ガルマックスの猶木(ナオキ)です。【楽しく面白く的確に】をコンセプトにデジタル製品の様々な話題を書いて生きています。スマホやPCガジェットが大好きでスペック表とにらめっこするのが趣味です。製品発表会のお誘いや執筆依頼などお問い合わせ下さい。

Teclast F6 Proの実機レビューとスペック。特徴、価格、最安値まとめ

Teclast F6 Pro

どうも、ガルマックスの猶木(なおき)です。

少し前に日本参入で話題となったノートパソコンやタブレットなどを数多くリリースするTeclasから登場したTeclast F6 Pro恐ろしく高コスパだったので早速手に入れました。

本記事ではTeclast F6 Pro実機を触り特徴や価格、最安値をまとめています!

▼動画も出ているのでチェックしてみて下さいね!↓

目次をクリックすると各項目へ移動します

Teclast F6 Proの総合評価

[良かった]

  • 初回起動時から日本語が選択できる
  • 価格から考えるとスペックがメチャクチャ高い
  • 性能的にビジネス利用でも快適
  • キーボードの打鍵感が最高に良い
  • タッチパッドの精度が高く4本指操作も可能
  • 指紋認証ユニット搭載でログインがワンタップで完了
  • PD対応モバイルバッテリーでも充電できる
  • ディスプレイが360度回転して様々な利用スタイルで使える
  • スタイラスペンに対応

[イマイチ]

  • SSDスロットは搭載しているが既に使用済み(空スロットなし)
  • 13インチクラスでは重い部類(といっても1.3キロ台)
  • キーボードはUS配列しか選べないので”かな入力”の方は注意

[総合評価]

Teclast F6 Proは予算5万円~6万円以下でノートパソコンを探しているなら必ずチェックして頂きたいと感じるノートパソコンでした。

Teclast F6 Proはメインストリーム向けのノートパソコン用CPUであるIntel Core m3-7Y30(MacBookなどで採用されているシリーズ※MacBookは1.2GHz駆動)を搭載しており、ガルマックスで数多く実機レビューを書いている廉価版CPUのIntel Celeron N3450などと比較してグッと性能が向上してます。

スマホで言えば10万円クラスのハイエンド端末に匹敵する性能を持ち合わせており、例えばモバイル向けのゲームが数多く配信されているMicrosoftストアのゲームなんかも快適に遊べてしまいます。

また、ディスプレイは高解像度なFHDのタッチパネル。360度回転ヒンジで完全にタブレット形状で利用可能。もちろんスタイラスペンに対応しているので対応するソフトでは直接メモを書き込んだりなどビジネス用途やお絵かき用途でも便利に使える端末であると感じました。

Teclast F6 Proは外観デザイン、キーボードとタッチパッドの出来栄え、性能の全てが満足度の高い端末です。

Teclastはそのクオリティーの高さから日本市場に正式参入したメーカーさん。是非、低価格でありながら驚くほど高性能なTeclast F6 Proを手に入れて下さい。

Teclast F6 Proの価格と最安値

まず発売時の通常価格ですが727.80ドル(約82,103円)。※現在は605.75ドルまで値下がってます。

性能的には15万円前後のMacBookとほぼ同等なのでこの価格でも安いのですが、ガルマックス読者さま向けに頂いた割引クーポン適応で489.99ドル(約5.4万円)で購入可能です!

▼割引クーポン適応で489.99ドル!↓

限定数は50台のみ。数量がなくなり次第通常の価格に戻るので購入検討はお早めにどうぞ!

割引クーポン(2/19まで有効):TLF6PRO

ちなみにガルマックスではGEARBESTと割引クーポンの独占提携を行っており、他社の製品よりも安い割引クーポンを申請可能です!

もし、上記の割引クーポンが利用できなくなっていたら以下から申請してみて下さい!

