ガルマックスの猶木(ナオキ)です。【楽しく面白く的確に】をコンセプトにデジタル製品の様々な話題を書いて生きています。スマホやPCガジェットが大好きでスペック表とにらめっこするのが趣味です。製品発表会のお誘いや執筆依頼などお問い合わせ下さい。

AQUOS sense plus(SH-M07)のレビュー!スペックや特徴、最安値まとめ

AQUOS sense plusの外観・デザインをチェック!

本ページは記事の4ページ目です。本ページからアクセスされた方は1ページ目からの閲覧をオススメします!

AQUOS sense plusの外観・デザインをレビュー!

ここからはAQUOS sense plusの外観やデザインを実機を用いてチェックしています!

AQUOS sense plusのサイズ感は5型並!

▼AQUOS sense plusはディスプレイに5.5型を採用していますが、流行りの縦長ディスプレイを搭載しているので横幅がスリム!持ち心地は従来の16:9ディスプレイを搭載した5インチクラスと非常によく似ています!持ちやすくてGood!↓

AQUOS sense plusは5.5型ですが、横幅がスリムな縦長ディスプレイを搭載しているので横幅は従来の5インチクラスで持ちやすいです。

▼厚みは8.9mmあり、めちゃくちゃ薄い訳ではありませんが、持ちにくいという印象もありません。厚みに関しては特段気にすることも無いでしょう。

AQUOS sense plusの厚さは8.9mmで薄くは無いですが、持ちにくいということもなし。

ディスプレイはノッチの無いタイプ

▼AQUOS sense plusのディスプレイはノッチの無い長方形のディスプレイを搭載。少し画面の周囲に黒縁が入っています。

AQUOS sense plusのディスプレイは縦長の長方形タイプです。

インカメラはシングルレンズ

▼AQUOS sense plusのインカメラはシングルレンズを採用した単眼カメラがディスプレイ上部に備わっています。

AQUOS sense plusはディスプレイ上部にシングルカメラが備わっています。

指紋認証ユニットはディスプレイ下部

▼AQUOS sense plusの指紋認証ユニットはディスプレイの下部に備わっているタイプ。

AQUOS sense plusの指紋認証ユニットはディスプレイの下部側に備わっています。

下部に指紋認証が備わっているタイプは卓上にスマホを置いた状態でも指紋でロック解除できて便利!

背面はプラスティックパネルですが質感は上々

▼AQUOS sense plusは金属ボディーではなくプラスティックタイプ。塗装も美しく質感も非常に良いですね。今回はホワイトを選択しましたが、指紋が非常に目立ちにくいです。

AQUOS sense plusのホワイトカラーは光沢のある背面パネルですが指紋が目立たなくてGood!

背面は光沢のあるタイプなので、ブラックカラーは指紋が目立つかも知れません。保護カバーを利用しない方はブラック以外を選択するとお手入れが楽かも。ちなみにカラーはホワイト、ベージュ、ブラックの3色展開です。

FeliCaは背面

FeliCaマークは背面にありました。お財布機能を利用する時は背面でタッチするとOK↓

AQUOS sense plusのFeliCaマークは背面に備わっていました。

カメラはシングルレンズタイプ

▼AQUOS sense plusのカメラはダブルレンズではなくシングルカメラが搭載されていました。

AQUOS sense plusのリアカメラはシングルレンズ

カメラの出っ張りはほぼなし

▼の出っ張りはほぼなく、非常にシンプル。卓上に置いて操作する時もガタガタしないので扱いやすいです。

AQUOS sense plusのカメラは飛び出していません。

スピーカーはフロントに1つ備わっている

▼AQUOSってこのタイプが多いですね。らくらくホンも確かこのタイプで、受話口に内蔵スピーカーが合体しています。本体下部にスピーカーは備わっておらずモノラルです。↓

AQUOS sense plusのスピーカーは受話口に備わっています。

充電端子はUSB Type-C

▼充電端子は下部に備わっており、USB Type-Cとなっています。↓

AQUOS sense plusの本体下部にはUSB Type-Cが備わっています。

▼USB Type-Cは裏表関係なく差し込めるので便利!↓

Xperia XZ2とXZ2 CompactはUSB Type-Cを採用しているので、裏表関係なくケーブルを挿し込めて便利

イヤホン端子も付いてます!

▼端末の上部にイヤホン端子が備わっているので、お気に入りの有線イヤホンやヘッドホンも利用可能となっていました!↓

AQUOS sense plusにはイヤホンジャックが搭載されています。

AQUOS sense plusはお気に入りのイヤホンなどを利用できます。

SIMトレイはSIMピン不要ですが、めちゃくちゃ取り外しにくい

▼SIMトレイは本体の左側面に備わっているキャップを外してSIMトレイを爪で引っ掛けて取り外せるタイプですが、めちゃくちゃ取り外しにくいです。

AQUOS sense plusのSIMトレイは爪で引っ掛けて取り外すTypeです。

▼SIMトレイはNanoSIM×1とMicroSD×1が挿入できます。最大400GBまでのMicroSDに対応しているので保存容量に困ることはなさそうですね!

AQUOS sense plusのSIMトレイはNanoSIMとMicroSDが挿入できる様になっています。

AQUOS sense plusをグルリと撮影してみました

▼AQUOS sense plusをグルリと撮影してみました!↓

AQUOS sense plusの外観・デザインの評価

この価格帯ならメタルボディーを採用して欲しかったというのが正直な感想ですが、実際にAQUOS sense plusの実機を触ると安っぽさは特に感じず、手にフィットする形状が好印象でした。

大画面を搭載しながらも横幅がスリムな形状は、これまで5.5型モデルが”大きすぎる”と敬遠していた方も是非実機を持って欲しいです。なんせ、横幅がスリムなので、持ちやすさは従来の5型モデルと変わりません。

SIMトレイは取り外しにくいですが、SIMは頻繁に出し入れしないよ。という方は特段大きなデメリットではありません。

もう少し高級感が欲しかったところですが、老若男女問わないシンプルな形状とカラー展開はGoodでした。

ページトップへ