ガルマックスの猶木(ナオキ)です。【楽しく面白く的確に】をコンセプトにデジタル製品の様々な話題を書いて生きています。スマホやPCガジェットが大好きでスペック表とにらめっこするのが趣味です。製品発表会のお誘いや執筆依頼などお問い合わせ下さい。

OnePlus 5TのスペックレビューとOnePlus 5との違い、価格、特徴まとめ!

OnePlus 5T

更新

実機サンプルが届きました。GEARBESTのInternational Versionに搭載されているOxygenOSは完全日本語で利用できます。また、僕のもとに届いたサンプル機は中国市場向けの中国ROM版でしたが、OnePlus 5Tの公式サイトからOxygenOSをダウンロードして書き換える事で日本語化出来る事を実機で確認しました。購入するならInternational VersionのほうがROM変更の手間が省けるのでオススメです。

海外ネットショップで取扱が開始!各ショップの価格を比較出来る最安値チェックへのリンクを追加しました!詳しくは[OnePlus 5Tの価格と発売日]をどうぞ!

どうも、ガルマックスの猶木(なおき)です。

日本でも爆発的人気となったOnePlus 5のマイナーチェンジモデルである[OnePlus 5T]が米国で発売開始となり、続々と情報が発信されています。

OnePlus 5での欠点を解消し、トレンドディスプレイの採用、カメラ性能の底上げなど正当進化したOnePlus 5Tのスペックや価格、特徴などをまとめます!

基本的な仕様についてはOnePlus 5から引き継いでいるのですが、ダブルカメラレンズの仕様が大きく異なっていることから、OnePlus 5と比較してOnePlus 5Tのカメラは使い勝手が大きく変わっています。

OnePlus 5Tの価格と発売日

OnePlus 5Tの価格は499ドル~

  • 発売日:2017年11月21日(米国)/海外ネットショップでも取扱開始となりました!
  • 価格:6GBメモリ+64GBストレージモデルが499ドル、8GBメモリ+128GBストレージモデルが559ドル

ちなみにOnePlus 5の価格ですがメモリ6GB版が475.99ドル、メモリ8GB版が549.99ドルなので、新型のOnePlus 5Tは約3,000円程しか違いません。この程度の価格差ならこれからOnePlus 5を狙っている方はOne Plus 5Tを待ったほうが良いかも。

海外ネットショップで取扱を開始!以下から最安値をチェック出来ます!

ちなみに、EXPANSYSというネットショップでは取扱を開始しました。海外スマホって基本的に発売記念キャンペーンを除き、高価格からリリースされ徐々に値下がりします。

2017年11月29日時点では6GB版が67,360円、8GB版が74,960円で、かなり価格が盛られています。現時点では買い時ではありませんが、近いうちに様々な海外ネットショップでリリースされると思うので参考ほどにどうぞ。

リアルタイム価格は以下からチェックをどうぞ。

OnePlus 5Tのスペック

OnePlus 5TはSnapdragon 835を搭載

項目スペック
OSAndroid 7.1.1 Nougat
(OxygenOS )
SoCQualcomm Snapdragon™ 835
(Octa-core, 10nm, up to 2.45GHz)
メモリ6GB又は8GB
保存容量メモリ6GB版:64GB
メモリ8GB版:128GB
SDスロット無し
液晶6.01型/有機EL
(1080 x 2160/18:9)
Gorilla Glass 5

表示モード
アダプティブモード
読書モード
夜間モード
リフトアップ
アンビエントディスプレイ
背面カメラ16M+20M(ダブルレンズ)

メイン
センサー:Sony IMX 398
メガピクセル:16
ピクセルサイズ:1.12μm
絞り:f / 1.7
焦点距離:27.22mm

サブ
センサー:IMX 376K
メガピクセル:20
ピクセルサイズ:1.0μm
絞り:f / 1.7
焦点距離:27.22 mm

フラッシュ
デュアルLEDフラッシュ

ビデオ
30fps/4K
60fps/1080p
30fps/1080p
30fps/720p
スローモーション:120fps/720p
タイムラプス
前面カメラ16M(シングルレンズ)

センサーIMX 371
メガピクセル:16
ピクセルサイズ:1.0μm
絞り:f / 2.0

ビデオ
30fps/1080p
30fps/720p
タイムラプス
対応バンドFDD LTE: Band 1/2/3/4/5/7/8/12/17/18/19/20/25/26/28/29/30/66
TDD-LTE: Band 34/38/39/40/41
TD-SCDMA: Band 34/39
UMTS(WCDMA): Band 1/2/4/5/8
CDMA: BC0
GSM: 850/900/1800/1900 MHz
SimサイズNanoSIM×2
DSDS
Wi-FiMIMO 2*2, WiFi 802.11 a/b/g/n/ac, 2.4/5 GHz
WBluetoothBluetooth 5.0、aptX&aptX HDをサポート
センサー GPS(GPS, GLONASS, BeiDou, Galileo)
指紋、ホール、加速度センサ、Gセンサ
電子コンパス、ジャイロスコープ
近接センサ、周囲光センサ、RGB、センサハブ
防水
防塵
おサイフ機能
イヤホン端子
バッテリー3300mAh