もちろん、Teclast F6 Pro以外でも割引クーポンの申請が出来るので、他にも気になる製品が有りましたら是非以下から申請してみて下さい。

Teclast F6 Proのスペック

項目 仕様
OS Windows 10 Home
CPU  Intel Core m3-7Y30(1.0GHz~2.6GHz可変)
メモリ  8GB
保存容量  128GB SSD
MicroSD  搭載
ディスプレイ  13.3型IPS/タッチパネル/360度フリップ
解像度  1920×1080
バッテリー容量  5000mAh/
端子  USB Type-C×1
HDMI×1
USB 3.0×2
Micro SDスロット×1
イヤホン端子×1
DCジャック×1
Wi-Fi  2.4/5G デュアルバンド
カラー  シルバー
サイズ  31.50 x 20.80 x 1.60 cm
重量  1.38kg
良いところ  m3-7Y30搭載
メモリ8GBで大容量
SSD搭載
SSD拡張出来る
FHDモニター
タッチパネル
拡張端子が多い
スタイラスペン対応

Teclast F6 Proは元値が700ドル以上するノートパソコンなので流石に仕様が豪華ですね。

ガルマックスで紹介しているノートパソコンの多くはIntel Celeron N3450など、Intelの廉価CPUですが、Teclast F6 ProにはメインストリームのIntel Core m3-7Y30(7世代)が搭載されているのもGood。

MacBook 2017も確か7世代のCore m3(あちらは1.2GHz)が最小構成だったので恐ろしいほどコスパが良いですね。

また、ストレージもHDDよりも速いeMMC、更にeMMCよりも速いSSDを128GB搭載してます。ディスプレイもFHDを採用しているので確実に価格以上の製品です。

Teclast F6 Proの同梱物をチェック

Teclast F6 Proにはどのような同梱物が入っているのでしょうか。早速チェックしてみましょう!※サンプル機での同梱内容です。

▼ホワイトにオレンジの差し色が美しい頑丈な化粧箱に入って届きました。↓

Teclast F6 Proの外箱は真っ白な箱にオレンジの差し色が美しい頑丈な箱でした。

▼パカリと蓋を開けるとドーンとTeclast F6 Proが入ってます。かなりクオリティーの高いパッケージ。↓

蓋を開けるといきなりTeclast F6 Proが入っているので落とさないようにしましょう。

▼同梱物を引っ張り出してみました。本体以外に充電器と簡易説明書などの書類関係のみで非常にシンプルな内容となってます。↓

Teclast F6 Proの同梱物はシンプルな内容なので余分なものは一切ついてません

充電器はコンパクトだけど海外プラグ仕様

▼付属の充電器は日本のコンセントには挿すことのできない海外仕様でした。ケーブル先端は一般的なAC充電器と同じ形状でUSB Type-Cではありませんでした。↓

Teclast F6 Proに付属の充電器は日本では利用できない形状です。

▼付属充電器自体は非常にコンパクト。↓

Teclast F6 Proに付属している充電器はコンパクトな部類です。

▼僕はプラグ変換アタッチメントを持っていたので付属の充電器を利用できましたが、持ってない方はAmazonでプラグ変換アタッチメントが数百円で購入できるので買っときましょう。↓

Teclast F6 Proの付属充電器を利用するにはプラグ変換アタッチメントが必要です。

カシムラ 国内用変換プラグ C→A NTI-22
カシムラ (2015-09-01)
売り上げランキング: 4,801

ちょっとお金だして良いなら、USB Type-Cで充電できる充電器とケーブルを買ったほうがスマート

プラグ変換アタッチメントは数百円で購入可能ですが、見た目がスマートではないので個人的には別途USB Type-Cで充電できる充電器とケーブルの購入をおすすめします。

※安心して下さい。Teclast F6 ProにはPD対応のUSB Type-C端子が備わっています。また他にUSB-A(3.0)が2つ備わってるので、USB Type-Cを充電用に使っても特段困りません。

▼ちなみに同梱されている充電器は12V/2Aなので24W。以下の製品でバッチリ充電できます。この充電器はガルマックスで数多くの実機レビューを書いている安心なdodocool製です。↓

▼両切りタイプのUSB Type-Cケーブルも一緒に買っておきましょう。以下はエレコム製で最大20V/3A(60W)まで対応してます。ケーブル長は取り回しを考えて1.5mがおすすめ。↓

Teclast F6 Proの外観をチェック

それではTeclast F6 Proの外観をチェックしてみましょう!

アルミボディーが美しい!ロゴの無いシンプルな天板が魅力的!

