ガルマックスの猶木(ナオキ)です。【楽しく面白く的確に】をコンセプトにデジタル製品の様々な話題を書いて生きています。スマホやPCガジェットが大好きでスペック表とにらめっこするのが趣味です。製品発表会のお誘いや執筆依頼などお問い合わせ下さい。

Xiaomi Mi A1の実機レビュー。性能・仕様・カメラ性能を徹底チェック!

▼期間限定タイアップキャンペーン▼

高品質なソフトバンク回線を利用できるギガトラWiFiのSIMが激安。話題の「超大容量なデータ通信が出来るスマートフォン」も構築可能!期間限定につきご検討はお早めに!

ギガトラWiFiを追い詰めたらヤバイクーポン貰えた。100GB使えるSIMが長期契約不要、事務手数料割引で月額2,990円

Xiaomi Mi A1の同梱物をチェック

本ページは記事の2ページ目です。本ページからアクセスされた方は1ページ目からの閲覧をおすすめします。

Xiaomi Mi A1の開封~同梱物のチェック

▼中は白い箱で中央部分にオレンジのXiaomiロゴ。安っぽさは微塵も感じません。↓

Xiaomi Mi A1の内箱は白ベースの清潔感あふれる仕様でした。

▼今回手に入れた端末はGlobal Versionです。↓

手に入れたXiaomi Mi A1はGlobalModelでした

▼蓋をあけると本体がドーンと入っているタイプなので、蓋をあけるときに端末を落とさないように注意しましょう。↓

Xiaomi Mi A1の蓋をあけるとイキナリ端末が出てくるので落下に注意

▼同梱物には保護フィルムも入っていました。↓

Xiaomi Mi A1は付属物に保護フィルムも入っています

▼説明書は英語です。↓

Xiaomi Mi A1の取扱説明書は英語タイプでした

▼同梱物を並べてみました。充電器は海外仕様となっているので手持ちの充電器を利用しましょう。↓

Xiaomi Mi A1の同梱物一覧です。保護カバーは入っていないので別途購入しましょう

  1. Xiaomi Mi A1本体
  2. 取扱説明書(英語)
  3. 保護フィルム
  4. 充電ケーブル(MicroUSB)
  5. 充電器(日本じゃ使えない)
  6. SIMピン

同梱内容の評価

日本では手に入りにくい保護フィルムまでセットになっているのはGood。但し、カバーは付属していないので別途用意する必要があります。充電器に関しては日本で使えない形状なので知っておきましょう。充電器の規格は5V2Aなので日本で売っている端末や今使っている充電器をそのまま利用できます。

Xiaomi Mi A1の外観をチェック

▼本体正面にはボタン類が一切無いスッキリとしたデザインです。↓

Xiaomi Mi A1は前面にボタンが無いタイプでスッキリとした印象です

▼ナビゲーションボタンは前面下部にタッチ式のセンサーが備わっており、光るので暗所での視野性も良いです。ナビゲーションボタンの並びは一番右側が戻るボタンで一般的な配列では無いので慣れるまで押し間違えそう。ちなみにボタン配置の入れ替えは出来ません。↓

Xiaomi Mi A1のナビゲーションボタンは光るタッチタイプです

▼本体背面はサラリとした肌触りで落ち着いた印象。安っぽさは感じませんね。指紋認証ユニットは背面の上部中央に備わっているタイプです。↓

Xiaomi Mi A1の本体背面はサラリとした肌触りでした。指紋はやや付きやすい印象です

▼カメラは流行りのデュアルカメラを搭載しています。↓

Xiaomi Mi A1は背面にデュアルカメラを搭載しています

▼画面左側面の上部にSIMスロット。スロットはピンで開くタイプです。↓

Xiaomi Mi A1の画面左側にNanoSIMが二枚挿さるSIMスロットが搭載されています

▼画面右側面の上部にはボリュームボタンと電源ボタン。↓

Xiaomi Mi A1の右側面にはボリュームキーと電源ボタン。配置は一般的でした

▼本体の下部にはイヤホン端子とMicroUSB端子、モノラルスピーカーが備わっています。↓

Xiaomi Mi A1は本体下部に端子類が集約されています。

▼初めて手に取った時は本体の薄さに驚きました。左がXiaomi Mi A1で右がXperia X Dual。↓

Xiaomi Mi A1の本体は薄いです

▼画面サイズは5.5型で大型タイプ。5.5型のXiaomi Mi A1と5型のXperia X Dualを並べてみました。↓

Xiaomi Mi A1は5.5型なので大型サイズです。

外観の評価

価格に対してクオリティーが非常に高い印象でした。全く安っぽさは感じず、デザインもシンプルで長く愛用できそうです。本体の角が丸っこいので5.5型というサイズ感ながら手当たりも良く、実際に持ってみるとそれほど大きくは感じません。特にナビゲーションキーは高価格帯で搭載されることの多い光るタイプで視野性も良く非常に扱いやすかったです。

ページトップへ