ガルマックスの猶木(ナオキ)です。【楽しく面白く的確に】をコンセプトにデジタル製品の様々な話題を書いて生きています。スマホやPCガジェットが大好きでスペック表とにらめっこするのが趣味です。製品発表会のお誘いや執筆依頼などお問い合わせ下さい。

約3万円で手に入る!Xperia X Dual(F5122)の実機レビュー!

  • ▼▼必ずチェック▼▼

    ガルマックスでは期間指定の割引クーポンや期間限定割引などを以下のページで全て告知!お得な情報を見逃さないように!

  • 【関連】期間限定のお得な情報一覧!

Xperia X Dual(F5122)

お知らせ

購入して10日でアスファルトに落下!本体右側の角にキズが付いてしまい、気持ちが凹み勢いでXperia XZ1 Compactを買ってしまいました。という訳で外観のキズは気にしないよ~って方にXperia X Dualをプレゼントすることにしました。応募最終日は11月17日です。詳しくは以下の記事を御覧ください。

【関連】Xperia X Dual(F5122)あげます

Twitterでもお伝えした通り、Xperia X Dual(F5122)を手に入れました。5型FHD、Snapdragon 650、メモリ3GB、保存容量64GB。カメラはフラッグシップモデルのXperia X Performanceと全く同じで約3万円。

発売から時間が経った”周回遅れ”のXperia X Dual(F5122)は型落ちということで非常に安価で手に入りますが、3万円台で購入できる最近の格安スマホが霞むほどの出来栄えです。

以前、「逆に今が旬。Xperia X Dual(F5122)が3万円!めっちゃええやんこれ!」でXperia X Dual(F5122)を紹介したところ、非常に多くの方が興味を持たれていたので、実機を用いてレビューを発信したいと思います。

更新情報

2017年11月11日
夜間撮影の写真を掲載しました

Xperia X Dual(F5122)の総合評価

[良かった]

  • 約3万円という低価格でXperiaが手に入る
  • 2017年11月時点でも性能が非常に高い
  • カメラ性能がXperia X Performanceと同等
  • 廉価であることを感じさせない高品質&美しいデザイン
  • Xperia X Performance用のアクセサリーが流用出来る
  • 完全に日本語で利用できる
  • ドコモ・ソフトバンク・ワイモバイルの電波に対応している

[イマイチ]

  • 海外モデルなので日本で正規に扱っていない
  • デュアルカメラやDSDSなどSIMフリー端末でのトレンド機能に対応していない
  • バッテリー持ちが悪い

[総合評価]

Xperia X Dual(F5122)は2016年の初夏に大手キャリアから発売となったXperia X Performanceの廉価版です。

型落ちとなったXperia X Dual(F5122)は価格が非常に安くなっており、2017年11月の執筆時点で日本市場に出回っている3万円台の端末と比較すると、驚くほど高コスパです。というか、高コスパ過ぎて僕は即購入したくらいです。

特に気に入っているポイントは、SoC以外の画面サイズ、解像度、パネル仕様、メモリ搭載量、カメラ性能など、多くの部分が最上級グレードのXperia X Performanceと仕様が共通している点です。

一方、発売から約1年以上経っているので、執筆時点でSIMフリースマートフォンのトレンド機能となっているデュアルカメラや2枚のSIMを同時待ち受け出来るDSDSには対応していません。

目新しさはありませんが、発売から時間が経過している利点として、端末価格は驚くほど安く、また、不具合などはバージョンアップで解消されており、端末の情報も豊富なので良い意味で”枯れた端末”です。

特にXperiaの場合は、最新モデルといってもデュアルカメラなど”トレンド系機能”もまだ搭載されていないので、ぶっちゃけ、それほど見劣りする部分は無い印象です。

最初に言っておきますが、2017年11月時点で予算約3万円ほどで(電波的に)日本市場に合致している端末の中なら、これ以上、高コスパな端末は見つけるのが難しいです。

▼現在のリアルタイム価格は以下からチェックしてみて下さい。もし、購入する場合は製品名がXperia X Dual(F5122)の型番まで合致しているか確認して下さい。↓

Xperia X Dual(F5122)のスペック

項目 仕様
OS Android 6.0(8.0へのアップデートも予定されている)
画面 5″ Full HD 1080p, TRILUMINOS Display for mobile, X-Reality for mobile, Dynamic Contrast Enhancement
SoC Snapdragon 650
メモリ 3GB
保存容量 64GB/最大200GBのMicroSDで増設できる
メインカメラ 23MP, 1/2.3” Exmor™ RS for mobile sensor, Quick launch , Predictive Hybrid AF, 5x Clear Image Zoom, 24mm G Lens F2.0, Low-light photography: ISO 12800 , Full HD 1080p Video Recording
インカメラ 13 MP front camera for low-light selfies
指紋認証 ついてる
電波 4G: LTE Band 1/2/3/4/5/7/8/12/17/19/20/26/28/38/39/40/41 / 3G: 800/850/900/1700/1900/2100 MHz / GSM: 850/900/1800/1900 MHz

OSは購入後のアップデートでAndroid 7.1.2。後にAndroid 8.0へのアップデートも予定されています。SoCはSnapdragon 650を搭載しているので、現行モデルで一般的に搭載されることの多いSnapdragon 630よりも高性能。

ディスプレイは廉価版に多い1280×720では無くフルHD(1920×1080)のモバイル版のTRILUMINOSディスプレイを採用しています。

メモリ搭載量は3GBで十分な搭載量。Xperia XはシングルSIM版もあるのですが、僕の購入したデュアルSIM仕様は保存容量が多い64GBとなっています。最大200GBのMicroSDにも対応しているので保存容量に困ることも無いでしょう。

スペック評価:正直、これだけの性能が約3万円で手に入るのは破格です。長期的に利用する事を想定して購入しても全く問題ありません。特に底力の高さとAndroidのアップグレードが予定されている部分がGood!
ページトップへ