▼僕は天板にロゴのある見た目が好きではないのですが、Teclast F6 Proは天板にロゴの無いシンプルなデザインとなっており非常に好印象でした。↓

Teclast F6 Proは天板にロゴのないシンプルな見た目。アルミ素材なので質感が高いです。

▼本体の周囲はダイヤモンドカットが施されており高級感も非常に高く所有満足度を満たしてくれます。

Teclast F6 Proの本体周囲にはダイヤモンドカットが施されておりキラリと輝きます。

▼底面がゴム足が備わってます。Teclast F6 Proは回転ヒンジで完全にタブレット形状で利用できるのでディスプレイを回転して畳んだ状態での天板傷防止も担ってます。↓

Teclast F6 Proの背面にはゴム足が備わってます。

薄くスタイリッシュな本体

▼Teclast F6 Proは厚さが1.6cmなので非常に薄くスタイリッシュな印象を受けました。↓

Teclast F6 Proの厚みはわずか1.6mm

▼ディスプレイを開くとその薄さに驚くはず。外観はハイエンド端末と張り合えるほどのクオリティーです。

Teclast F6 Proのディスプレイを開くと薄さが際立ちます。

薄いのに拡張性が高い端子類

▼ディスプレイ左側面には充電端子、イヤホンジャック、USB-A(3.0)MicroSDスロット、電源ボタンが備わってます。↓

Teclast F6 Proのディスプレイ左側には充電端子の他にイヤホンジャックやUSB3.0、MicroSDスロットが搭載されてます。

▼ディスプレイ右側面にはPD対応のUSB Type-C、外部映像出力が可能なMiniHDMI、USB-A(3.0)が備わってます。↓

ディスプレイ右側面にはPD対応のUSB Type-C、外部映像出力が可能なMiniHDMI、USB-A(3.0)が備わってます。

▼USB-A(3.0)には専用のキャップがついてました。こんなの初めてみた。↓

Teclast F6 ProのUSB 3.0にはご丁寧に保護キャップが付いてました。

最近の薄型ノートパソコンはUSB Type-Cが1基しか備わっていないモデル(例えばMacBookとか)もあり、充電と拡張を1つで担う拡張性の低さが露骨となってますが、Teclast F6 Proはそれらと比較して非常に充実している拡張性を持ってます。

SDカードスロットは無いですがMicroSDスロットは搭載しているので写真データのインポートなんかも比較的簡単にできちゃいます。

キーボードはUS配列。かな入力の方は注意

▼Teclast F6 ProのキーボードはUS配列となってます。↓

Teclast F6 ProはUS配列キーボードなので日本語を入力する場合はローマ字入力となります。

日本語を入力する場合はローマ字入力となり、半角/全角ボタンがないのでローマ字入力の切り替えはAlt+Esc下の”~”の同時押しで切り替えます。

日本語キーボードで”かな入力”されている方は配列も若干違う&日本語の印字がない&オプションで日本語キーボードが選べないので購入しないほうが良いです。

Teclast F6 Proを実際に使ってみた!特徴やメリットまとめ!

ここからはTeclast F6 Proの特徴などもまとめてます!

初回起動から日本語が選択できる

一部の海外ノートパソコンではWindowsから言語パックがダウンロード出来ないOS(中国特別版OS)があり、日本語で利用するにはクリーンインストールなど少々敷居が高くなるのですが、Teclast F6 Proは日本で売られているノートパソコン同様に初回起動時点から日本語を選択可能です。

▼中華ノートパソコンは初期設定済みの場合も多いのですが、Teclast F6 Proは日本で売っているノートパソコン同様に初期設定からの起動となるので日本語を選択して初期設定を済ませるだけで全て日本語での利用開始が可能です。

Teclast F6 Proは完全日本語対応です。安心して利用できてGoodですね

基本性能が高くて安い

スペックの項目でもお伝えしましたが、Teclast F6 Proは基本性能が高いです。

Teclast F6 Pro Notebookは7世代のCore m3を搭載

メモリは8GB、保存容量は128GBのSSD

Teclast F6 Proの搭載するCPUはIntel Core m3-7Y30でMacBookなんかでも同じ世代のm3プロセッサーが採用されてます。

MacBookなんかは価格が12万円から15万円前後するので割引クーポン価格ではあるものの同等性能品が400ドル台で手に入るTeclast F6 Proは破格と言っていいです。