ダッシュチャージ対応
(5V/4A)

USB Type-C
サイズ156.1 × 75 × 7.3mm
重量162g
同梱品1x OnePlus 5T
1xスクリーンプロテクター(プリセット済み)
1x透明ケース
1xダッシュタイプ
-c ケーブル1xダッシュ電源アダプター
1x SIMトレイイジェクター
1xクイックスタートガイド
1x安全情報

SoCにはSnapdragon 835、メモリは4GB版又は8GB版の2モデル展開で保存容量はメモリ4GB版が64GB、メモリ8GB版が128GBとなっています。

AnTuTuベンチマークスコア

AnTuTu

基本的な性能は現時点で最高峰。今回はSoCとメモリ搭載量が全く同じOnePlus 5の実機スコアを紹介します。

  • メモリ6GB版:総合が181829、3D性能が74506
  • メモリ8GB版:総合が186456、3D性能が77361

2017年11月現在、OnePlus 5Tのパーツ構成は最高峰レベルですが、発売から時間が経つと皆さんが記事閲覧している時点の市場で出回っている各性能帯のスコアが分からないと思うので以下に平均スコアを記載しておきます。以下は常に最新のスコア情報に書き換えて表示されます。

835
(ハイスペック)
630
(ミドルハイスペック)
430
(ミドルスペック)
210
(エントリースペック)
総合:約17万点
3D:約6.7万点
総合:約6.5万点
3D:約1.8万点
総合:4.3万点
3D:9千点
総合:2.3万点
3D:1500点
  • ▼AnTuTuベンチマークスコア募集中!▼

    スマートフォンは日々進化しており、例えば去年のミドルスペックと今年のミドルスペックでは同じ性能帯でも性能差があります。理由は処理チップにも世代があり、新世代になると性能も大きく向上するためです。SIMフリー端末はキャリアに縛られない汎用性の高さから、今後は中古市場でも人気が高くなると予想しています。

  • そこで、端末の性能を数値化するAnTuTuベンチマークアプリを用いて実機のスコアを収集し、新端末や中古端末を選ぶ際の1つの指標となるように日々実機を用いたAnTuTuベンチマークスコアを以下の記事でまとめて公開しています。もし、実機AnTuTuベンチマークスコアを提供してもいいよ!(端末は全機種対象)という方は以下の記事に投稿方法も記載しているのでチェックしてみて下さいね!
  • 【関連】スマートフォンの実機AnTuTuベンチマークスコアまとめ

OnePlus 5TとOnePlus 5の違い

まず、OnePlus 5Tは旧型となるOnePlus 5のマイナーチェンジモデルなので、基本的な性能は異ならないのですが、使い勝手が大きく変わる変更点も加えられています。

カメラの仕様が違う

OnePlus 5TのダブルレンズカメラはF値1.7でメインカメラと同等レンズ。光学ズームレンズはなくなった

OnePlus 5TとOnePlus 5のダブルレンズカメラは画素数こそ同じですが、ダブルレンズカメラの特性が異なります。

  • OnePlus 5T:サブカメラはメインカメラと倍率が同じ
  • OnePlus 5:サブカメラは望遠レンズで倍率が1.6倍

OnePlus 5のレビュー記事ではダブルレンズカメラのズームレンズの利点をカメラ撮影の項目で書いているのですが、光学のズームレンズなので被写体をグッと近づけて撮影が出来ます。光学なのでデジタルズームと比較して画質劣化が少ないのも特徴です。

OnePlus 5のズームレンズはF値が2.6となっており、明るい場所での撮影は得意ですが、薄暗い場所での撮影は苦手でした。

OnePlus 5Tはメインカメラとサブカメラの倍率が同じで光学ズームは出来ません。(デジタルズームには対応してます。)その代りにサブカメラのF値はメインカメラと同等の1.7となり、薄暗い場所での撮影に特化しています。

ダブルレンズカメラの仕様自体が異なっているので、この点は注意して下さい。撮影時の使い勝手が大幅に異なります。

ディスプレイサイズと比率が違う

OnePlus 5Tは18:9のディスプレイを備える

  • OnePlus 5T:6.01型/18:9/2160×1080/ディスプレイ正常取付け
  • OnePlus 5:5.5型/16:9/1920×1080/ディスプレイ反転取付け

OnePlus 5は一般的な16:9の1920×1080を採用していますが、OnePlus 5Tはトレンドとなっている18:9の縦長ディスプレイを採用しています。解像度は縦に伸びた分だけアップ。

