ガルマックスの猶木(ナオキ)です。【楽しく面白く的確に】をコンセプトにデジタル製品の様々な話題を書いて生きています。スマホやPCガジェットが大好きでスペック表とにらめっこするのが趣味です。製品発表会のお誘いや執筆依頼などお問い合わせ下さい。

UMIDIGI Powerのレビュー!ライトユーザーにオススメしたい大容量バッテリー搭載スマホ![読者投稿]

▼タイアップキャンペーン!▼

月間100GB以上使える!ガルマックス経由なら長期契約不要で月額2,990円!期間限定&数量限定!お見逃し無く!

「UMIDIGI Power」の実機レビューを読者様からご投稿頂きました!

投稿して下さいました「KJ」様、貴重な実機レビューありがとうございます!

ガルマックスでは読者様からの投稿レビューを様々な機種で募集しているので、ご興味の有る方は是非以下も御覧ください!

【対象端末追加】読者レビュー投稿フォームとレビュー対象リスト

UMIDIGI Powerの詳細なスペック表

スペック表の信頼度ランク
信頼度 参照先:公式
信頼度:高
製品情報
端末名 UMIDIGI Power
型番/別名 Power
発売年 2019年6月
発売地域 海外:SIMフリー
日本:SIMフリー
メーカー UMIDIGI
言語 日本語対応
Googleサービス対応
日本のスマホと変わらない使い心地
対応バンド・ネットワーク
2G 2/3/5/8
3G 1/2/4/5/6/8/19
4G 1/2/3/4/5/7/8/12/13/17/18/19/20/26/28A/28B/38/40/41
ドコモ対応状況

フル対応
プラチナバンド19対応
FOMAプラスエリア対応

ソフバン・ワイモバ対応状況

必須バンド対応/LTE 41非対応
プラチナバンド8対応
超混雑時に通信速度が稀に落ちる場合あり

au対応状況

フル対応
プラチナバンド対応
※周波数は対応しているが
Amazonでは非対応と記載されている

SIMサイズ・スロット NanoSIM×2
ネットワーク関連備考 DSDV対応
Wi-Fi 802.11 a/b/g/n/ac
Bluetooth 4.2
本体仕様
ディスプレイ 6.3インチ/液晶(LTPS)/画面占有率92.7%
解像度 2340×1080/FHD+/画面比率19.5:9
画素密度 409ppi/高精細でドットの粗さは気にならない
サイズ 高さ157mm
横幅74.5mm
厚さ8.8mm
重さ 190g
本体色 ブラック系/ゴールド系
システム仕様
OS Android 9.0
SoC Mediatek Helio P35/MT6765
CPU Cortex-A53×4、Cortex-A53×4/2.3GHz/8コア
GPU PowerVR GE8320
ベンチマーク AnTuTu(実機):総合スコア84272点、3Dスコアが12784点
Geekbench4(参考):シングルコア900点、マルチコア3900点
メモリ/保存容量
組み合わせ メモリ4GB+容量64GB
ストレージカード MicroSD対応/最大256GB/片方のSIMスロット共用
カメラ
メインカメラ 16MP+5MP
2カメラ仕様
F値1.8
6枚レンズ
デュアルLEDフラッシュ
前面カメラ 16MP
1カメラ仕様
F値2.0
5枚レンズ
セルフィーカウントダウン
カメラ備考 最大画素数/1080P、最大FPS/30FPS
機能仕様・センサー
GPS GPS、GLONASS、BDS
センサー 指紋認証(背面)、顔認証、加速度センサ、近接センサ、ジャイロ、コンパス
防水/防塵 非対応
イヤホンジャック あり
ネットワーク機能 NFC(FeliCa非対応/おサイフケータイ非対応)
その他機能 -
バッテリー
バッテリー容量 5150mAh
充電 有線充電:18W
ワイヤレス充電:非対応
ポート USB Type-C
その他
価格 海外:149.99ドル
日本:15,777円
公式サイト

UMIDIGI Power

購入先/割引情報

日本Amazon(技適認証済み)

端末詳細記事

UMIDIGI Powerのレビュー!ライトユーザーにオススメしたい大容量バッテリー搭載スマホ![読者投稿]

UMIDIGI Power登場!スペック・特徴をチェック!