Intel Core m3-7Y30のAnTuTuスコア

▼早速ノートパソコンの性能を数値化するAnTuTuベンチマークで測定してみました。総合スコアは20万点超え、3D性能は4.5万点に迫る勢いです。

ちなみにガルマックスで「ブログを書いたり、動画視聴したり、メール書いたり、ネットを見たり一般的な使い方では問題ない」と書いているライト層向けのCeleron N3450は総合スコアが12万点、3D性能が2.5万点。

いかにIntel Core m3-7Y30がパワフルであるかが伝わるかと思います。

実際にIntel Core m3-7Y30を利用して本記事を編集していますが、凄く快適ですよ。

メモリも大容量な8GBを搭載しているので仮想デスクトップをガンガン使う僕のスタイルでもサックサク。更にSSD搭載なので何をするにしても軽快に動いてくれます。

ただし、パワフルと言っても所詮m3なのでRAW現像や動画のエンコードなどCPUパワーをフルに利用する使い方だと時間がかかります。

という訳で、簡単な画像加工を伴うブログ作成だったり、レポート作成だったり、WEB閲覧や動画視聴など一般的な利用方法に向いている性能です。これくらいの使い方ならメチャクチャ快適に使えます。

ゲームって動く?モバイル向けゲームならサックサク動く

AnTuTuスコアの3Dスコアが思っていた以上に高かったので色々ゲームをプレイしてみました。結果としてMicrosoftストアで配信されているモバイル向けのゲームはかなり快適に遊べます。

▼モダンコンバット5はグラフィック設定が高の状態で快適に遊べます。↓

Teclast F6 Proはモバイル向けのゲームはサクサク動きますモダンコンバットもグラフィック高設定で快適に遊べます。

その他、Windows 10 Editionのマインクラフトなんかも快適に遊べます。

それもその筈。

AnTuTuスコア的にはスマートフォンのハイエンドクラスに匹敵する性能を持ち合わせているので、モバイル向けゲームなんかはプレイできないタイトルを探すほうが難しいです。

Microsoftストアでは沢山ゲームが配信されているので是非遊んでみて下さいね!

SSDのスロットが搭載されている。

▼実機が届きましたが、初期搭載の128GB SSDは基盤直付けではなく、この拡張スロットを利用して128GBのSSDが差し込まれていました。もちろんスロットを搭載しているのでより大容量なSSDを搭載可能ですが、スロットの空きがあるわけではなかったです。↓

Teclast F6 Proに搭載されているSSDスロットは既に使用済み

▼スロットに空きが無いのですがSSD拡張スロットが搭載されているのでより大容量なSSDへ換装することが可能です。

Teclast F6 Pro NotebookはSSDを簡単に拡張出来るスロットが搭載されています

最近のノートパソコンはSSDスロットの無いモデルが多いのでSSD拡張スロットの搭載は嬉しいポイントですね。

▼Teclast F6 Proの実機が届いたのでストレージの速度を測定してみました。流石にSSDなだけあり高速です。↓

ストレージは大きく分けて3種類。速度はHDD→eMMC→SSDの順で高速になります。という訳でTeclast F6 Proは最も速度が早いSSDを採用しているので、起動やシャットダウンなど爆速です。

容量に困ったらMicroSDを使おう

Teclast F6 ProにはMicroSDスロットが搭載されているので、MicroSDを挿すだけで簡単に容量アップできます。

▼ちなみにMicroSDを挿しても出っ張りません。という訳で保存容量を拡張する時はMicroSDを挿しっぱなしでも邪魔になりません。↓

Teclast F6 ProはMicroSDを差し込んでも出っ張らないので挿しっぱなしにして保存容量の拡張用として利用できる。

高解像度なIPSパネルを採用

日本で4万円~5万円くらいのノートパソコンは解像度が低い製品が大多数なのですが、Teclast F6 ProはFHD(1920×1080)のパネルを採用しており、IPSなので視野角も広いです。

▼FHD動画なんかもドットバイドットで視聴出来る美しいパネルを採用しています。↓

Teclast F6 Pro NotebookはFHDのIPSパネルを採用

▼Teclast F6 Proの実機が届きました。最大輝度にしてもやや暗い印象を受けましたがFHDは流石、高解像度。美しい描写が楽しめます。ただし、グレアタイプ(テカテカしたタイプ)のパネルなので映り込みは多いです

