1100x150_v4 ワイモバイル

中華スマホなら3Gが使えるLINEMOがオススメ!ahamo、povoはVoLTE非対応だと通話不可!

大手キャリアのオンライン専用ブランドが出揃いましたが、LINEMOは3G通信できたので中華スマホと相性良さげ。逆にahamoとpovoはスマホがVoLTE対応じゃないと通話できないのでマジ注意。

中華スマホはVoLTEが開放されていない場合が多い

ガルマックスは中華スマホを数多くレビューしていますが、日本に参入しているXiaomiやRedmiも海外モデルはVoLTEが開放されていない事が多いです。

auを除くドコモ・ソフトバンク回線やそれら電波を利用した格安SIM・サブブランドは3Gが利用できるので、4G通話のVoLTEが開放されていなくても3Gで通話が可能でした。

日本では3Gが停波となるので終息に向かいつつあるのですが、ドコモのahamo、auのpovoは一足お先に3Gを切り捨て4G/5Gのみ対応となっています。

LINEMOのみ3Gが利用できる

先述通り、ahamoとpovoは3Gサービスが利用できないので通話は4Gを利用したVoLTEに。しかしながら中華スマホではVoLTEが開放されていない場合が多いので、これらのSIMで通話するにはVoLTE化が必要な端末が出てきます。

LINEMOでの3G通信ですが、POCO F3、Redmi Note 10で3G/3Gハイスピードでの通話検証を行っています。これらの機種はVoLTE化が容易なので、無効化、有効化のそれぞれで検証を行い、無効化状態では3G/3Gハイスピード表示での通話、有効化状態ではVoLTE表示での通話を確認しています。

▼以下はRedmi Note 10/VoLTE無効化状態で3Gのピクトアンテナが通話時に立っている様子。表示は3G表示後にH表示(3Gハイスピード)に切り替わり通話は問題なく行えました。通話後は4Gに切り替わりデータ通信も問題なく行えてます。↓

LINEMOの公式サイトでは3G通信に対する記述がページ毎に異なっています。

VoLTEに対応していない端末及び3G専用端末については、LINEMO通信サービスをご利用いただけません。

動作確認端末

4Gエリア内であっても電波環境により3Gでの通信となる場合があります。

対応エリア

しかし実機では3Gでの通話が問題なく行えていることから、3G電波も事実上利用可能な状態であると言えそうです。

実機検証の結果、ahamoとpovoは同様の条件で3Gでの通信はできず公式通り5G/4Gのみ、LINEMOのみ3Gでの通話が行えました。これらの結果はガルマックス独自の検証結果なのでLINEMOでの通信で全ての端末にて3G通信できるという保証ではありません。その点はご留意を。

  • ahamo:4G/5G
  • povo:4G/5G
  • LINEMO:3G/4G/5G

独自検証では、オンライン専用ブランドでは唯一LINEMOのみ3G通信ができるので、VoLTEが開放されていない場合が多い中華スマホでは3G通信できるLINEMOが相性が執筆時点では良いと言えそうです。

ahamoやpovoへの乗り換えは端末がVoLTEに対応しているか確認を

中華スマホの中には簡単にVoLTEをオンにすることができる端末があります。例えばXiaomiやRedmiは通話アプリで「*#*#86583#*#*」を入力することでVoLTEオプションを有効化にできます。

一方、OPPO系列のスマホ(OPPO、OnePlus、Realme)はVoLTE化の難易度が少々高く、PCを利用して様々なツールを使ってVoLTE化することから、専門知識を持っていないと難しいです。

例えば、VoLTE化の難易度が高いOnePlusの端末を利用している方が、VoLTE必須のahamoやpovoに乗り換えを検討している場合、持っているOnePlusスマホを自力でVoLTE化しないと通話できなくなってしまいます。

3Gが利用できないahamoやpovoに乗り換える場合は、ご自身のスマホでVoLTEが使えるか確証を得るか、VoLTE開放を自力で出来るか判断してから乗り換えするのがオススメ。

  • ahamo:VoLTE対応スマホでないと通話不可
  • povo:VoLTE対応スマホでないと通話不可
  • LINEMO:VoLTE非対応スマホでも3G回線で通話可能

やっぱり中華スマホ使うならソフバン系SIMに変わりなし

中華スマホは大多数がソフトバンク系回線で重要なバンドに対応しているので以前から「中華スマホと相性が良いのはソフトバンク系回線」と言っていたのですが、オンライン専用ブランドもその認識は変わりなくLINEMOが扱いやすいです。

LINEMOは20GBのデータ容量のみですが、それ以上または以下の容量が良ければソフトバンクのサブブランドであるワイモバイルがオススメです。

しかしながら、3Gは停波の予告が出ているので、遅かれ早かれソフトバンク系回線もVoLTE必須の時代が来ます。

その時は、持っている端末がVoLTEに対応していないと通話出来ない状態に陥るので、今後は端末を選ぶ際にVoLTEの対応状況もシビアにチェックしたほうが良さそうです。

ガルマックスでahamo、povo、LINEMOのSIMを持っているので、今後はレビュー時に端末がデフォルトでVoLTEに対応しているか検証を行います。端末選びの際はレビューも参考にしてみて下さいね!

どれにする?ahamo、povo、LINEMOの違いを比較

▼動画も公開しているのでチェック!LINEMOでの検証の様子も収録してます!↓

ページトップへ