また、OnePlus 5は製造の兼ね合いでディスプレイが通常とは反対の”反転取付け型”で、スクロールした時に波打つようなjelly scrollingが発生。

その後、アップデートで大きく改善され、僕自身は全く問題なかったですが、それでも物理的にディスプレイを反転取付けしているのでスクロールする時に気になる方もいらっしゃると思います。

OnePlus 5Tは、このjelly scrollingを改善する為にディスプレイは正常な向きで搭載しているので、OnePlus 5の欠点と言われたjelly scrollingも起こりません。

サイズの違い

  • OnePlus 5T:156.1 × 75 × 7.3mm
  • OnePlus 5:154.2 x 74.1 x 7.25 mm

OnePlus 5Tは画面サイズが大きくなっている事に加え18:9のディスプレイを備えるので、16:9ディスプレイと同じ画面サイズならかなりシェイプアップされていますが、それでも少々OnePlus 5からサイズアップしています。

ナビゲーションの操作の違い

OnePlus 5Tはナビゲーションキーがオンスクリーン型

  • OnePlus 5T:ディスプレイにナビゲーションキーが表示されるオンスクリーン型
  • OnePlus 5:画面外の静電タッチ式ボタンとホームボタン

OnePlus 5Tは18:9ディスプレイを備えるので全面がほぼ画面となり、OnePlus 5で採用されていたホームボタンやホームボタンの左右に設置されている戻るボタンなどの静電タッチ式ボタンが廃止となりました。

個人的にはオンスクリーン型のほうが暗所でも視野性が良いので好みなのですが、使い勝手も結構変わるので知っときましょう。

指紋認証の位置の違い

OnePlus 5Tの指紋認証ユニットは本体背面の上部中央へ移動した

  • OnePlus 5T:本体背面上部中央
  • OnePlus 5:ホームボタン内蔵型

先程、OnePlus 5Tではホームボタンが廃止と書きましたが、OnePlus 5ではホームボタンに指紋認証ユニットが内蔵されていたので背面に指紋認証ユニットが移動しました。

スマートフォンで最も多用する指紋認証ユニットの位置が変わってしまうので、こちらも購入前に把握しておきましょう。

OnePlus 5Tの特徴

ここからはOnePlus 5Tの特徴をまとめたいと思います!

価格が安い

日本で同等クラスのスマートフォンを購入する場合、約10万円前後の価格帯となりますが、OnePlus 5Tはメモリ6GB版でも499ドル(55,608円)で非常に安く、海外ネットショップの同等性能帯でも安価な部類です。

発売開始時期こそ高価格で打ち出されますが、多数の海外ネットショップが取扱を開始すると一気に価格合戦が始まり安くなります。恐らくクリスマス商戦当たり各ネットショップからOnePlus 5Tのセールが打ち出される可能性が高いので待っときましょう。

ちなみにですが、旧型となるOnePlus 5は海外ネットショップの11.11やブラックフライデー、サイバーマンデーなどの大型セールで割引され、在庫処分を行っている感がプンプンしていました。

OnePlus 5は爆発的に売れた製品なので、人気製品を在庫処分しているということは、近いうちにOnePlus 5Tに切り替わる前兆でしょう。

[実機で確認済み]OSが日本語対応している

OnePlus 5TのOxygenOSは完全に日本語対応

追記:本日、2017年12月13日にGEARBESTさんからサンプル機が届きました。結論から申しますと完全日本語で利用できます。

OnePlus 5TではGlobalモデルとなるInternational Version、中国国内向けとなる中国ROM versionが存在しますが、International Version版は初回起動時から日本語が選択可能、中国ROM版はOnePlusの公式サイトからOxygenOSをダウンロードして書き換える事で日本語化が可能です。

僕はサンプル機ということで中国ROM版でしたが、ROMを書き換えて日本語化出来ています。購入するなら面倒くさくないInternational Versionがおすすめです。

中国ROM版からグローバルモデルのOxygenOSに変更する手順は後ほど別記事で公開します!

OnePlus 5Tの中国ROM版を日本語化する手順記事を公開しました!