高品質なキーボードとタッチパッドでストレスフリーの入力ができる

上質な打ち心地と静音性の高いキーボード

▼Teclast F6 Proに備わっているキーボードは打鍵感がサクサクした感じで非常に打っていて気持ちのよいキーボードでした。打鍵音も小さく、僕が使っているLenovo ideapad 720sのキーボードよりも明らかに高品質です。↓

Teclast F6 Proのキーボードはメチャクチャ上質な打ち心地です。

4本指操作に対応したタッチパッド

▼Teclast F6 Proに備わっているタッチパッドは4本指の操作もできるタッチパッドです。↓

▼この4本指操作が可能なので、MacBookのように4本指の左右スワイプで仮想デスクトップの切り替えが可能。本来であればWindowsキー+Ctrl+左右どちらかのカーソルで仮想デスクトップ切り替えとなるのですが、タッチパッドでサックサク切り替えられるので仕事が捗ります。↓

指紋認証ユニットが備わっている

僕は指紋認証の付いているノートパソコンしか使いません。一度指紋認証を利用してしまうとパスワード入力は面倒くさすぎて戻れないからです。

▼Teclast F6 Proにもバッチリ指紋認証ユニットが備わっています。Windowsのログインもサクッと指紋センサーにタッチしてログオン出来ますよ。↓

Teclast F6 Pro Notebookは簡単に指紋でログオン出来る指紋認証が備わっています

▼Teclast F6 Proの実機が届いたので早速使ってみました。精度も高く認証スピードも凄く早くて驚きました。指を指紋認証ユニットに乗せた瞬間にロック解除します。↓

Teclast F6 Proの指紋認証は認識速度が早くタップするだけで一瞬でロック解除できます。

ディスプレイが360度回転してタブレット形状でも利用できる

▼Teclast F6 Proはディスプレイがパターンと360度回転してタブレット形状にに出来ます。

Teclast F6 Pro Notebookはディスプレイがクルリと回転してタブレット形状で利用できます

これ、誰かと画面見ながら資料を共有したりする時に超便利。いいなぁ回転ヒンジ。

▼Teclast F6 Proの実機が届いたので早速グルリと回してみました。まずは180度。とりあえず、膝上で画面の開きが浅く見づらいということはなさそうです。

Teclast F6 Proは360度ヒンジが備わっているので180度でペタッと広げることが可能です。

▼更に回してテント形状に。圧倒的省スペースでディスプレイを自立させることができます。

Teclast F6 Proはテント場にしてスタンド代わりに使えます

▼そしてグルリと回してタブレット形状となりました。

Teclast F6 Proは完全にキーボードを回転することができるのでタブレット形状で利用可能です。

完全デスクトップスタイルで利用できる

ノートパソコンをデスクトップスタイル(外付けキーボードとマウス、ディスプレイなどを接続した状態)で利用する場合、ノートパソコンのキーボードが邪魔なのですが、Teclast F6 Proは画面が回転するのでこんなにスマートにデスクトップスタイルで利用可能です。

▼キーボードを折りたたみスタンドに乗せて外付けキーボードとマウス、ディスプレイを接続。↓

Teclast F6 Proのキーボードを折りたたみスタンドに乗せることで省スペースでデスクトップスタイルを実現することが可能です。

▼ちなみに僕が使っているハブはUSB Type-C接続可能なPD対応の最強系ハブで、USB Type-Cのケーブル1本接続するだけでデスクトップスタイルに一発で切り替えることが可能。↓

Teclast F6 Proと相性の良い最強系のハブ

同じようにデスクトップスタイルで利用したい方はゲットしておきましょう。ハブの実機レビューは以下からどうぞ!

タッチパネルを採用している

▼Teclast F6 Proはディスプレイが360度回転してタブレット形状で利用できるのでもちろんタッチパネルを採用しています。

Teclast F6 Pro Notebookはタッチパネルに対応しています。

Windowsはタブレットモードが備わっているので操作性も良さげです。

▼Teclast F6 Proの実機でタッチパネル操作をしてみましたが反応は非常に良いです。ストレスフリー。Windows 10は以下のようにタブレットモードも利用できるので、より直感的なタッチ操作が可能です。↓