UMIDIGI Powerのスペック詳細。対応バンドの仕様と価格

UMIDIGI Power(Helio P35)の実機AnTuTuベンチマークスコア

UMIDIGI Power購入の決め手

Android9.0と大容量なバッテリーを搭載しているスマートフォン且つ、日本で購入可能な最新モデルでコストパフォーマンスの高い製品で探していたところUMIDIGI Powerにたどり着き購入に至りました。

購入後に感じた良いところ・イマイチなところ

良かった

  • 5150mAhのバッテリーの持ちは素晴らしいです
  • カメラの性能が思っていたよりも良かったです
  • 純正の専用ケースの設計が良く考えられています

イマイチ

  • カメラの位置が好みではなかったです
  • 背面の保護シールが長すぎて充電穴よりも飛び出しています
  • 少し重いので持ち歩きにくいかもしれません

編集部コメント

おそらくイマイチな部分でピックアップされている「背面の保護シールが長すぎて充電穴よりも飛び出しています」の保護シールは僕も経験があるのですが、問い合わせたところ、「運輸時に傷から守るためのシールなので剥がして利用して下さい」とのことで、飛び出している部分は剥がしやすくするためのツマミ部分かと思います!背面のフィルムに貼り付けられているコードなどは捨てずに大切に保管しましょう!

UMIDIGI Powerの購入先・購入金額・配送期間

AmazonのUMIDIGIオフィシャルショップで15777円でした。注文後2日で到着しました

UMIDIGI Powerの付属品レビュー

UMIDIGI Power

UMIDIGI Powerの付属品評価は5段階中
[★★★★★]星5つです!
(星の数が多くなるほど満足度が高くなります。)

保護フィルムやケースまで付属していて内容は充実しており不満なし

UMIDIGI Power

本体以外には箱、USB Type-Cケーブル、充電器、SIMピン、日本語・英語・ドイツ語・イタリア語・フランス語で記載された取り扱い説明書、保護ケースが付属しています。保護フィルムは本体に貼り付けられた状態で付属していました。価格相応の付属品ですので不満は無いです。

▼純正の保護ケースはボタン位置や開口部の事も製品デザインと細部まで合うように考慮されて作られており満足しております。↓

編集部コメント

付属品は非常に充実していますね!保護フィルムや保護ケースが付属しているので、端末購入だけで一通り揃うお得感はGood!充電器もしっかり日本のコンセントに挿すことが出来る形状なのも嬉しいですね!

UMIDIGI Powerの外観・デザインレビュー

UMIDIGI Powerの外観評価は5段階中
[★★★★★]星5つです!
(星の数が多くなるほど満足度が高くなります。)

筐体が重いので両手持ち推奨

ディスプレイは大きく見やすいですが重いので両手で操作したほうが宜しいかと思われます。デザインも癖が無く悪くないです。指紋も目立つ程付着するという程でも無いです。指紋が気になる方はタッチペンでの使用を推奨します。

▼以下の写真ではしっかり技適付きであることが確認できます。↓

編集部コメント

重量は本体だけでも190g。そこに保護ケースや保護フィルムも含まれると重量感は結構感じるようですね。重量に関しては大容量バッテリー搭載モデルの宿命とも言える部分ですので知っておきましょう!

