるので、仕事とプライベートの電話番号を1台の端末で利用できる電話専用機がほしいという方にもオススメです。

▼FLEAZ BEATの実機でWEB閲覧時の快適性をチェックしてみました。これくらいはサクサク動いてくれるので、中々快適です。↓

  • ▼AnTuTuベンチマークスコア募集中!▼

    スマートフォンは日々進化しており、例えば去年のミドルスペックと今年のミドルスペックでは同じ性能帯でも性能差があります。理由は処理チップにも世代があり、新世代になると性能も大きく向上するためです。SIMフリー端末はキャリアに縛られない汎用性の高さから、今後は中古市場でも人気が高くなると予想しています。

  • そこで、端末の性能を数値化するAnTuTuベンチマークアプリを用いて実機のスコアを収集し、新端末や中古端末を選ぶ際の1つの指標となるように日々実機を用いたAnTuTuベンチマークスコアを以下の記事でまとめて公開しています。もし、実機AnTuTuベンチマークスコアを提供してもいいよ!(端末は全機種対象)という方は以下の記事に投稿方法も記載しているのでチェックしてみて下さいね!
  • 【関連】スマートフォンの実機AnTuTuベンチマークスコアまとめ

Geekbench 4

▼Geekbench 4で端末性能をチェックしている方は以下をどうぞ!FLEAZ BEATのシングルコア性能は624点!マルチコア性能は2496点!↓

Geekbench 4のFLEAZ BEATのシングルコア性能は624点!マルチコア性能は2496点!

PCMark for Android

▼PCMark for Androidで端末性能をチェックしている方は以下をどうぞ!FLEAZ BEATのスコアは3345点でした!↓

PCMark for AndroidのFLEAZ BEATのスコアは3345点でした!

3DMark

▼3DMarkでゲーム性能をチェックしている方は以下をどうぞ!FLEAZ BEATはSling Shotが154点でした!↓

FLEAZ BEATはSling Shotが154点でした!

ゲーム性能

FLEAZ BEATのゲーム性能をチェック!

執筆時点で人気の高いゲームを実機で動かしゲーム性能を検証!今回は爆発的な人気を誇る[PUBG]を利用して検証しました!

PUBGは100名ものプレイヤーが同一マップでバトルロワイヤルを繰り広げるサバイバルアクションシューティングゲーム。3D処理が多く、ゲーム側で描写設定を低・中・高から選択出来るようになってます。

PUBG MOBILE

PUBG MOBILE
開発元:PUBG Corporation
無料
posted withアプリーチ

FLEAZ BEATでPUBGは低設定

▼PUBGでの自動設定は低設定となりました。

FLEAZ BEATはPUBGで低設定でした。

▼グラフィックの欠けや動かないということはありませんが、全体的にフレームレートが低く、快適に遊べません。

最新の3Dゲームはグラフィック設定を落としたとしても快適に遊べる可能性は低いです。

FLEAZ BEATでどんなゲームなら動いた?

AnTuTuでの3Dスコアが9千点台なので、思いの外、多くのゲームが快適に動いてくれます。最新のゲームは難しくても、数年前の3Dゲームなんかはサックサク。あと2Dゲームも快適に遊べるゲームが多いですよ。いわゆる「暇つぶしゲーム」系なら非常に多くのゲームが動きました。

ページトップへ