1100-150 Xiaomi 14

カメラ投票で「Google Pixel 6a」がiPhone 14 ProやXperia 1 IVなど抑え堂々の1位!

選ばれたのは、Pixel 6a、でした。

Google製の廉価スマホ「Pixel 6a」が、スマートフォンのカメラブラインドテストでなんとiPhone 14 ProやXperia 1 IVを抑えて総合1位を獲得!あの安さでこれは凄すぎるわ。

ブラインドテストとは?

ブラインドテストは機種名・銘柄・イメージを伏せて、実際にカメラの写真やオーディオ機器の音質といった部分を評価するテスト。

▼実際の投票画面こんな感じで、機種名は伏せられており、どちらが良いかをユーザーに選ばせてその数を集計するという形式となっています。↓

▼評価する撮影シーンは通常撮影、ナイトモード(暗い場所)での撮影、そしてポートレート(背景ボケ)の3つとなっています。↓

▼ブラインドテスト対象機種は以下の通り。iPhone 14 ProやGalaxy S22 Ultra、Xperia 1 IVにMate 50 Proとハイエンドスマホや高価格帯スマホを中心にラインナップされていました!↓

YouTube

なお最後にVivo X80 Pro+とありますが、これは存在しない機種。サムネイルに写っている機種からおそらくX80 Proと思われます。それにしても最新のX90 Pro+ではないのは気になるけど。

Pixel 6aが総合1位を獲得!最下位はXperia 1 IV

登録者1,650万人を誇るMarques Brownlee氏のYouTubeチャンネルにて、ハイエンドスマホを含む全16機種のブラインドテストの投票を集計したデータが公開されました。票数はなんと2,000万以上。

さらにブラインドテストの形式は「全ての機種の写真を比べて投票する」というタイプ。

たとえば、iPhone 14 Proと他15機種の写真を全部比べて投票…の繰り返しで集計されています。結構信頼できそう。

▼その中で、なんとPixel 6aが総合1位を獲得。1インチセンサーを搭載したXiaomi 12S Ultraや上位モデルのPixel 7 Proを差し置いて、廉価グレードの6aがトップに立つとは…凄すぎる。↓

YouTube

次点では同じくGoogle製のPixel 7 Pro、その次にZenfone 9、OPPOのFind X5 Pro…と並んでいます。iPhone 14 Proは7位。

▼反対に、最下位となったのはなんとSony Xperia 1 IV。最新の高級ハイエンドモデルでありながら最下位はエグい。次点でmotorolaのEdge 30 Ultra、Nothing Phone (1)、そしてPixel 6a同様の廉価モデルiPhone SE3が並んでいます。↓

YouTube

▼なお、得票数の多い写真は「暗くなく、それでいて明るすぎない、自然な色合い」という傾向にあったそうです。ポートレートは「背景ボケの境界の正確さと白飛びの抑え」が重要視されていました。↓

YouTube

▼また写真写りに対するコストパフォーマンスの良さも評価されており、その点においてはPixel 6aが堂々1位でした。5万円ほどと安くてあそこまでキレイに撮れるんだったら納得だわ。次点でrealme 10 Pro+でした。↓

▼コスパ面のワーストはXperia 1 IV。定価17.4万と高いから無理もない(´・ω・`)。↓

「気軽にキレイに撮影できる機種」として最高だと思う

今回のブラインドテストが全て、というわけではありません。たとえばPixel 6aは総合一位に輝いてはいますが、3つの分野で見てみるとそれぞれ2~3位という結果になっています。

ちなみに通常撮影1位はOPPO Find X5 Pro、ナイトモード1位はvivo X80 Pro、ポートレート1位はPixel 7 Proという結果でした。

また撮影シーンは3つのみ。もっと他にサンプルがあったら結果は違ってくる可能性はありそう。あとフロントカメラの評価もないので、その部分も欲しいところですね。

そして、Pixel 6aには望遠カメラがありません。なので望遠性能のキレイさで比べれば、間違いなくXperia 1 IVやvivo X80 Proが圧勝するでしょう。

個人的にこの評価は「カンタンでキレイに撮れるスマホ」としてはPixel 6aは最高に良いとは思えます。望遠や天体撮影、三脚など、こだわらないのであればこれ1台で満足できるでしょう(`・ω・´)。

そもそもPixel 6a自体もかなり良いスマホ。定価5.3万円と安めながら上位版と同じハイエンドチップのTensor積んでるし、画面はきれいな有機ELで画面内指紋センサー搭載だし、そしてカメラもキレイだしオススメ度は高い。

もしPixel 6aを詳しく知りたければガルマックスの実機レビュー記事もチェックしてみてくださいね!

個人的にはコスパランキングの2位になっているrealme 10 Pro+が気になる。カスタムOSのrealme OSは結構気に入っているし見た目もいいしで欲しくなっている。

なお、ブラインドテストは執筆時点の現在も集計が続いています!下記の公式サイトから投票できるんで、気が向いたらチェックしてみてください。ただ全部の機種を比べる形式ゆえ、結構時間が掛かるんでその点は注意。

ページトップへ