OnePlus 5Tに搭載されているOSはAndroid 7.1.1をカスタムしたOxygenOSを搭載しています。

OxygenOSはOnePlus 5にも搭載されており、独自機能まで含めて完全に日本語対応している事が大きな魅力となり、初めての海外スマホとして日本で爆発的に売れました。

既に海外レビューが出ているのですが、OnePlus 5同様に日本語に対応していると報告が挙がっています。

日本市場に合致する周波数が多い

OnePlus 5Tの対応バンド早見表を作ってみました。

▼LTE↓

対応バンド13811181921262841
OnePlus 5T
ドコモ
ソフトバンク
au
備考各キャリアで表示している◎は対応必須バンド。au電波のバンド26はバンド18を内包

▼3G↓

対応バンド16891119BC0
OnePlus 5T
ドコモ
ソフトバンク
au
備考各キャリアの◎は必須バンド。ドコモのバンド19はバンド6を内包。auの3Gバンド(BC0※B06は停波が進んでいるので除外)はau VoLTE SIMでの利用時は必須ではない。

ドコモ回線はLTEにフル対応しているが3GのFOMAプラスエリアには非対応

ドコモ回線のLTEはバンド1/3/19/28のプラチナバンドを含むバンドにフル対応しており、ドコモで発売している端末と遜色ない電波の掴み具合で利用可能です。

一方、3Gはメインバンドとなるバンド1には対応していますが、農村地区や山岳地帯の一部をカバーしているバンド6(19)のFOMAプラスエリアには非対応となっています。

都市部では特段困ることは少ないですが、該当地域での利用では電波の掴み具合が悪くなる場合が有るので注意しましょう。

ソフトバンク(ワイモバイル)の電波にはフル対応

先日「ワイモバイル、海外スマホに電波が合致しすぎてガジェッターに大人気らしい」という記事を書きましたが、OnePlus 5Tもソフトバンク(ワイモバイル)のバンドにフル対応しておりソフトバンクやワイモバイルのキャリア発売モデルと全く同じエリアと電波の掴み具合で利用できます。

ちなみに「ワイモバイルの電波、エリア、対応バンドってソフトバンクと一緒?」で書いている通り、ソフトバンクとワイモバイルは全く同じバンドを利用しています。

auは人柱を待ったほうが良い。

OnePlus 5TもOnePlus 5同様にauのマイナー3G電波のCDMA2000/BC0、3G電波を使わずに通話もデータもLTEを利用するau VoLTE SIMで使うバンドにフル対応してます。

しかしながらOnePlus 5ではau回線での利用が不安定でした。

▼以下はOnePlus 5のDSDS検証結果です。恐らく、対応電波はOnePlus 5Tも同じなので同等の結果になることが予測されています。↓

組み合わせ 利用可否
ドコモ(通話)+ドコモ(データ)
ドコモ(通話)+au(データ)
ドコモ(通話)+ソフトバンク(データ)
au(通話/非VoLTE)+au(データ)
au(通話/非VoLTE)+ドコモ(データ)
au(通話/非VoLTE)+ソフトバンク(データ)
au(通話/au VoLTE SIM)+au(データ)
au(通話/au VoLTE SIM)+ドコモ(データ)
au(通話/au VoLTE SIM)+ソフトバンク(データ)
ソフトバンク(通話)+ソフトバンク(データ)
ソフトバンク(通話)+au(データ)
ソフトバンク(通話)+ドコモ(データ)

OnePlus 5でも”au回線は避けたほうが無難”とされている為、現時点でau回線を利用している方はOnePlus 5Tでの実機検証が出てきてから判断したほうが良いです。

18:9ディスプレイで画面分割機能と相性が良い

OnePlus 5Tはトレンドの18:9ディスプレイを備えているので画面に表示出来る情報量が多いだけでなく、画面分割時も1つの画面が大きく表示出来るので、Android 7シリーズから利用可能となった画面分割機能も快適に利用可能です。

暗所での撮影に強くなったアウトカメラ。ポートレート撮影にも対応

OnePlus 5Tはズーム機能を廃止した代わりにメインカメラと同等のF値1.7の非常に明るいレンズを搭載しています。

海外でOnePlus 5Tのレビュー記事が公開されていますが、暗所での評価はGalaxy S8など他社フラッグシップ機との比較で勝利するなど、かなり高評価です。

OnePlus 5Tは明るい場所での撮影は勿論のこと、バーなど薄暗い場所での撮影が多い方にピッタリなカメラ仕様となっています。

▼また、2つのダブルレンズカメラを利用して、異なる被写界深度(異なるピント)を捉え、背景をボカし、被写体を際立たせるポートレート撮影にも対応しています。↓

▼他にもOnePlus 5Tで撮影した写真があったので紹介。↓

OnePlus 5Tまとめ

ガルマックスで取り上げて日本で最も売れた海外スマホはOnePlus 5です。

OnePlus 5Tの欠点だったjelly scrollingも改善され、トレンドとなる18:9ディスプレイを搭載、現時点で最高峰の性能、暗所での撮影にも強くなったダブルレンズカメラ、幅広いバンド、日本語対応など、人気が高くなる要素がギッシリ詰まっています。

これから海外ネットショップで価格合戦が始まると思うので、OnePlus 5Tの取扱いショップが増えたりなど新たな情報が入り次第追記してTwitterFacebookGoogle+で告知しますね!

海外ネットショップで取扱開始!最安値を簡単にチェック出来ます!

▼OnePlus 5Tの公式製品ページ↓

ページトップへ