UMIDIGI Powerのパフォーマンスレビュー

UMIDIGI Powerのパフォーマンス評価は5段階中
[★★★★☆]星4つです!
(星の数が多くなるほど満足度が高くなります。)

重量級ゲーム以外では快適に動作する

WEB閲覧や動画視聴、ニュースやSNSアプリなど、動作の軽い使い方で動作の鈍さを感じるシーンは全く無くスペック通りスムーズな動きをします。

重いゲームでは少しカクつきがあり、PUBG mobileはスムーズと標準までが選択可能で混み合った所では僅かにカクつきますがそれ以外は問題無くプレイ出来ると思います。タッチペンもすんなり反応してとても良い具合です。

編集部コメント

重量級ゲームを快適にプレイするにはもう少し高い処理性能が欲しいところですが、ゲーム以外の使い方なら動作の鈍さを感じることなくスムーズに動くみたいですね!ゲームは暇つぶし程度で、スマホではライトな使い方が多いって方は満足度が高そう!

UMIDIGI Powerの実機AnTuTuスコア

▼KJさんのUMIDIGI Powerは総合スコアが85498点、3D(GPU)スコアが12915点でした!↓

UMIDIGI Power実機AnTuTuベンチマークスコアは総合が85498点、3D性能が12915点。

UMIDIGI Powerの機能や仕様レビュー

UMIDIGI Powerの機能評価は5段階中
[★★★★★]星5つです!
(星の数が多くなるほど満足度が高くなります。)

ホーム画面とプリインストールアプリ

▼ホーム画面とプリインストールアプリ。アプリ一覧は投稿者さんが導入したアプリ(AnTuTu)なども含まれてます。↓

余計なソフトも入っておらずシンプルです。 やはりAndroid9.0は7.0や8.0に比べて快適になっています。 Wi-Fiの感度も良く一度も切れた事も無いです。

日本語対応&Googleサービスも対応

初回起動時点から日本語に対応、Googleサービスもプリインストールされていました。

編集部コメント

OSに関しては最新世代となるAndroid 9を搭載してまして、アプリも必要最低限のシンプルな構成に満足されているようです!Wi-Fiの感度も良好なようで接続も安定しているようですね!その他、UMIDIGI Powerは大手キャリアのバンドにフル対応してまして、2回線同時待ち受け機能も利用可能!以下のような運用も可能です!

モナWi-Fiの単体SIMを活用して音声通話+データ容量100GBを月額3,680円で実現

UMIDIGI Powerのカメラレビュー

UMIDIGI Powerのカメラ評価は5段階中
[★★★★☆]星4つです!
(星の数が多くなるほど満足度が高くなります。)

基本的な機能は網羅。見た目に忠実な仕上がりが気に入っている

基本的な機能は全て備わっており何の問題も無いと思います。最新機種だけあり考えられているなぁと感心しました。カメラは手ブレ補正、ZSD、セルフタイマー機能も備わっています。ホワイトバランスはオート、白熱灯、昼光蛍、光灯、曇り、たそがれ、日陰、温かな蛍光色の選択肢があります。

フリッカー防止機能は自動、無効、50Hz、60Hzの選択も可能です。また、PHOTOSHOUNDやWatermartkの設定も可能となっていました。

撮影後の編集モードは自動、無効、西部、パルマ、メトロ、エッフェル、暖色、モデナ、フィルム、VOGUE、オーリー、バザール、アルパカ、眺望から選択可能です。

写真の仕上がりは見た目に忠実な仕上がりだと思うので好印象です。

UMIDIGI Powerの実機カメラで撮影した写真

※縮小加工のみで画質調整は行っていません。

UMIDIGI Power UMIDIGI Power UMIDIGI Power UMIDIGI Power UMIDIGI Power

編集部コメント

色合いも自然で”見た目に忠実な仕上がり”とのことで、ナチュラルな写真を好まれる方は満足度が高そうですね!様々な調整を行えたり、撮影後の加工の選択肢も豊富で写真撮影も楽しめそうな印象です!