Teclast F6 Proはタッチパネルを採用。Windows 10はタブレットモードを利用できるので直感的な操作が可能です。

タブレット状態では物理キーボードとタッチパッドはしっかり無効化される

昔、同じフリップスタイルのノートパソコンを購入したときにディスプレイを回転してタブレット形状で利用するときも物理キーボードとタッチパッドが無効化されないという残念な端末を購入した経験があるのですが、Teclast F6 Proはタブレット形状だとバッチリ物理キーボードとタッチパッドは無効化されます。

▼タブレット形状だと自動的に仮想キーボードでの入力に切り替わります。↓

Teclast F6 Proのキーボードを回転させてタブレット形状にすると物理キーボードとタッチパッドは自動的に無効化され仮想キーボードとタッチ操作に切り替わります。

スタイラスペンに対応

※残念ながらTeclast F6 Proの本体とスタイラスペンは別発送で、まだ手元に届いていません。届き次第スタイラスペンでの使用感は追記します。

更に、スタイラスペンにも対応しているのでお絵かきもバッチリできます。あと、スタイラスペンの入力に対応しているアプリケーションを利用して”直接メモを書き込む”なーんて使い方だって出来ます。素晴らしい。

Teclast F6 Pro Notebookはスタイラスペンに対応しているのでお絵かきもバッチリ

PD対応のモバイルバッテリーから充電できちゃう

▼Teclast F6 ProはPD対応のUSB Type-C端子を備えているのでPD対応のモバイルバッテリーから充電できちゃいます。外出の多い方は嬉しいポイントですよね↓

Teclast F6 ProはPD対応のUSB Type-Cを搭載しているのでPD対応のモバイルバッテリーから充電可能です。

上の写真に写っているdodocool製のPD対応モバイルバッテリーは最大45Wで充電できるモデル。

Teclast F6 Proは最大24Wでの充電なので付属の充電器と遜色ないスピードで充電できてしまいます。使っているモバイルバッテリーの実機レビューは以下からどうぞ。

Teclast F6 Proは最大24W充電なので、高出力なモバイルバッテリーでなくても30Wに対応したPD対応モバイルバッテリーでも充電できます。以下は軽量でおすすめ

モバイル用途でもギリ許容範囲のサイズ感

▼重量は1.38kgで最近の超薄型ノートパソコンと比較した場合は少々重いですが、それでも1.3kg帯に収まっているので持ち運びもそれほど苦にならない重量感です。↓

Teclast F6 Pro Notebookは1.3kg台の重量

ディスプレイは13.3型でモバイル向けのサイズ感です

Teclast F6 Pro Notebookは薄くカバンに入れてもかさばりません

▼これくらいならカバンにスッポーンと入れて持ち歩けますね。↓

Teclast F6 Proはコンパクトで薄いので小さめのカバンでも入ります。

Teclast F6 Proまとめ

Teclast F6 Pro Notebook

いかがでしたでしょうか?

発売開始直後に「これは高コスパだ!」と感じ、すぐに手に入れましたが、想像通りTeclast F6 Proは凄くコスパの高いモデルでした。

また、実機を触って気がつく部分が多く、キーボードの出来栄え、タッチパッドの快適性、指紋認証の高さ、そして所有満足度を満たしてくれる美しいボディーなど、安かろう悪かろうを一切感じないクオリティーの高さがTeclast F6 Proの本当の魅力であると気が付きました。

海外ノートパソコンは日本で手に取り触ることが難しいので実機レビューが役にたてば幸いです。

通常価格でもお買い得感が高いTeclast F6 Proですが今なら滅茶苦茶安く購入できるので欲しい方はすぐにポチっときましょう。

▼通常価格は執筆次点で605.75ドル。割引クーポン適応で489.99ドル!数量は50台のみ!これが全て無くなると通常価格の605.75ドルになります。↓

限定数は50台のみ。数量がなくなり次第通常の価格に戻るので購入検討はお早めにどうぞ!

割引クーポン(2/19まで有効):TLF6PRO

ちなみにガルマックスではGEARBESTと割引クーポンの独占提携を行っており、他社の製品よりも安い割引クーポンを申請可能です!

もし、上記の割引クーポンが利用できなくなっていたら以下から申請してみて下さい!

もちろん、Teclast F6 Pro以外でも割引クーポンの申請が出来るので、他にも気になる製品が有りましたら是非以下から申請してみて下さい。

ページトップへ