UMIDIGI Powerのディスプレイ関連レビュー

UMIDIGI Powerのディスプレイ評価は5段階中
[★★★★☆]星4つです!
(※星の数が多くなるほど満足度が高くなります。)

大きな不満は無し。画面の粗さも全く気にならない

この価格帯にしては良く出来ていると思います。画面の明るさ設定も自動調節出来ますのでユーザーにとっては楽だと思います。また、画面の粗さも全く気になりません。

編集部コメント

UMIDIGI PowerはLTPS液晶を搭載していて、解像度も粗さの気にならないFHD+を採用!実際にはどうなんだろう?と気になっていたのですが、大きな不満はなくご利用できているみたいですね!この価格帯だと解像度の低いHD+を採用することも多いのですが、大型ディスプレイと高い解像度パネルは価格から考えるとコスパに優れている部分であると言えますね!

UMIDIGI Powerのサウンド関連レビュー

UMIDIGI Powerのサウンド評価は5段階中
[★★★★☆]星4つです!
(※星の数が多くなるほど満足度が高くなります。)

イヤホンジャック搭載で便利。結構大きい音が出る

3.5mmのオーディオジャックがあるのは評価したいです。最近は無い機種も増えているので有難いです。 音最を大にすると結構大きく感じます。

編集部コメント

動画やゲーム、映画視聴なんかはイヤホンやヘッドホンを利用したほうが臨場感が増すので、気軽に利用できる3.5mmジャックの搭載は嬉しいポイントですね!ホント、最近のスマホは非搭載の端末が増えてきたんですよね〜。音量に関しては結構大きな音が出るみたいなので、カバンに入れると着信音が聞こえなくて困る!ってことも少なそう!

UMIDIGI Powerのバッテリーレビュー

UMIDIGI Powerのバッテリー評価は5段階中
[★★★★★]星5つです!
(星の数が多くなるほど満足度が高くなります。)

大容量バッテリーの恩恵は大きい。バッテリー持ちは非常に満足

5150mAhのバッテリーは流石の一言です。5000mAhまでは辛うじて見かけますが、それ以上のものとなると探すのが本当に少ないです。

検証結果ですが、画面をオフにした状態で24時間で5%程減ります。前機種のZenfone LIVE L1と比べてもバッテリーの持ち具合は2倍以上に感じますので大変満足しております。

使用中でもやはりバッテリーの減りがかなり少なく感じます。ヘビーユーザー以外でしたら何の不満も無い機種だと思います。

編集部コメント

検証結果まで頂きありがとうございます!バッテリー持ちに関してはとても満足されているようですね!以前利用されていた機種と比較しても2倍以上の持ちを実感できているようで、一般的な3000mAhクラスのスマホを利用されている方が乗り換えるとビックリするかも!バッテリーが一日持たない・・・って方にもオススメですね!

UMIDIGI Powerの総合評価

UMIDIGI Powerの総合評価は10段階中
[★★★★★★★★★★]星10です!

最新OSで大容量バッテリーが必要な方や頻繁に充電するのが面倒な方に是非お勧めしたいです。メモリが4GBなので複数のアプリやゲームをするのでしたら7000円程高くなりますがメモリを6GB搭載する上位機種のUMIDIGI F1 Playを推奨します。

UMIDIGI Powerはライトユーザー向けの機種ですが、 他社で販売されたのならもっと高価格になっていたと感じる出来栄えで、コストパフォーマンスがとても高い商品した。

購入検討されている方には自信を持って是非お勧めしたい機種です。

編集部コメント

KJ様、貴重なUMIDIGI Powerの実機レビュー投稿ありがとうございました!絶対的な性能は決して高くないですが、ライトな使い方であれば十分な動作が見込め、大容量バッテリーの恩恵もガッツリ受けられるのが大きな魅力!そして、こんな魅力たっぷりな端末が約1.5万円で手に入るのは”海外スマホ”ならではの旨味だと思います!KJ様も自身を持ってオススメするUMIDIGI Power。是非、皆さんも検討してみて下さいね!

UMIDIGI Powerが購入できるショップ一覧

UMIDIGI Powerの関連記事

UMIDIGI Power登場!スペック・特徴をチェック!

UMIDIGI Powerのスペック詳細。対応バンドの仕様と価格

ページトップへ